January 18, 2018

Daily Oregraph: 少雪異聞

180118_01
 しょうもない写真でまことに申し訳ない(笑)。

 日当りによってずいぶんちがうけれど、ただいまの釧路市内の道路状況は大体こんなものだから、十分に散歩可能である。今の時期にしてはめずらしいと思う。

 実は氷が浮かんでいるかしらと思って釧路川まで出かけたのだが、このところ妙に暖かいせいか、氷の融け切った水割りも同然、あまりにもあっけらかんとした景色に興味索然として、シャッターを切る気にもなれなかった。

180118_02
 そうそう、相生坂の雪だるまはどうなっただろうか? と、もの好きにも来てみると、ごらんのとおり、哀れなまでにやせ細っていた。ただしここは日陰だから、雪は消えずに残っている。

 とにかくだれがなんといおうと、雪が少ないのはジジイにとってありがたいことだ。このまま春になれ。

| | Comments (2)

January 14, 2018

Daily Oregraph: 読み残しだらけ

180114_01_2
 最高気温-1.7度。穏やかな一日であった。

 本日の生存証明写真は知人の浜。二隻の貨物船が沖待ちしている。今日は日曜日だから、明朝接岸するのだろう。しかし巡視船は休日でも出動して沖へ向っている。

 1996年のアメリカのエッセイ集を読んでいる。1996年というとつい昨日のことのような気がするけれど、こいつは約二十年も前に東京か札幌で買った本である。積ん読にもほどがあるというものだ。

 読み残した本がたまっているから、ここ数年はほとんど本を買っていないけれど、先日初めて電子書籍なるものを一冊購入した。ぼくとしてはずいぶん洒落たマネをしたものだが、そいつはどうしても必要な参考書で、しかも紙バージョン(?)が入手不可能だったからである。

 ぼくの好みは19世紀なのだが、人間あまりカビ臭くなっても困るので、最近は20世紀の本もぼちぼち読む努力をしている。しかしこのペースだと、21世紀にまではとても手が回らないだろう。19世紀と20世紀に押しつぶされそうになっているのである。

 ウィスキーの飲み残しはないけれど(笑)、本は読み残しばかりである。困ったものだ。

| | Comments (2)

January 12, 2018

Daily Oregraph: 雪の降るまち

180112_01
 今年は特に雪が少なくて助かる。ひさしぶりの積雪もごくわずかで、あっという間に雪かきがすんでしまった。

 本日の生存証明写真は北大通。通称十字街の少し手前である。このあたりがかつての「町」であった。「ちょっと町へ行ってくる」とだれかがいうと、聞くものはみなこの場所をイメージしたものである。

 歌の文句ではないけれど、いまや思い出だけが通り過ぎてゆく。

| | Comments (4)

January 09, 2018

Daily Oregraph: 鍋焼きうどんはいかが

180109_01
 御得稲荷さんのご利益であろうか、雪は降らず雨になった。ありがたや! 雪かきを覚悟していたから、大いに助かった。

 しかし路面が濡れると、日中はともかく朝晩はひどく滑り、アイススケート・リンクのようになるので要注意だ。

180109_02
 本日のランチ。たまには変ったものをと思ったのだが、外食で鍋焼きうどんを注文するのはめったにないことだ。

 予想どおり、関東文化圏のうどんであった。これはこれでうまいけれど、やはりうどんは関西にかぎる、とあらためて思った。関西圏といっても、人の好みはさまざまだろうが、個人的には京都のうどんが断然気に入っており、半世紀近くも昔に食べた鍋焼きうどんの味はいまだに忘れられない。

 関西風であれ関東風であれ、いまの季節、これほど体の温まるたべものはざらにはあるまいと思う。体がポカポカして、土鍋になったような気分である。

 しかも……同席の方が勘定を払ってくださったのだから、ますます懐が温かい(笑)。さっそくお稲荷さんのご利益にあずかり、お賽銭の元を取ったわけだが、さてこの幸運はいつまでつづくだろうか? 

| | Comments (4)

January 08, 2018

Daily Oregraph: ゆきまろげ

180108_01
 雪を転がしてまるめたのが雪まろげで、それを上下に積むと雪だるま。最近めったに見かけなくなったもののひとつである。

 写真は相生坂の雪だるま。よほど小石を拾って目鼻をつけてやろうかと思ったのだが、あいにく近くに見あたらなかったからあきらめた。ほんとうにやるつもりだったのである。

 しかしそこはコンピュータのありがたさ、

180108_01b
鼻こそないけれど、口をつけておいたから、これでオンザロックを一杯楽しめるだろう。もちろん熱燗はちとまずいが……(笑)

 予報では夜半から朝にかけて雪。積もらねばよいのだが。

| | Comments (0)

January 04, 2018

Daily Oregraph: 初散歩

180104_01
 三が日はまったく歩いていないので、重い腰を上げて、初めての散歩に出た。

 厳島神社の境内にある御得稲荷さん。ワンカップがたくさん供えられているのは、わがことのように(笑)うれしかった。

 バチあたりのぼくには個人的な願い事などあるはずもないけれど、このブログの読者には信心深い方もいらっしゃるだろうから、いわば代参、わずかばかりのお賽銭をあげてきた。もしご利益があったら、おすそわけを忘れないでいただきたい。

180104_02
 三が日を過ぎたからもう混雑は見られないが、社務所の前に人が集まっていた。「手水桶」の文字が見える。

 どうやら左のおねえさんが柄杓で手に浄めの水を注ぎ、右のおねえさんの渡してくれる紙で拭くらしい。初めて見る光景だ。日本の神社は謎だらけである。

180104_03
 帰りは南大通を通ってきたのだが、とある居酒屋の貼り紙を見て、ちょっと驚いた。五日から営業ということにではなく、まだお店が営業していること自体に驚いたのである。

 半世紀前までは、この一帯にはたくさんの飲食店が並んでいたけれど、だんだん櫛の歯が抜けるように姿を消して、今ではほとんど皆無といっていい。このお店の存在は知っていたが、夜ここを通ることはないから、とっくに店仕舞いしたものと思いこんでいたのである。

 かつての南大通のにぎわいを知るのは、もはや爺さん婆さんばかりである。その爺婆がいずれこの世を去れば、邪馬台国も同然、やがて考古学者たちが徳利やお猪口を発掘して、勝手な論争を展開するにちがいない。

 正月早々頭蓋骨をぶら下げて歩く一休さんになったような気がしてきた(笑)。

| | Comments (2)

December 30, 2017

Daily Oregraph: 散歩納め

171230_01
 少しだけ風はあるが、まずは穏やかな天気である。弁天ヶ浜の踏切を右に折れて、今年最後の散歩。

171230_02
 2017年最後の定点撮影。

 沖に船が見える。え、見えない? 近眼のぼくにさえ見えるというのに、あなた、眼力が足りませんぞ(笑)。

 写真の一部を拡大すると、

171230_02b
ほらね。たぶん海保の巡視船だろう。まさかとお思いかも知れないけれど、長年鍛えているから、目が悪くても船の識別はわりと得意なのである。

171230_03
 さて、これが本日の目玉商品である。気の早いフキノトウ。

 日当りのよい知人の崖は、例年もっとも早くフキノトウが顔を出す場所のひとつで、正月の三が日にも見たことがある。

 念のため少し近寄って見ると、

171230_04
ほら、まちがいない。

 モリカケ補助金詐欺事件などいやなことの多い一年だったが、けなげなフキノトウを目にすると、なんとなくホッとする。

171230_05
 帰り道に米町公園へ寄ってみると、吹き寄せられた川の氷が水面を覆っている。さきほど沖に見えた巡視船が入港するところであった(ありがたい、おれの目はまだ確かであった)。

 フキノトウをみつけて気をよくしたところで今年はお別れ。みなさまどうかよいお年をお迎えください。一年間このマイナーなブログにおつきあいいただき、心より感謝しております。

| | Comments (2)

December 21, 2017

Daily Oregraph: Dead Slow Ahead

171221_01
 本日の最高気温は+1.8度。日が射しているし、風も弱いから暖かい。

 体がなまりそうなので、思い切って散歩に出た。ところどころアスファルトが露出しているけれど、ひどく歩きにくい。少し融けかかった氷の表面がよく滑り、途中で何度か転びそうになってしまった。

171221_02
 ひさびさの定点撮影。このあたりは日当りもよく、サクサクとした雪は案外歩きやすい。線路内には予想以上に多くの足跡が残っていた。

 この先の道を考えてそろそろ引き返そうかと少し迷ったが、

171221_03
ここまで来たら前進あるのみ。

171221_04
 おや?……知人の廃屋は明らかに傾きを増したようだ。とても目の錯覚とは思えない。この分だと数年以内に倒壊するのではないか。

 つきあいの長いこの建物は、自分の衰えた肉体と重なって見えるから(笑)、心配でしかたがないのである。いつまで持つかなあ……

 いつものコースを歩くのに、5分以上も多くの時間がかかった。明日はどうしようか、思案中である。

| | Comments (2)

December 16, 2017

Daily Oregraph: 釧路の夜

171215_01
 タイトルにいつわりなし。翼よ、これが夜の釧路駅だ。

 忘年会シーズンたけなわの金曜日だから、タクシーの予約はほぼ不可能。やむなくバスを利用して駅までやって来たのである。

171215_02
 ぼくみたいな世捨て人にもお声はかかるもので、人並みに忘年会とは、今年最後の大事件(?)である。

 途中一切省略するけれど(笑)、ワイワイ騒いでいるうちに日付は変って……

171216_01
お開きになったのは、01時03分。今年初めての午前様である。

 道路はカチカチ山のツルツル坂だから、仲の良いカップルが手をつないで歩くのももっとも。こちとら相当に酔っていたのだが、あまりのうらやましさに(笑)、一枚パチリと撮らせていただいた(お顔はわからぬよう加工済み)。

 ジジイには体を支えてくれる女性とていなかったけれど、おかげさまでケガもなく帰宅することができた。全国の酔っ払い諸君には、どうか無事にこの年末年始を乗り切っていただきたいものである。

| | Comments (2)

December 12, 2017

Daily Oregraph: カチカチ坂

171212_01
 風がひどく冷たい。空がヒューヒュー鳴っている。足元はカチカチに凍っている。安心して歩けるのは、上の写真の真っ白な部分、つまり雪がそのまま残っているところだけである。

 Nellgwynn さんのコメントにあったように、昨日の写真の坂を下るとすぐ左手に嵯城商店がある。道が悪いのにわざわざやって来たのは、ポストに用があったからだ。なおお店の前の坂を上り切ると、右手に弥生中学校があった。

 さて先日入手した「元町MAP ~釧路はじまりの地~」という地図には、昨日の写真の坂はなぜか「ジブリ坂」と命名されていた。そんな名前は聞いたことがないから、だれかが勝手につけたのだろう。

 それはいいとしても、ジブリ坂はちょっと洒落すぎていると思う。

 「おや? 何だい、あれは。へんな音がするね。なんだらう。お前にも、聞えないか? 何だか、カチ、カチ、と音がする。」

 「當り前ぢやないの? ここはカチカチ山だもの。」

 「カチカチ山? ここがかい?」

 「ええ、知らなかつたの?」


 太宰治版『カチカチ山』の一節である。カチカチ山をカチカチ坂に置き換えてお読みいただきたい(笑)。

 疑い深い狸が
「しかし、へんな名前だ。嘘ぢやないか?」というと、兎は「あら、だつて、山にはみんな名前があるものでせう?」と答える。

 カチカチに凍っているからカチカチ坂。だれにも文句はいわせない(笑)。

 -まあ、知らなかったの?

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たべもの | アルコール | カメラ | 京都 | 写真 | 北海道 | 文学 | 昆虫 | 植物 | 歴史 | 石炭 | 紀行 | | 釧路 | 雑記 | 音楽 |