March 16, 2017

Daily Oregraph: きのふけふ

170315_01
 きのふ、3月15日。またもや病院のハシゴにつき合う。自分は病人ではないけれど、ぐったり疲れてしまい、なにをする気にもなれなかった。

 ……しかしそれは半分ウソである。ウィスキーはしっかり飲んだから、なにもしなかったわけではない。

170315_02 
 けふ、3月16日。昨日同様風が冷たい。かなり雪は融けたけれど、ところどころ滑るから油断は禁物である。

 「ああ、もう春なのね」などと浮かれていると、某防衛大臣みたいに、足どころか口まで滑らしてしまうだろう。ああいう人を北海道弁では「はんかくさい女」という。(注:はんかくさいの「はんか」は半可通の半可だから、実は由緒正しいことば)

 ウソをつくな、とはいわない(人間生きていく上で、ウソはぜひとも必要なのだから)。しかしああ間抜けでは教育勅語が泣くんじゃないか?

 一方の奇人籠池氏は、同じほら吹きでも性根が据わっており、多くの人に感銘を与えるだけのしぶとさを備えている。国会答弁のうろたえぶりが見苦しい某首相とは大ちがいで、金槌で頭を殴られても平気な顔をしていそうである。

 大塩中斎先生のような教養には欠けているかもしれないが、彼があれこれペラペラとしゃべりまくれば旧式の大砲よりは威力があって、大阪発の世直し大明神(笑)になる可能性もあると思う。時代錯誤のウルトラ右翼思想にはウンザリさせられるが、ご本人の願いどおり、結果的には案外「お国」のためになるかもしれない。

 いかん、いかん。いつの間にかファンになってしまったらしい……(笑)

| | Comments (4)

March 11, 2017

Daily Oregraph: 港の風

170311_01
 用事をすませた帰りに北埠頭へ寄ってみると、港の風は冷たかった。氷は……いらない。

170311_02 
 向い側の中央埠頭1号岸壁を見ると、倉庫の回りにぐるりと囲いがしてあった。工事中であることは知っていたけれど、いよいよ本格的な作業に入ったらしい。

 超ローカル紙としては、当然取材せねばなるまい。

170311_03 
 しかし妙だな。改修工事なら足場を組むはずだが……

170311_04 
 工事標識を探して反対側へ回ってみると、「建築物等の解体等の作業に関するお知らせ」という掲示があった。

 いかにも役所がらみらしく、曖昧な表示である。建築物「等」とは? 解体「等」とは? ひょっとしたら、この倉庫を解体するのだろうか?

 よほど電話してお聞きしようかとも思ったが、とんでもない暇人だとバカにされるのもシャクだから、思いとどまった。ジャーナリスト失格である。

 ああ、ついに中央埠頭の景色も変るのかと思えば、感無量である(笑)。

| | Comments (2)

March 07, 2017

Daily Oregraph: 雪のち晴れ

170307_01_2
 昨夜から今朝にかけて降った雪は、幸いたいして積もらなかった。雪かきが楽だったのは、まだ正月の大吉効果がつづいているからだろう。

 この分だと、毎日仏壇の前で教育勅語を唱えていれば、近いうちに国有地を破格の安値で入手できるかもしれない。いや、国会議員ごときに頭を下げるくらいなら死んだほうがマシだから、やっぱり無理だろうね。

 午前午後ともに、家族の通院につきあう。病院のはしごである。ポケットに用意の新書本を読もうとしても、気が散ってさっぱりはかどらない。タバコを吸うわけにはいかないしなあ(笑)。

| | Comments (4)

March 03, 2017

Daily Oregraph: 丘の上から

 やっと余裕ができたので、午前中に確定申告をすませてきた。インターネットでもできるのは知っているけれど、なにをどこに入力すればいいのかわかりにくいので、毎年現在日本で最も親切な役所である(笑)税務署へ行くことにしているのだ。

 いや、冗談ではなく、実に客あしらいがよろしく、手取り足取り丁寧にかつ根気よく教えてくださる。日頃不満だらけの消費税を少し取り戻した気分になれるのは、ひょっとしたらまんまと術中にはまったのかもしれないが、客商売をされる方は、ぜひ税務署のサービスをお手本にしていただきたいものである(笑)。

170303_01

 気も楽になったことだし、午後は散歩に出かけた。今日は丘の上から知人の浜を眺めてみようという趣向である。

 とんでもない田舎のように写っているが、実はそうではない。回りは住宅街である。

170303_02 
 釧路埼灯台近くの丘、というより崖の上から見た知人の浜。釧路に残る昭和的風景の代表といっていい。

 ぼくは阿寒湖や摩周湖の景色よりも、迷わずこちらを選ぶ。旅人にはおすすめの場所である。必ずや旅愁にひたることができるだろう。さあ、あなたもぜひいらっしゃい。

| | Comments (4)

February 25, 2017

Daily Oregraph: 定期航路復帰

170225_01
 ほんとうに久々の定期航路である。このコースは日当り抜群だから、線路脇の雪も消え、安心して歩けるようになった。

 砂利の上は少々歩きにくいけれど、足の裏をマッサージしていると思えばいい。これだけ石が転がっていれば、どこかのツボにはヒットするだろう。

 レールは半ピカ状態。どんどん石炭を掘っていただきたいものである。かつては散歩すればたいてい列車に出くわしたのだが、最近はとんと目にしなくなった。採炭量が増えたって、ぼく自身が得をするわけじゃないけれど、この古いなじみの鉄道が廃線になっては困るのである。

170225_02 
 知人の浜にはまだ雪が残っている。多少は景色の単調さを救っているかもしれないが、もう雪はいらない。

170225_03 
 廃屋にも等級というものがある。知人の路地の廃屋は、兵隊の位でいえば、骨と皮だけになった瀕死の老将軍というところだろうか。すでにピサの斜塔ほどに傾いているから、いつ倒壊してもおかしくはない。

 -閣下、ご気分はいかがでありますか?

 -なあに、ちと疲れてはおるが、まだまだ。

 -お薬であります。どうぞ。

 -おお、当番兵、気が利くではないか。かたじけない。

 飯盒のフタになみなみとついだ米焼酎をうまそうにゴクゴクと飲む姿は、塹壕の兵隊たちの感動を誘ったが、やがて満足そうな微笑を浮かべつつ、老将軍は崩れるように倒れ、息を引き取ったのであった。

 -おい、みんな泣くんじゃない。喇叭だ。閣下のために喇叭を吹け。

 となればまことに結構だけれど、おのれの保身のみをはかろうとする連中がのさばる世の中では、それほど部下に慕われるほどの将軍はざらにはいまい。

 ……なんてね、いつもいっているように、散歩中はろくなことを考えていないのである。

| | Comments (2)

February 18, 2017

Daily Oregraph: ツララ鑑賞

170218_01
 港町岸壁から見る水面の氷はすっかり消えてしまった。天気もいいし、やはり春が近いんだな……と喜ぶのはちょいと待った。

170218_02 
 漁船には歯ブラシ状のツララが並んでいる。風も恐ろしく冷たく、冬が反撃を試みているようだ。

 この風では散歩をする気にもなれず、車でコンビニへ行った帰り道である。これはいかんとばかり、すぐに車に退却したのは、われながら情けないけれど、春の援軍を待って散歩を再開するつもりだ。

| | Comments (2)

February 13, 2017

Daily Oregraph: 春のきざし

170212_01
 相生坂の西側を降りきって一枚。ここは日陰だから雪がほとんどそっくり残っている。それが案外歩きやすいのだ。サクサクという踏みごたえがあって、あまり滑らないのである。

 ほんとうに滑りやすくて恐いのは、融けた雪が夜のうちに凍ってまた翌日融けるような場所である。冬靴をはいていてもツルリとくるから油断できない。

 そんな悪路をものともせず、久々に45分ほどの散歩をした。郵便局に用事があったのだが、車に頼らず歩いたのである。頭から枯れて死んでいくといったのは、たしかスウィフトだったと思うが、凡人はまず足が弱ってから死ぬものだ。歩け、歩け。

170212_02 
 帰り道に港町岸壁へ寄って氷をワッチしてきた。ああ、春が近いんだなあ。そういえば、吹く風にも厳冬期特有のとげとげしさがなくなったし、日射しもずいぶん柔らかくなってきた。

 しかし春先になるとたいていドカ雪が降るからいやになる。ぼくは雪かきが大嫌いなのだ。雪かきの最中に倒れても薄氷堂はスコップを離さなかった……なんて、天下りをする役人が作る修身の教科書に載るのは、絶対にお断りしたい。

| | Comments (2)

January 23, 2017

Daily Oregraph: 北風小僧

170123_01
 元日以来つづいた強運も、神様がサボっているらしく、本日は一段落。朝から二度も雪かきするはめになってしまった。

 雪は昼までに止み、やっと事務所にたどりついて撮ったのがこの写真である。ずいぶんぼやけているが、霧やモヤのせいではない。強い北風にあおられて雪が舞っているのだ。

170123_02 
 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。デスクもなにもない禁欲的なチェックポイントである。

 寒くて割に合わぬ仕事だが、このお兄さん、平気な顔をして立ち番をしていた。あっぱれである。君こそ北風小僧の名にふさわしい。

 一方の北風ジジイは全身ボロボロ。関節があちこち痛んでかなわない。さあて、明日はどうなる?

| | Comments (2)

January 19, 2017

Daily Oregraph: 大吉効果

170119_01
 日中は雪がちらついたけれど、雪かきするほど積もらなかったのは幸いである。御得稲荷さんのご利益かもしれない。

 そればかりではない。おみくじ大吉効果も衰えを見せず、本日の昼食は(お客様と一緒だったから写真は撮らなかったが)刺身定食のごちそうにあずかった。

 たまに外出する以外は部屋にこもって、パソコンの画面相手に辛気くさい作業をつづけている。腹ごなしの運動を全くしていないので、一向に体重は減らない。人間欲をかいてはろくなことがないから、中吉くらいが丁度よかったのかもしれない。

 -昼間っからごちそうを食っている場合じゃないぞ。ちっとは体を動かして働かんかい!

 そんな声が天から聞こえてきたように思ったら、来週から仕事がありそうな感じである。いや、あってほしい。このままでは雪だるまみたいに太ってしまいそうだ(笑)。

| | Comments (4)

January 14, 2017

Daily Oregraph: 港町氷漬け

170114_01
 今日は風もなく穏やかな天気だったが、空気はひどく冷たい。ひょっとしたら……と思って港町岸壁に来てみたら、11日には水面に一片の氷も浮かんでいなかったのに、景色は一変していた。

170114_02 
 恵比須丸は氷漬けである。

170114_03 
 カモメ界のカント。ふだんは間抜けな鳥のくせに、なにやら深く考えこんでいるらしいが、ただ腹を空かしているだけなのかもしれない。

 見ているとカモメの足は氷の上でも滑らないようだが、こちらはそうはいかない。道路は相変らずカチカチだし、運動不足を解消したいけれど、長居は無用。氷を見物してさっさと引き上げた。

 さっぱり体重の減らないことが今の時期の悩みである。ああ……

| | Comments (4)

より以前の記事一覧