May 25, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 反省のグースベリ

180525_01_2


 一昨年枝を一本切って別の場所に植えたグールベリは完全に根づいたようで、今年はたくさん葉をつけた。

 去年は二粒しか実がならなかったけれど、今年はどうかな? 反省点としては、ここが日当りの悪い場所であること。しかも夏にはシャクが育って、さらに日が当たらなくなる。 

 なんの考えもなく植えるのでは百姓失格である。いくつになっても人は失敗から学ばねばならないようだ。

 そこで本日朝日新聞デジタルの記事の見出しから反省のネタを拾ってみた。

 鈴木長官が日大側聴取へ「監督に責任、ビシッと伝える」

 -いいねえ。ついでに「首相に責任、ビシッと伝え」てね。


 石破氏「アメフトの日大の対応、してはいけない標本」

 -そうだよね、「モリカケの自民党の対応、してはいけない標本」と、みんな思っている。

 すでに多くの人が指摘しているように、「日大」を「自民党」に、「内田監督」を「安倍首相」に、「学生」を「国民」に入れ替えても、ほとんどすべての文章が成立するのだから、この国は上から下までどうなっているんだろうと、つくづく悲しくなってくる。

 しかし縁あって日本に生を受けたのだから、簡単にこの国をあきらめてしまうわけにはいかない。日大の関係者のみなさんや学生諸君も、大学に対して同じ思いをされているにちがいない。

 今回の事件を非難するあまり、日大の存在そのものを否定しようとする乱暴な人々も中にはいるようだし、相手が一私大だからだろうか、日頃の政権への忖度ぶりを忘れて、マスコミもいいたい放題のように見えるのは気のせいだろうか。

 むしろアメフト事件を契機に理事会の体制を一新して、伝統ある大学の改革を進めるよう、心ある日大関係者を応援したいとぼくは思う。モリカケ事件と国政の関係も同じだろう。

 グースベリの生命力のおかげで(?)、めずらしくマジメなことを考えてしまったようだ。

| | Comments (2)

May 17, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 チシマザクラ

180517_01
 今にも降り出しそうな空模様だが、せっかく咲いているのだから、チシマザクラを一枚。エゾヤマザクラよりやや色白の美人である。

180517_02
 オオバナノエンレイソウとニリンソウも仲よく咲いている。

 ちょっとした自然公園だと思えば、金はなくてもリッチな気分になれる(笑)。ありがたや、ありがたや。

| | Comments (0)

May 14, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 エゾヤマザクラ咲く

180514_01
 日帰りで十勝港へ出張。本日の船上セキュリティ・チェックポイントである。

 十勝はやはり季節が一歩先を行っている。途中の景色を見ると、釧路よりも断然緑が濃いのである。

 くやしい思いをして帰宅し、裏庭へ回ってみると……

180514_02
エゾヤマザクラが部分的ながら開花していた。見ごろはまだまだ先だけれど、一応開花宣言してもいいだろう。

 めでたし、めでたし。

| | Comments (0)

May 11, 2018

Daily Oregraph: フキ伸びるころ

180508_11
 線路脇のフキがぐんぐん成長している。

 裏の畑ではコマツナ、水菜、チンゲンサイ、白カブがすべて発芽した。しかしサクラはまだ開花していない。

 金はあるけど(笑)教養のない下品な政治家どもの姿をテレビで見るにつけ、この国が情けなくなってくるから、せめて花見をして憂さ晴らししたいところだが、この土日には咲くだろうか?

| | Comments (0)

May 08, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 白い花ふたつ

180508_01
 ニリンソウ。

180508_02
 オオバナノエンレイソウ。

 白い花ふたつ、今年も咲いてくれたからには挨拶をかねて、年代物の重い一眼レフで撮る。サクラよりうれしいかもしれない。

| | Comments (2)

May 04, 2018

Daily Oregraph: 桜情報

180504_01
 やっと咲く準備を始めたらしいエゾヤマザクラ。わが家のサクラは日本一開花が遅いから、あと十日くらいかかるだろうか?

 この木はかなりの高齢のせいか、木肌も荒れ、ここ数年花の勢いが衰えつつある。恒星にだって寿命はあるのだから、桜の木がいずれ死を迎えるのはしかたのないことだけれど、少なくともぼくよりは長生きしてほしいものだ。

 開花したら景気よくシャンパンで祝いたいところだが、スタグフレーションの世の中ゆえ、つつましく(笑)キリンレモンで乾杯しようと思っている。 

| | Comments (0)

April 29, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 カタクリ

180429_01
 今年もカタクリの花が律儀に咲いてくれた。去年は一輪だけだったが、今年はもう一輪。

 花・葉・鱗茎ともに食用になるらしいが、たった二輪では試食するわけにもいかない。根絶やしにしたくないから、カタクリの付近では草むしりもしないのである。

180429_02
 知人の崖のフキノトウは半分以上がフキに出世した。

 夕方の風はまだ少しひんやりとするのだが、季節は着実に変りつつある。人もまた確実に老化していく(笑)。

| | Comments (2)

April 23, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 咲いたぞ

180423_01
 咲いた、咲いた、いっぺんに咲いた。エゾエンゴサクとウラホロイチゲである。

 畑に鍬を入れた直後だったから、手がブルブルと震えて(笑)、かなりの高速シャッターなのに、なかなかうまく撮れなかった(なにしろ VSO のデジタル一眼だから、手ぶれ防止機能がないのである)。

180423_02
 これはキバナノアマナ。

180423_03
 こちらはギョウジャニンニク(だと思う)。

 まだまだ枯草が優勢だけれど、いっぺんににぎやかになったのはうれしいことだ。

 さあて、明日あたり石灰でもまくとするか。

| | Comments (0)

April 12, 2018

Daily Oregraph: なんでやねん

180411_botan
 大阪通信員の花だよりは牡丹である。

 どれどれと歳時記を開いてみると、

  
五月上旬ごろ梢上に極めて大形の美麗な花を開く。

                 (角川書店編 俳句歳時記)


 おいおい、まだ四月半ばにもなっていないじゃないか。

 俳句の世界では立夏(五月六日ころ)からが夏である。釧路人の感覚からすれば、それ自体気が早すぎるというのに、いまから夏の花が咲いてどうするんだ(笑)。

 まさに、なんでやねん。

| | Comments (4)

March 31, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 フクジュソウ

180331_01
 今年は咲くのがちょっと遅かったように思う。フキノトウよりもずっと華やかで、春らしい気分にさせてくれる。

 しかしまだまだあたりは枯草だらけ。緑もないわけじゃないんだけど……

180331_02
こいつじゃしょうがない。

 笹は利権政治家なみにしぶとい厄介ものである。悪が栄える代表例じゃないかと思う。

 目ざわりだから大きなゴミ袋にひとつ始末したのだが、これで全体の三割程度だろうか。あとは足場が悪くて手が届かない。根はそっくり残っているから、ふたたび猛威をふるうにちがいない。

 なんにせよ、フクジュソウは花の季節の到来を告げる花だから、まずはめでたい。昼間から一杯やりたい気分である。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たべもの | アルコール | カメラ | 京都 | 写真 | 北海道 | 文学 | 昆虫 | 植物 | 歴史 | 石炭 | 紀行 | | 釧路 | 雑記 | 音楽 |