May 25, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 反省のグースベリ

180525_01_2


 一昨年枝を一本切って別の場所に植えたグールベリは完全に根づいたようで、今年はたくさん葉をつけた。

 去年は二粒しか実がならなかったけれど、今年はどうかな? 反省点としては、ここが日当りの悪い場所であること。しかも夏にはシャクが育って、さらに日が当たらなくなる。 

 なんの考えもなく植えるのでは百姓失格である。いくつになっても人は失敗から学ばねばならないようだ。

 そこで本日朝日新聞デジタルの記事の見出しから反省のネタを拾ってみた。

 鈴木長官が日大側聴取へ「監督に責任、ビシッと伝える」

 -いいねえ。ついでに「首相に責任、ビシッと伝え」てね。


 石破氏「アメフトの日大の対応、してはいけない標本」

 -そうだよね、「モリカケの自民党の対応、してはいけない標本」と、みんな思っている。

 すでに多くの人が指摘しているように、「日大」を「自民党」に、「内田監督」を「安倍首相」に、「学生」を「国民」に入れ替えても、ほとんどすべての文章が成立するのだから、この国は上から下までどうなっているんだろうと、つくづく悲しくなってくる。

 しかし縁あって日本に生を受けたのだから、簡単にこの国をあきらめてしまうわけにはいかない。日大の関係者のみなさんや学生諸君も、大学に対して同じ思いをされているにちがいない。

 今回の事件を非難するあまり、日大の存在そのものを否定しようとする乱暴な人々も中にはいるようだし、相手が一私大だからだろうか、日頃の政権への忖度ぶりを忘れて、マスコミもいいたい放題のように見えるのは気のせいだろうか。

 むしろアメフト事件を契機に理事会の体制を一新して、伝統ある大学の改革を進めるよう、心ある日大関係者を応援したいとぼくは思う。モリカケ事件と国政の関係も同じだろう。

 グースベリの生命力のおかげで(?)、めずらしくマジメなことを考えてしまったようだ。

| | Comments (2)

May 21, 2018

Daily Oregraph: 5月21日 定例散歩

 だんだんタイトルを考えるのが面倒になってきた……(笑)

180521_01

 これほどの凪は実にめずらしい。白波が立っていないのである。太平洋ではなくまるで琵琶湖のようだ。

 もちろん風はごく弱いけれど、パスタでいえばアルデンテ、ほんのちょっぴり冷たさが残っている。
180521_02

 ここではタンポポがもう綿毛になっている。やはり市内ではもっとも季節の進行が速い場所のひとつだと思う。

180521_03
 帰り道でこんなものをみつけた。女の子がチョークで描いたのだろう。まだこういう遊びが残っているんだなあ。

 ……というわけで、なべて世はこともなし。いや、あるか。

 日大の選手がアメフトの試合中に重大な反則を犯した事件で、関学側がカンカンに怒るのも無理はない。あれではヤクザの親分が子分を鉄砲玉に使うのと少しも変らないからだ。まかりまちがえば、人ひとり廃人にしかねない危険な行為だからびっくり仰天である。

 当然のことながら、大勢の人が口をきわめて日大の監督を非難している。首相と一緒に飯を食って得意になっている連中まで、このときとばかり、あいつは卑劣だとののしっている。

 録画が残っているから、いくらごまかしてもごまかしきれない。たとえ「おれが命令したという確かな証拠でもあるか」と開き直ったところで、コモン・センスに照らして、そんな寝言が世間様に通用するわけがない。たとえ直接紙に書かれた証拠はなくても、裁判をしたら有罪は免れないだろう。

 首相に飯をおごってもらったみなさんには、よ~くそのことを考えた上で、かの監督を非難するようおすすめしたい。

 あ、もちろん小生は残念ながら(?)あんパンひとつもごちそうになってはいないからね。

| | Comments (2)

May 17, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 チシマザクラ

180517_01
 今にも降り出しそうな空模様だが、せっかく咲いているのだから、チシマザクラを一枚。エゾヤマザクラよりやや色白の美人である。

180517_02
 オオバナノエンレイソウとニリンソウも仲よく咲いている。

 ちょっとした自然公園だと思えば、金はなくてもリッチな気分になれる(笑)。ありがたや、ありがたや。

| | Comments (0)

May 14, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 エゾヤマザクラ咲く

180514_01
 日帰りで十勝港へ出張。本日の船上セキュリティ・チェックポイントである。

 十勝はやはり季節が一歩先を行っている。途中の景色を見ると、釧路よりも断然緑が濃いのである。

 くやしい思いをして帰宅し、裏庭へ回ってみると……

180514_02
エゾヤマザクラが部分的ながら開花していた。見ごろはまだまだ先だけれど、一応開花宣言してもいいだろう。

 めでたし、めでたし。

| | Comments (0)

May 12, 2018

Daily Oregraph: 17時の気分

180512_01
 時刻はちょうど17時00分。

 なんのあてもなく旅に出た男が、ふらふら歩いているうちにここにたどり着いたとしよう。

 この町には知り合いもいないし、今夜の宿はまだ決まっていない。さてどうする?

 特別食いたいものはない。男の財布の中にはまだ一万円札数枚残っているけれど、一人で居酒屋に入るのはまっぴらだ。ポケットにねじこんだ文庫本を読む気にもなれない。

 ほんと、どうしたらいいべか……というのが今日の気分である。あなたにもきっとこんな日はあるにちがいない。

| | Comments (2)

May 08, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 白い花ふたつ

180508_01
 ニリンソウ。

180508_02
 オオバナノエンレイソウ。

 白い花ふたつ、今年も咲いてくれたからには挨拶をかねて、年代物の重い一眼レフで撮る。サクラよりうれしいかもしれない。

| | Comments (2)

May 06, 2018

Daily Oregraph: 魚釣りの夢

180506_01
 連休最後の日。

 ぼくなどは毎日が連休のようなものだけれど、ひさしぶりに仕事が入ったので、南埠頭にやって来た。

 みなさんやってますなあ、今の時期なにが釣れるのかしらないけど。よく釣りは短気な人向きだというが、ぼくはダメ。短気すぎるのである。

 おまけに虫ぎらいときているから、ミミズやゴカイなんぞを餌にするのはまっぴらご免こうむりたい。どうしてもやれというなら、エビで鯛を釣るという優雅で上品な釣りを選ぶだろう。

 結局いつ食いつくかわからない魚を待ってボーッとしているくらいなら、トロールで一網打尽のほうがいいやと、強欲な資本家みたいなことを考えてしまうのである。

 しかし手元に肝腎の資本がないから、ぼくが漁業に手を出さぬのは、資源保護上まことに結構なことだ。もっとも首相に取り入って補助金をどっさりもらえるなら(笑)話はまた別なんだが。

 ……などとバカな想像をしながらも無事仕事を終え、明日からはまた平常営業、魚釣りよりもさらに効率の悪い単語集めを再開する。いくら短気でも、こればっかりはトロール漁法は無理だからしかたがない。

| | Comments (2)

May 04, 2018

Daily Oregraph: 桜情報

180504_01
 やっと咲く準備を始めたらしいエゾヤマザクラ。わが家のサクラは日本一開花が遅いから、あと十日くらいかかるだろうか?

 この木はかなりの高齢のせいか、木肌も荒れ、ここ数年花の勢いが衰えつつある。恒星にだって寿命はあるのだから、桜の木がいずれ死を迎えるのはしかたのないことだけれど、少なくともぼくよりは長生きしてほしいものだ。

 開花したら景気よくシャンパンで祝いたいところだが、スタグフレーションの世の中ゆえ、つつましく(笑)キリンレモンで乾杯しようと思っている。 

| | Comments (0)

May 01, 2018

Daily Oregraph: 五月の空

180501_01
 四季の配分にはいささか不満があるけれど、北国にも平等に五月は来た。風からはとげとげしさが薄れてきたようだ。

 めずらしく鯉のぼりにみとれてしまったが、なんとなく鯉がシシャモに見えてしまうのは釧路育ちのせいだろうか。

 やっと外出の季節がめぐってきたというのに、ほとんど部屋にこもって歴史の本を読んでいる。万策尽きたリチャード2世の運命やいかに(笑)。

| | Comments (2)

April 29, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 カタクリ

180429_01
 今年もカタクリの花が律儀に咲いてくれた。去年は一輪だけだったが、今年はもう一輪。

 花・葉・鱗茎ともに食用になるらしいが、たった二輪では試食するわけにもいかない。根絶やしにしたくないから、カタクリの付近では草むしりもしないのである。

180429_02
 知人の崖のフキノトウは半分以上がフキに出世した。

 夕方の風はまだ少しひんやりとするのだが、季節は着実に変りつつある。人もまた確実に老化していく(笑)。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たべもの | アルコール | カメラ | 京都 | 写真 | 北海道 | 文学 | 昆虫 | 植物 | 歴史 | 石炭 | 紀行 | | 釧路 | 雑記 | 音楽 |