December 06, 2020

Daily Oregraph: 裏庭画報 ナナカマドとの戦い

 本日の最高気温は7.7度。上天気で風も弱かったから、外は暖かかった。

201206_01
 今年もナナカマドの枝を一本払った。写真を見ればたいした量ではないと思われるかも知れないが、切ったのは左端の太い枝「一本」だけである。撮影したのは、燃えるゴミに出すためにそれを解体する作業の途中だから、頭の中で全部を組立て直してみていただきたい。枝の先端が二階の屋根にほとんど接触していたので、やむなく苦労して小さなノコギリで切り落としたのである。ずしりと重かった。

 これ以上は手が届かないから、梯子を使わなくては枝を切れない。数年以内にはプロに依頼して、木を根元から切り倒すしかないようである。こんな目に会わぬためにも、しつこく繰り返して申し上げるが、戯れに木を植えるべからず。

 さて The Sign of (the) Four はまだ2割しか読んでいないけれど、ワトソン夫人候補と思われる女性が早くも現われた(よかった、よかった)。いずれ詳しくご紹介するつもりだが、その前に題名の (the) Four について、次回の記事で取り上げてみたいと思う。自分でいうのもなんだが、ちょっと面白い内容になりそうなので、おひまな方はどうか楽しみにお待ちいただきたい。

| | Comments (4)

December 02, 2020

Daily Oregraph: 裏庭画報 枯草の頃

 とうとう12月になった。本日の最高気温は3.2度、そして最低気温は-9.0度。

 今は昔、草取りの翁といふものありけり。といっても、この爺さんは集めた草を「よろづのことに」使うわけではなく、せっせと袋に詰めては捨てるのである。

201202_01
 このとおり、あちこちにドライフラワーが出来ているくらいだから、草といってもほとんどは枯草である。「まったく手間をかけさせやがって」とかなんとかブツブツ文句をいいながら、それでも大きなゴミ袋を一杯にした頃には、ほんの少し汗ばんでいた。

 さて『緋色の研究』は残すところ10頁足らず……なんだが、まだワトソン夫人の手がかりはつかめない。それらしき女性は登場しないのである。いやな予感がする。

 もしこの作品でわからなければ、長編第2作目の The Sign of Four を読破する必要がある。こちらも昔読んだはずなのだが、ストーリーはまったく記憶にない。たしか邦題は『四人の署名』か『四つの署名』だったと思うが、それなら単数の sign とはおかしいし、第一、名詞の「署名」なら sign ではなく signature だから、たぶん誤訳であろう。

 まったく手間をかけさせやがって……他人の細君の経歴などに興味を持ったのがまちがいだったのかもしれない(笑)。

| | Comments (0)

October 14, 2020

Daily Oregraph: 裏庭画報 ハキダメギク

 本日の最高気温は15.6度。朝のうちは晴れて暖かかったが、午後からは曇って風が冷たかった。

201014_01
 裏の畑で現在猛威をふるっているのは、以前にもご紹介したと思うが、ハキダメギク。いかにもひどい名前であるが、牧野先生の図鑑によれば、北米原産で、18世紀終りにはパリ植物園や英国のキュー植物園で栽培されていたというから、たぶん珍しがられていたのだろう。

 牧野先生曰く、「掃溜菊の意で著者の命名」と。どういうおつもりかは知らないけれど、先生、それはちと酷ではありませんか(笑)。

 さてクリスティの中編集第二番目の作品を読み終えた。なかなかおもしろかったけれど、一ヶ所いちゃもんをつけたいところがあるので、あえて作品名を伏せておく。

 殺されたある資産家の長男の嫁が、実はその資産家に恨みを抱く一家の娘だったというのだが、いくらなんでも設定に無理があるのではないだろうか。たとえ偽名を名乗っていたとしても、彼女の素性など調べればすぐにわかる話だし、家の格にやかましい英国で資産家が嫁を迎える以上、一切調査しないというのは不自然だ。それに結婚式にはふつう嫁の親族が現われるだろうから、だれもがその場でおかしいと考えるはずだ。う~む。

 ミステリーの女王にケチをつけてしまった。ごめんね。

| | Comments (2)

October 07, 2020

Daily Oregraph: ナナカマド

 本日の最高気温は17.9度。散歩日和である。

201006_01
 幣舞橋から北はどうか知らないが、橋南地区の街路樹にはナナカマドが多い。ふだんはそれほど目立たないけれど、今の時期は格別である。

201006_02
 秋空に映える鮮やかな赤い実は今が丁度見ごろだ。

 さて予定どおりクリスティの中編集を読みはじめたのだが、本日読み終えた最初の作品はどうやら昔一度読んだ記憶がある。しかし記憶はあってもとっくに犯人を忘れているのだから情けない。もっとも気楽に読める小説とはそんなものかも知れないけれど。

 ミス・マープルというのは、一見どこにでもいそうな婆さんなのだが、天才的な推理能力に恵まれている。そんなカッコいい年寄りになりたいものだが、もちろんぼくには無理だ。明日どうなるかさえ見当もつかないのだから(笑)。

| | Comments (0)

September 25, 2020

Daily Oregraph: 頼りない目で植物観察

 本日の最高気温は16.3度。

 さてこれまでとは見え方がまるで正反対になったため、接近戦が苦手になったから、植物を撮るのはなかなかつらい。老眼鏡なしでは出たとこ勝負である。

200924_01
 これは昨日相生坂の東側で撮影した(たぶん)ツルウメモドキ。この場所にはなぜかこいつが多く、一部は手すりにツルがからみついている。

200925_01
 こちらは本日裏庭で撮ったイヌタデ(またはアカマンマ)。こいつは要するに雑草の仲間である。今年は八月以来いろいろあって草取りをさぼっていたから、畑はイヌタデをはじめとして雑草がはびこり、荒涼たる景色と化していた。近々一仕事せねばなるまい。

 来月下旬の診察までは百均の老眼鏡で間に合わせればよろしいというドクターの助言に従って、ダイソーへ行ってきた。さまざまな度数の老眼鏡がそろっているのは意外であった。しかもいずれも税込み110円(!)である。適当なのを二種類購入したが、案外使えそうだ。少なくともルーペメガネよりは大分マシである。

 しかしいくらぼくが見かけを気にしないとはいっても、値段相応、デザインのださいことといったらお話にならない。これでは色男が台なしだから、来月にはもうちょいまともなものを作ることになるだろう。

 ピントが合う範囲の狭い老眼鏡を使うという不便はあるけれど、以前のように濁って見えることがなくなったので、格段に活字は読みやすくなったと思う。しばらく動画を「見る人」になっていたが、ふたたび本を「読む人」に戻れそうだ。

| | Comments (0)

September 09, 2020

Daily Oregraph: 裏庭画報 秋の植物観察

 本日の最高気温は23.9度。ひさしぶりに裏庭をのぞいてみたら、夏枯れの時期が終って、秋の花が咲いていた。某政党総裁選の顔ぶれを見るより、こちらのほうがはるかにマシだと思う。

200909_01
 ナナカマドの実はもう少ししたら真っ赤になるだろう。季節は確実に進行中である。

200909_02
 これはたぶんエゾノコンギク。すっきりした形のいい花である。「蝦夷の紺菊」ではなく、「蝦夷・野紺菊」。

200909_03
 ベニイタドリ。だれが名づけたか、メイゲツソウという優雅な別名は、どう考えても納得できない。痛みを取るからイタドリというのは俗説で、牧野先生も「はたして本当かどうか分らない」とお書きになっている。ぼくにいわせれば傍若無人のふるまいをする雑草にすぎないのだが……

200909_04
 キツリフネ。形からわかるようにホウセンカの親戚である。わが家では家の壁際というとんでもない場所に咲いており、写真を撮るのは一苦労であった。

| | Comments (0)

August 08, 2020

Daily Oregraph: 裏庭画報 ナナカマドに秋の風

200808_01

 本日の最高気温は23.2度。ナナカマドの枝を揺らす風が心地よい。

 部屋の中にいても、窓を開ければエアコンより上等な風が入り、快適そのものである。立秋を過ぎたからあたりまえかもしれないけれど、これは秋の風だ。

 この北海道のさわやかな風を味わっていただきたいのは山々だが、いまは用事もないのに旅行すべき時期ではないと思う。ぼくもこのところ左足が痛んでろくに散歩もできないからどこか湯治にでも行きたいし、いずれ上方見物にも出かけたいところだが、ここは辛抱のしどころである。Go to 利権キャンペーンなどにつられてはなるまい。

| | Comments (4)

July 25, 2020

Daily Oregraph: ミヤマニガウリ 2020年

200725_01
 数年前から観察している南大通のミヤマニガウリをチェックしたところ……今年はいやに数が少ないようだ。どうも草刈りをしたせいらしい。

 なんでも刈ればいいというものではないのだ。責任者出てこい! といいたいところだが、ミヤマニガウリに注目するような物好きは、まず千人に一人いるかどうかだろうから(笑)、文句をいってもしかたがない。でもね、これ以上余計な草刈りをしないでほしいものである。

200725_02
 もっとも、まだ開花していないし、去年も結局は大群落に生長したので、これからに期待しよう。

200725_03
 さて本日は思わぬ発見もあった。まだ花が咲きそろっていないから断定はできないけれど、これはエゾミゾハギだろうと思う。花の色はピンクに写っているが、実際はもっと鮮やかな赤である。今年はこいつも引き続き観察することにした。

 背後にミヤマニガウリの葉が見えることに気づいたあなたはきわめて優秀であって、ともに風雅を語るべきもの也。

| | Comments (0)

July 13, 2020

Daily Oregraph: 裏庭画報 食えないサクランボ

 本日も昨日に引きつづき草むしりをしたが、目に見える効果がない。衆寡敵せずを絵に描いたようなもので、ほとんど徒労である。

200713_01
 エゾヤマザクラの葉の間にところどころ赤いものが見える。サクランボだ。しかしこいつは無毒だとは思うが、食用には適さないはずだ(試してみる勇気がない……(笑))。

 たとえ食えなくとも、実がなるのはうれしいものだ。空しい草むしりをしたあとだけに、大変豊かな気分になれるのである。

| | Comments (0)

July 12, 2020

Daily Oregraph: 裏庭画報 ギョウジャニンニクとエゾノシモツケソウ

200711_05
 昨日撮影したギョウジャニンニク。花が落ちた姿はちょっと異様である。先端の「ふくれた3部分」は「さく果」なのだが、善良なる市民にはわかりかねるから、広辞苑(第4版)のお世話になると、

 乾果の一。複子房の発達した果実で、熟すと縦裂して種子を散布する。

 熟すると中から種が出てくるらしいのだが、その頃には他の雑草に埋もれてしまうので、まずみつけられないだろう。そこで解剖してみると、

200711_06
まだみずみずしく、プーンと独特の匂いが立ちのぼってきた。なるほどやがて種になりそうである。もしその頃に見つけられたら記録するつもりだが、むずかしいだろうなあ。

200712_01
 さてこちらは本日撮ったエゾノシモツケソウ。開花したことはわかるけれど、花が細かすぎてどうなっているのかよくわからない。鯛のそぼろ(でんぶ)のようにも見えるのだが、少し接近すると、

200712_02
こんな具合である。ルーペを使ってまで観察する物好きなどめったにいないのに、ずいぶん手の込んだ細工をするものだ……と、たまには sense of wonder を味わうのもオツなものであります。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧