April 18, 2024

Daily Oregraph: 裏庭画報 エゾエンゴサク開花

 本日の最高気温は 10.6度。曇り。

240418_02
 エゾエンゴサクが咲いていた。こいつは色もかたちも申し分なく、春を代表する花のひとつである。

240418_01
 これはギョウジャニンニク。人気のある山菜なのだが、花を見たいからぼくは一度も採って食べたことがない。食い気より風流、というのはわれながらあっぱれ(?)だと思う。

 ふしぎなのはギョウジャニンニクがエゾシカどもの被害に会わぬことだ。

240417_01
 近年傍若無人に町中をうろつく連中(昨日撮影)は、チューリップの花を食い荒らすくせに、なぜかギョウジャニンニクには手を出さないのである。

 人家の裏庭にまでは入りこまないからだろうと考えるのはまちがいだ。現に隣家の裏庭でエゾシカが草を食っているところを、ぼくは目撃している。禅寺で修行したため五葷を避けているというなら話は別だが、まさかなあ。

| | Comments (0)

April 14, 2024

Daily Oregraph: 裏庭画報 薹が立つ

 本日の最高気温は 11.4度。晴れ。

 ついに気温が10度台になった。日当たりのよい部屋にいると、まるで猫にでもなったような心地がする。

240414_01
 3月30日に確認した一輪のフクジュソウ周辺はこうなっていた。どれもすでに薹が立っている。ほかにも数か所まとまって咲いていたし、このぶんだと来年も確実に顔を出すだろう。

 「薹が立つ」というのを女性の形容に用いる無礼者がいるけれど、こうして花を咲かせているうちは堂々と胸を張っていただきたいものだ。すっかり水気を失って枯枝みたいになったじじいからすれば、うらやましくてならないのである。

 枯枝といえば、エゾヤマザクラの老木の下に、先日の強風に吹かれて折れた枝がいくつも落ちていたので、拾い集めてひもでくくり、ついでに枯れたベニイタドリも切ってひとまとめにした。ご存じのとおり、こいつの茎はかなり太く、枯れたまましぶとく立ちつづけているのである。

 ひさしぶりに腰をかがめたせいで、ちょっと体が痛い。もうじき土起こしをしなくちゃいけないのだが、このままでは薹が立つどころか、腰がまともに立たなくなるかもしれない。やれやれ、イタドリごときに負けるとは……

| | Comments (0)

April 03, 2024

Daily Oregraph: 今日の春採湖畔

 本日の最高気温は 6.9度。晴れ。

240403_01
 春採湖にはまだうっすら氷が残っていた。日射しは暖かいけれど湖面を渡る風は冷たい。

240403_02
 しかしさすがは四月、一面の枯草の間にちらちらと緑が見える。これはフッキソウ。復帰草ではなく富貴草というのは、春らしく縁起がよろしい。もちろん裏金の入るあてなどないのだが、お互いけっして希望を捨ててはいけない。

240403_03
 バイケイソウ。今はまだかわいらしいが、やがてその本性を現してぐんぐん成長する。おまけに有毒だから困ったやつである。

240403_04  
 エゾエンゴサク。妙な名だが、図鑑には蝦夷延胡索とある。こいつはぼくのお気に入りで、やがてわが裏庭にも顔を出すはずだ。美形だし食用にもなる。

240403_05
 おなじみフキノトウ。もうじき斜面のあちこちにボコボコと生えてくる。天ぷらにすればうまいらしいけれど、わざわざ採って食おうという気にはなれない。

 やっと散歩に好適な季節が巡ってきた。歩くべし。

| | Comments (0)

March 30, 2024

Daily Oregraph: 裏庭画報 生きていたフクジュソウ

 本日の最高気温は 8.9度。晴れ。

240330_01
 去年より一週間ほど開花が遅れたけれど、フクジュソウは生きていた。あきらめかけていたから、まずはホッとした。

 さてワイルドの戯曲だが、A Woman of No Importance (邦題はふつう『つまらぬ女』)を一読して、ちょっと驚いた。もちろん大きな違いはいくつもあるけれど、『緋文字』を連想させるところがある。少なくともワイルドの頭の片隅に『緋文字』があったことはまちがいないとぼくは思う。両者を読み比べれば、なるほどと思う方もおいでになるのではないだろうか。

 「もっと詳しく説明しろよ」といわれればちょっと困るが、そんなことをするとネタばれにもなるし、なによりも面倒くさい(笑)。じじいになると、だんだん万事がおっくうになるのである。

| | Comments (0)

March 15, 2024

Daily Oregraph: 今朝の春採湖畔

 本日の最高気温 2.5度。曇り。

 気温は確実に上昇しつつあるが、春採湖の氷はまだ融けていない。

240315_01
 しょうもない生存証明写真で申し訳ないけれど、現在絶不調なのだから、どうかゆるされよ。しかしこれを見てなつかしいとお思いになる方も、広い世間にはきっと一人や二人は……?

| | Comments (0)

February 19, 2024

Daily Oregraph: 冬から春へ

 本日の最高気温は 8.6度。晴れたり曇ったり。

240219_01
 ずいぶん気温が上がった。釧路川の水面はひねもすのたりといった感じだが、

240219_02
岸壁にはまだ雪が残っている。

 もはや真冬とはいえぬが、まだ春ともいえぬ中途半端な時期である。

| | Comments (0)

January 21, 2024

Daily Oregraph: 港町氷見物

 本日の最高気温は-3.6度。晴れのち曇り。

 きのふけふといと冷えこみしかば、さぞと思ひて……港町岸壁の氷を見物しに来たのはいいけれど、分厚い氷に覆われているかと思いのほか、

240121_01
 -なんだ、これは?

水面に広がる薄氷を前に憮然として立ちつくすのであった。

240121_02
 -冬はもっとキッパリしてくれなくては困る。これでは生ぬるいではないか。

 しかし実は自分にはそんなえらそうなことをいう資格はない。

 年が明けてまもなく学生時代の友人がメールをよこして、「最近ブログの更新が滞っているじゃないか」と叱咤激励してくれたのだが、いやまことに面目ない。だがもうちょっと待ってほしい。いずれ春が来れば……といいたいところなれど、さておれに春は来るのだろうか?

| | Comments (0)

January 12, 2024

Daily Oregraph: 冬の雨上がり

 本日の最高気温は 4.2度。雨のち曇り晴れ。

 予報では朝のうち雪だったけれど、気温が高く雨になった。雪かきせずにすんだのはおおいに助かったが……

240112_01
野暮用があったついでに歩いた中心街はごらんのとおり。雨に濡れた雪氷は実によく滑る。足元が気になってとても散歩どころではなく、早々に切り上げた。

 ひさびさに見ると、街の様子は変っていないようでいて微妙に変っている。新しくできた店もいくつかあるようだ。

 そういえば駅の北口(通称駅裏)にもしばらく行っていない。春になったらパトロールしようと思う。いくら引きこもりに慣れたとはいえ、人間歩けるうちは歩かなくては……

| | Comments (0)

November 25, 2023

Daily Oregraph: 冬を告げる風

 本日の最高気温は 0.7度。晴れ。

231126_01
 西の風が恐ろしく冷たかった。港内はさかんに波立っている。たしかに気温は低いけれど、この強風さえなければ岸壁沿いを快適に歩けたはずである。

 歩けたはず……というからには仮定法過去完了(笑)、実際にはほんの数十メートルしか歩かずに車へ逃げ帰った。冗談じゃありませんよ。

 釧路市内ではまだ雪は降っていないが、冬は風に運ばれてきた。

| | Comments (0)

November 23, 2023

Daily Oregraph: 裏庭画報 小水菜

 本日の最高気温は 6.3度。曇り。

231122_01
 今年最後の収穫である。

 -おい、なんだよこれ? 情けないなあ。

 -いくら待ってもこれ以上大きくならないから、思い切って穫ったんだ。捨てるのはもったいないしね。

 -こいつを水菜というのは、ちと無理があるな。

 -うん、そこで名づけて小水菜だ。小松菜があるんだから小水菜があってもおかしくはあるまい。

 もちろん晩の味噌汁に入れて、ありがたくいただいた。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧