November 21, 2017

Daily Oregraph: 旧弥生中 11月21日

171121_01
 まだ「立入禁止」の単管バリケードがいくつか残っているので外側から撮影したけれど、土地の埋め戻しも終っているし、警備員さんの姿もない。解体工事は完了したといってよさそうだ。

 この荒涼たる景色は今の季節にふさわしいかもしれない。

171121_02_2
 校舎跡地のすぐ向いにある廃屋。入居者募集の貼り紙は残っているけれど、長く人が住んでいないから、見るたびに荒廃していくのがわかる。

 ふと思ったのは、この建物もかつてはマンションを名乗っていたのだろうかということ。マンションとは大邸宅だからアパートに名づけるのはおかしい、という説もあるが、一概にそうともいえない。この英語のもともとの意味は「人の住む場所」だからである。マンション、いいじゃないか(笑)。

 旧弥生中の坂を下って散歩していると、「コーポなんとか」というのがあった。コーポとはまたどこから引っぱってきたものかというと、たぶん cooperative apartment (【米】協同アパート)に由来するのだろう。

 しかしこれはアパートを所有する法人の株式を使用者が取得・保有し、持分に応じて部屋を占有する仕組みと辞書にあるから、まさに協同組合方式である。ふつうのアパートに使うのはちょっと変だ。それに略称は cooperative、略語は co-op なので、コーポは無理、コープが妥当である(あれれ、生協になってしまった)。

171121_03
 そういえばハイツなんてのもあるなあ…などと、どうでもいいことを考えながら、なおも歩いたのだが、だんだん寒さがこたえてきた。寒さのレベルが一週間前とは比較にならないのである。日が沈みかけるとさらに冷えこんでくる。

 これはいかん。校舎の跡地やら廃屋と化したアパートなど寒々しいものを見たせいもあって、いっそう体が冷えるのかもしれない。

 アパートでもマンションでもコーポでもハイツでもない、ガタのきたあばら家にさっさと逃げ帰ったことは申し上げるまでもない。

| | Comments (0)

November 20, 2017

Daily Oregraph: 冬に備える

171120_01
 玄関チャイムが鳴ったり鳴らなかったりすることに気づき、カバーを外してみると、ボロボロに腐食していた。

 さすがにこれは替えなあかん……

171120_02
 さっそくホームセンターへ行って新品を求め、レジに並ぶと、除雪用品が飛ぶように売れている。ほかのものには目もくれず、プラスチック製の雪はねスコップを手にする人が多いのである。

 雪なんてないじゃないか……とお思いかもしれないが、

171120_03
ごらんのとおり、昨日うっすらと積もった雪が日陰にはまだ少し残っている。みなさんあわててホームセンターへ走るのもむべなるかな。

171120_04
 波しぶきが崖の上にまで達している。ここ数日で風がいっぺんに冷たくなった。

 玄関チャイムも無事復活したし、冬への備えは万全だが。心配なのは、ボロボロに腐食した(?)足腰である。この冬の雪かきを想像するといやになる。こればっかりは、ホームセンターで買い替えるわけにはいかないしなあ……

| | Comments (0)

November 17, 2017

Daily Oregraph: かもめかな

171116_01
 今日は一度もシャッターを切っていないので、昨日の夕方港町で撮った写真でお茶を濁すことにしよう。

 例によって見るべきものはカモメしかないのだが、ふと芭蕉にカモメの句はあったかしらと気になったので調べてみると、

  
水寒く寝入かねたるかもめかな

という一句がみつかった。

 芭蕉先生わざわざカモメを見に水際へいったわけではない。「
元起和尚より酒をたまはりけるかへしにたてまつりける」という前書があり、例の「古池や」の成った貞享三年(1686年)、深川芭蕉庵での作である。

 寝入りかねたるかもめは寝酒でもやったのだろう、といいたいところだが、ちょっと待った。「水寒く」とあるから、季節は冬だろう。これから寝ようというからには、もう炉の火は消えているはず。わざわざまた火を起こして燗をつけるほど先生がマメなお人だとは考えにくい。

 とすれば独酌で冷酒をあおることになるが、それは宗匠にはふさわしからぬすさまじい光景である。したがって芭蕉翁が依存症でなかったとすれば、結局この夜は飲まなかったほうに賭けたい。

 例の「
きみ火をたけよき物見せむ雪まろげ」も同じく貞享三年の作だから、結局和尚からもらった酒は、雪の日に曾良と一緒に味わったにちがいない。曾良にしたって、雪だるまなんぞを見せられるよりは熱燗のほうがいいに決まっているので、喜んで火を焚いたはずである。

171116_02
 -ふん、おめえ、ずいぶんいいかげんなホラを吹くもんだなあ。

 生意気なカモメがそう申しておったと。はあ、どっとはらい。

| | Comments (2)

November 15, 2017

Daily Oregraph: またひとつ……

171115_01
 おや、いつの間に? 木造家屋がまたひとつ姿を消していた。

 当社の誇る資料室を探してみると……

050429
 2005年4月29日撮影。

030429_10
 こちらは2004年4月29日、すなわち上の写真の一年前に別の角度から撮影したもの。画面右端に見える通りは南大通である。

 このときすでに廃屋と化して数年以上は経過していたと思われるから、たぶん20世紀のうちに住居としての役目を終えたのだろう。

 屋根のかたちは知人の廃屋と同じで、北海道の木造家屋によく見られる(見られた?)いわゆる方形屋根である。

 市内には木造家屋がまだ少数ながら残っているけれど、今世紀のうちにはきっと全滅してしまうにちがいない……と、これまた前世紀の遺物であるジジイは感慨にふけるのであった。

| | Comments (0)

November 12, 2017

Daily Oregraph: 冬めく

171112_01
 本日の最高気温は 8.9度。少々風はあるけれど、ときどき日が射すから、もうちょっと気温は高そうに感じる。

 だから体感上はさほど寒くないのだが、秋か冬かと問われれば、迷わず冬と答えるだろう。空気に潤いがないのである。風が体を通り抜けるようにも思われる。万物が一切の飾りを取り払ってむき出しになったようにも見える。

 この感覚が「冬めく」というやつなのだろう。

   
口に袖あてゝゆく人冬めける  高濱虛子

 そういえば、ぼくもいつの間にか両手をポケットに突っこんで歩いていた。

| | Comments (2)

November 06, 2017

Daily Oregraph: ツルウメモドキ

171106_01
 本日の最高気温 13.8度。立冬を目前にして暖かい一日であった。

 コンビニで買物するために相生坂を下る。

171106_02
 今年になって初めて気づいたのだが、この坂にはツルウメモドキがずいぶん多い。

 黄色い外皮がはじけて現れるのは、仮種皮に包まれたタネなのだそうである。万物が枯れはじめる今の季節には、たいへん貴重な彩りだと思う。北海道から九州まで分布するというから適応力が強いのだろう。

171106_03
 坂を下りて南大通のお菓子屋さんの前を通りかかると、ウィンドウにツルウメモドキが飾られていた。

 ツルウメモドキ(または「つるもどき」)は秋の季語。つまり季語として使えるのは本日までである。

    
つるもどき叔母がひとりのよき住ひ  濱井那美

| | Comments (0)

November 04, 2017

Daily Oregraph: 冬近し

171104_01
 16時10分。ポケットからカメラを取り出し、スイッチを入れてレンズがじわっとせり出すまでに、夕日は雲の向こうに消えてしまった。あっという間である。

 空を染めた鮮やかな赤もほんの一瞬だけ。このあとみるみるうちに色あせていった。まさに微妙な時間帯である。

 本日の最高気温は8.9度。風はほとんどないのだが、歩いているうちに手がどんどん冷えてくる。そろそろ手袋を用意しなくてはいけないようだ。

 全国のジジイ諸君、もうじき立冬である。寒くなるからお体を大切に。

| | Comments (0)

November 02, 2017

Daily Oregraph: 裏庭画報 枝払い

171102_01
 ナナカマドの枝を二本払った。このくらいのサイズになると、幹から離れて落ちるときにズシリという手応えを感じるものだ。

 ゴミとして処理するためには、適当なサイズに切りそろえて、紐でくくらなければならない。面倒くさいから、このまま二三日放っておくつもりである。

171102_02
 一昨年切り落とした枝からは、盛んに芽が出ている。生命力の強さには感服するけれど、なあに、こちらだって負けちゃいない。来年また枝払いするつもりである。

 ほんとうはそっくり切り倒したいところなのだが、とても全部は始末しきれない。困ったものである。

 何度でも繰り返して申し上げるが、戯れに木を植えるべからず。ジジイのいうことは素直に聞いたほうがよろしい(笑)。

| | Comments (0)

October 31, 2017

Daily Oregraph: 中央埠頭から

171031_01
 ひさびさの港湾パトロール。

 中央埠頭の倉庫解体についてはすでにお伝えしたが、本日たまたま通りかかったら、工事のフェンスが撤去されていたので一枚パチリ。

 こうして見ると、景色が一変したことにあらためて驚かされる。跡地がどうなるのか、なにか変化があったらご報告したい。

171031_02
 ついでといってはなんだが、中央埠頭といえばこの廃屋を忘れることはできない。

 たしかぼくが港で働きはじめたときはすでに廃屋だったと記憶しているから、相当古い建物である。釧路遺産くらいの格はあると思う。

 いまだに倒壊せずに残っているのは鉄骨造りだからであろうが、ここ数年のうちに、ずいぶんトタン板がはがれてしまった。

171031_03
 しょうもない写真だが、これも記録のため。中央埠頭から見た北埠頭東側岸壁である。

 この岸壁は通称「北裏」……といっても、現在では業界でも若い方にはなじみがないかもしれない。

 東港はなやかなりし頃は、北裏でも木材の荷役が行われていた。本船のサイドで丸太を筏に組んで貯木場へ運ぶ、いわゆる水面落としという方式である。

050328_m_oak
 この写真は2005年3月28日に中央埠頭で撮影したもの。

 独特の風情ある筏組みも今では見ることができず、直接岸壁に荷揚げする方式に変ってしまった。それとともに紅顔の美少年も白髪の翁と化したのだから(笑)、まさに感無量である。 

| | Comments (1)

October 28, 2017

Daily Oregraph: 相生坂から

171028_01
 またしても夕日。つまりネタがないのである。

171028_02
 おや、月の女王はずいぶんお太りになったようだ。

 ……これでは愛想がなさすぎるから、最新の反省堂新明解英和辞典でも開いてみよう(この辞書、ウソと本当が混じっているから、鵜呑みにしてはいけない)。

 make a clean breast (of) 1. (~を)丁寧に説明する 2. (~を)すっかり白状する

 -悪人が大手を振ってお天道様の下でゴルフをしているようでは、国家の品格とやらが疑われましょう。おめえさんも観念してお縄につきなせえ。すっかり吐いちまえば、胸もすっきりするにちげえありません。

 -親分、かまうことはねえ。さっさとふん縛っちまいましょう。

 -バカ、おれは自首を勧めているのさ。お上にもお慈悲はあらあね。島流しですむかもしれねえよ。

 大変ためになる辞書だから(笑)、いずれまた利用することにしよう。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たべもの | アルコール | カメラ | 京都 | 写真 | 北海道 | 文学 | 昆虫 | 植物 | 歴史 | 石炭 | 紀行 | | 釧路 | 雑記 | 音楽 |