June 23, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 6月23日

180623_01

 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。

 う~む、今日は役者がそろいすぎたようだ…… カメラを構えるのが遅すぎたな。われながら未熟なり。

180623_02
 本日のランチ。ビューティフルである。こういうコックさんがいれば、乗組員もハッピーにちがいない。

180623_03
 夕食はこちら。ランチよりもやや質素だが、味は上々である。

 ライスの隣は鶏の唐揚げ。右側の料理はツナ缶をアレンジしたもののようであった。見た目は今ひとつだが、こいつをライスにかけて食べると……うまい! パラパラ飯との相性抜群。コックさん、いいセンスをしている。

 まあ、たまにはこういういいこともある。どうもありがとう。

| | Comments (0)

June 22, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 6月22日

180622_01

 ひさしぶりのメスルーム(messroom = 飯ルーム)。船の夕食は早い。まだ17時である。

180622_02

 本日はポークと(たぶん)チンゲンサイ。

 本船のコックさんは腕がいい。野菜にかかったソースはなかなか美味。ポークは上品な塩味だったので、キッコーマンをかけていただいた。ごちそうさま。

 う~む、たべものの話は万人向けだし、今回はこの手でいこうかな(笑)。

| | Comments (0)

June 21, 2018

Daily Oregraph: 裏庭画報 チンゲンサイと雑草と

180621_01_3

 はじめてのチンゲンサイ。低温つづきであることを考えれば、まずまずの出来だろうか。

 小松菜に比べると、極端に虫食いの穴が少ない。ありがたいといえばありがたいけれど、虫の分際でえり好みするとはけしからんじゃないか。

 今日も小雨模様で寒いけれど、そんなことにはお構いなしに雑草がのさばっている。なにしろ反知性主義植物なものだから、まるで聞き分けがない(笑)。取っても取っても取りきれないのだ。

 バカでもなんでも、敵は兵力において圧倒的に優勢である。おのれ、いまに見ておれ、といいたいところだけれど、一向に有効な作戦が思い浮かばない。う~む……

| | Comments (4)

April 28, 2018

Daily Oregraph: ラーメン日和

180428_01
 ネタのないときには食い物の話題にかぎる……というわけで、近所にある評判のいいラーメン屋さんへ初めて入ってみた。

 正午少し前、客の入りは三分の二ほどだったが、やがて若い労働者諸君がドヤドヤと入ってきて満員御礼となった。うわさに聞いていたとおり人気があるらしい。

 注文したのが野菜ラーメンだったからか、サヤエンドウが浮かんでいるのは珍しい。サヤエンドウ入りのラーメンは、今は昔東京で一度お目にかかったきりである。

 チャーシューではなくブタのバラ肉入りなのは、釧路のあちこちで見られる家庭ラーメン風だが、これ案外うまいからおすすめ。

 スープの味つけも伝統の釧路風でサッパリしている。えらそうな能書きをたれて凝りすぎのスープでないところがいい。

 ラーメンはこれでいいんだよといえば、ちょいと孤独のグルメ風だけれど、ほんと、これでいい。安心の味である。

 風はまだ少し冷たい。ラーメンを食うぶんにはいいのだが、昨日野菜の種をまいたのは少し早すぎたかもしれない。

| | Comments (0)

March 22, 2018

Daily Oregraph: カシワにしとこう

180322_02
 -おや、親分、いらっしゃい。モリですかい?

 -いや、カシワにしてくれねえか。

 -へえ、夏冬かまわずモリばかりの親分にしちゃめずらしいですね。

 -うむ、今日はうすら寒いしな、なんだかあったけえものが食いてえのさ。それにな……

 するとそこへお供の八五郎が割り込んで、

 -わかっておりやす。時節柄モリとカケは遠慮してえというわけで……

 -ハハハ、八にしちゃあ察しがいいじゃねえか。おめえも好きなものを注文するがいい。

 -ヘヘ、そいつはかたじけないね。親分のおごりなら……親爺さん、海老天を頼まあ。

 -へえ、合点。いつもはカケ専門の八五郎さんも出世したもんだ。補助金があるてえと強気だね。

 -ちえっ、余計なこというない。

 無駄話をしているうちに、熱々のソバが出来上がります。歌の文句にもありますように、ソバを啜る人の群れはだれも無口で、ただズルズルという音だけが聞こえてくるのでした。

 -ああ、うまかった。八、おめえは若いから一杯じゃ足りねえだろう。なにか頼みな。

 -おっと、そりゃありがてえ。ところで、親分はこのところ食が細いですね。

 -ああ、おれも年を取ったものよ。十年前なら、とてもこれっぱかりじゃ足りなかったんだが……

 おれもお迎えが近いのか……親分はふっと淋しい笑いを浮かべるのでした。窓の外を見ると、どんより曇った空からはいまにも雪が降り出しそうな気配でございます。

| | Comments (2)

March 15, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 3月15日

180315_01
 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。

180315_02
 最近体重がなかなか減らないので食事を控えめにしているのだが、たまにはよかろうと食堂に入り、広尾町名物(?)の麩入りラーメンを注文した。

 わかりにくいかもしれないけれど、海苔の右手にある丸いのが麩。麩入りのラーメンは釧路ではめったに見かけない。

180315_03
 ……それでやめておけばよいものを、チャーハンとのセットにしたら、量の多いことといったら! これまでの苦労が水の泡となってしまった。

 失恋した女性が大食いするのは同情を誘うけれど、ジジイの大食いはみっともない。まことに遺憾である。

| | Comments (0)

January 09, 2018

Daily Oregraph: 鍋焼きうどんはいかが

180109_01
 御得稲荷さんのご利益であろうか、雪は降らず雨になった。ありがたや! 雪かきを覚悟していたから、大いに助かった。

 しかし路面が濡れると、日中はともかく朝晩はひどく滑り、アイススケート・リンクのようになるので要注意だ。

180109_02
 本日のランチ。たまには変ったものをと思ったのだが、外食で鍋焼きうどんを注文するのはめったにないことだ。

 予想どおり、関東文化圏のうどんであった。これはこれでうまいけれど、やはりうどんは関西にかぎる、とあらためて思った。関西圏といっても、人の好みはさまざまだろうが、個人的には京都のうどんが断然気に入っており、半世紀近くも昔に食べた鍋焼きうどんの味はいまだに忘れられない。

 関西風であれ関東風であれ、いまの季節、これほど体の温まるたべものはざらにはあるまいと思う。体がポカポカして、土鍋になったような気分である。

 しかも……同席の方が勘定を払ってくださったのだから、ますます懐が温かい(笑)。さっそくお稲荷さんのご利益にあずかり、お賽銭の元を取ったわけだが、さてこの幸運はいつまでつづくだろうか? 

| | Comments (4)

January 01, 2018

Daily Oregraph: 今年も二切れ

180101_01
 お互いめでたく新年を迎えることができてなにより。なにがめでたいかというと、お年玉をもらえなくなったいま、やはりこれだなあ。

 今年も雑煮の餅は二切れ。何年か前までは三切れであった。いずれ一切れしか食えぬときがやってくるのかもしれない。

   めでたきは餅二切れの雑煮かな   薄氷堂

 本年もどうかよろしくおつきあいのほど。

| | Comments (4)

October 19, 2017

Daily Oregraph: 夕日と競争

171019_01
 今日の散歩は予定より遅れて16時15分に出発。またしても夕日を追いかけることになった。このところすっかり夕日シリーズになってしまったようだ。

 まぶしくてすぐには気づかなかったが、人がいたのでびっくりした。とにかくこのコースで人を見かけることはめったにないのである。

171019_02
 その約3分後。まさにつるべ落とし、恐ろしいスピードで沈んでいく。

171019_03
 さらに3分後。落語の「死神」の最後、命の蠟燭が消えゆく場面を思い出す。

 ほうら、消えるよ……消えるよ。

171019_04
 主人公が死んでしまうのは縁起が悪いから(笑)、おまけの一枚。本日の昼食である。

 くしろ-OBさんご贔屓の某店の塩ラーメン。どうです、食べたくなったでしょう。

| | Comments (4)

October 07, 2017

Daily Oregraph: 落花生

171007_01
 相模原のAさんが、畑で採れ立ての落花生を送ってくださった。プーンと土の匂いがする。

 塩茹でにして食べるんだというから、フニャフニャの豆がうまいものかどうか、半信半疑で試してみたら……うまい! はじめて味わったが、カリカリのバターピーナッツとはまた別のうまさである。

 「柔らかいから歯の悪い人でも食べられるよ」というお言葉どおり、これなら爺さん婆さんでもいける。酒のつまみにもなる(笑)。

 落花生は秋の季語なので、駄句をひとつ。

   曇天やもぐもぐと食ふ落花生  薄氷堂

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たべもの | アルコール | カメラ | 京都 | 写真 | 北海道 | 文学 | 昆虫 | 植物 | 歴史 | 石炭 | 紀行 | | 釧路 | 雑記 | 音楽 |