September 13, 2018

Daily Oregraph: カモメに注意

180913_01

 たしかにプロペラにはちがいないのだが、どうしてもカモメに見える。思いこみとは恐ろしいもので、何度見直してもカモメである。

 昨夜船の回りを飛んでいたカモメが、ちょうどこんなふうに見えた。暗い水面に照明を浴びて舞うカモメは、まさに黒地に白。

 プロペラがカモメに見えるおいらを、


   かもめ かもめ 笑っておくれ

という、浅川マキの歌を思い出してしまった……ただそれだけの話である。

| | Comments (0)

September 12, 2018

Daily Oregraph: 西港好天

180912_01

 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。ちょっとわかりにくいけれど、真ん中の黄ヘルのお兄さんのいる場所である。

 なに、わからん? そういう鈍いあなたのために……

180912_02
 黄ヘルにだって伊達男はいるものだ(今どきの若者には絶対に通じないであろうギャグである(笑))。ちなみにぼくの仕事用ヘルメットは白ヘル。

 左側に見える青い棚がデスク代り。ハンドレールに取りつけた、ごく簡素なものである。

 上天気であったが、夕方から少し肌寒くなってきた。冬はそう遠くはない……

| | Comments (0)

August 29, 2018

Daily Oregraph: デッキでボンヤリ

180829_01

 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。

 ネタのないときはこれにかぎるのだが、そうそういつも撮れるものではないところが悩みの種である。

180829_02
 乗組員がバラストタンクを計測中であった。手慣れた仕事だけに、歌舞伎のように型がピタリと決まっている。

 本日の最高気温わずかに17.7度。しかし湿度がやや高めで、風が弱かったため、思いのほか生暖かい感じである。そのせいか、どうも頭がボンヤリする。

 この気温にして頭脳がまともに働かないのだから(笑)、連日30度を越す猛暑の中で、人はどうして正気を保てるのだろうか?

| | Comments (4)

July 02, 2018

Daily Oregraph: 霧中走行

180702_01

 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。

 小型船だから、セキュリティ・チェックポイントとはいっても、左側に見える小さいデスクだけ。担当者はスマホに夢中である。

 対岸が見えないことからもわかるとおり霧が深い。今日はその濃霧の中を十勝港まで往復。運転に神経を使うから、ちょいと疲れた。

| | Comments (0)

June 23, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 6月23日

180623_01

 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。

 う~む、今日は役者がそろいすぎたようだ…… カメラを構えるのが遅すぎたな。われながら未熟なり。

180623_02
 本日のランチ。ビューティフルである。こういうコックさんがいれば、乗組員もハッピーにちがいない。

180623_03
 夕食はこちら。ランチよりもやや質素だが、味は上々である。

 ライスの隣は鶏の唐揚げ。右側の料理はツナ缶をアレンジしたもののようであった。見た目は今ひとつだが、こいつをライスにかけて食べると……うまい! パラパラ飯との相性抜群。コックさん、いいセンスをしている。

 まあ、たまにはこういういいこともある。どうもありがとう。

| | Comments (0)

June 22, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 6月22日

180622_01

 ひさしぶりのメスルーム(messroom = 飯ルーム)。船の夕食は早い。まだ17時である。

180622_02

 本日はポークと(たぶん)チンゲンサイ。

 本船のコックさんは腕がいい。野菜にかかったソースはなかなか美味。ポークは上品な塩味だったので、キッコーマンをかけていただいた。ごちそうさま。

 う~む、たべものの話は万人向けだし、今回はこの手でいこうかな(笑)。

| | Comments (0)

June 14, 2018

Daily Oregraph: デッキでスマホ

180614_01

 いつの間にかそんな時代になった。一昔前には想像もできなかったけれど……

180614_02
 さて昨日ご紹介した不思議な物体だが……

 -これ、ラット・ガードかい?

 -(なぜそんなことを聞くのかという顔で)もちろん。

 -だってこのタイプは初めて見たからさ。ふつうは丸いじゃないか。

 -自分たちで作ったんだよ。

 なるほどあり合わせの鉄板を加工した自作品であったか。

 -これだとネズミが通り抜けるんじゃないか?

 -いや、それはだいじょうぶ。

 その点にはやや疑問が残るけれど、本日見たらバリエーションが登場していたから、モダンアート作品のつもりでご鑑賞いただきたい。

| | Comments (0)

June 13, 2018

Daily Oregraph: アルプスの船

 今朝は寒かった。あまりの寒さに、車の中から防寒着を引っぱり出して着用したほどである。

180613_01_2
 翩翻とひるがえるスイス国旗。

 船籍港はバーゼルだから、むりやりライン川を上って帰らなくてはいけない(ライン川がいかに大河とはいえ、本船のサイズでは不可能であろう)。

180613_02
 謎の船にふさわしい謎の物体。

 不思議なかたちのラット・ガードだなあ、と思って見ていたのだが、だんだん疑問が湧いてきた。たしかに通常の円形のものよりも外れにくい構造だけれど、これだとネズミがすり抜けてしまいそうな気がするのである。

 こういうのは初めて目にしたから、明日にでも聞いてみよう……(笑)

| | Comments (0)

June 11, 2018

Daily Oregraph: これが仕事?

180611_01_2

 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。担当者は実にマジメそうな青年であった。

 最近は忘れたころに仕事が回ってくるので、気持の切替えに時間がかかる。たるんでいるせいか、体も(物理的に)重い。

 しかし船上セキュリティ・チェックポイントは必ず撮る。このときばかりは電光石火の早業だから、自分でもなにが本業なのかわからなくなってきた(笑)。

 明日は雨の予報。待機になるかもしれない。

| | Comments (0)

May 14, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 エゾヤマザクラ咲く

180514_01
 日帰りで十勝港へ出張。本日の船上セキュリティ・チェックポイントである。

 十勝はやはり季節が一歩先を行っている。途中の景色を見ると、釧路よりも断然緑が濃いのである。

 くやしい思いをして帰宅し、裏庭へ回ってみると……

180514_02
エゾヤマザクラが部分的ながら開花していた。見ごろはまだまだ先だけれど、一応開花宣言してもいいだろう。

 めでたし、めでたし。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たべもの | アルコール | カメラ | 京都 | 写真 | 北海道 | 文学 | 昆虫 | 植物 | 歴史 | 石炭 | 紀行 | | 釧路 | 雑記 | 音楽 |