November 18, 2018

Daily Oregraph: ツルウメモドキ

181118_01


 ツルウメモドキはいまの時期には貴重な彩りである。

  さてこういう「もどき」ならいいのだが、いいかげんな「歴史書もどき」は困る。

  ヒストリーの語源はストーリーです。これは「私たちの物語」なのです。  百田尚樹

  『日本国紀』なる本の著者百田尚樹氏はこうおっしゃるのだが、これ、すでに指摘されているように、辞書の語源欄を確かめればすぐにわかる、とんでもないまちがいだから信じてはいけない(たまには自分で辞書を引いてね)。万一純真なる若者が鵜呑みにしたら大恥をかくから、老婆心ながら申し上げておく。

 これではまるで読む値打ちのない駄本だと自ら宣伝しているようなものだが、たぶん彼は「これは私のこしらえた物語だけど、ストーリーはヒストリーに通じるんだから、通史を名乗ってもいいのだ」というトンデモ解釈を展開しているのだろう。

 もっとも問題なのは、こんな本でもありがたがる連中がいることだ。「読んでから批判しろ」というもっともらしいことをいう人もいようが、人生金と時間には限りがあるのだから(笑)、どちらもうっかりドブに捨ててはなるまい。

 いまぼくの読んでいる A. J. P. テイラーの『英国史 1914-1945年』は、一般向けの本だけれど、参考文献とその解説だけになんと39頁も割いている。生半可な勉強では読者をうならせる歴史書など書けるわけがないのである。

 いったいどれほどの学問があって百田氏は日本通史を手がけたのか。いい度胸をしているところだけはほめてあげたい。

| | Comments (2)

November 15, 2018

Daily Oregraph: 厚内神社

181115_01

 今朝は時間に余裕があったので、釧路へ戻る途中で厚内神社に立ち寄った。いつもは横目に見て通過してしまうのである。

 由来書きが見あたらぬから、なんという神様を祭っているのかは不明。しかし平和の神様であろうと勝手に判断し、わずかばかりのお賽銭を投じて世界平和を祈ってきた。

 もし平和が実現すれば、厚内神社が世界遺産に登録されることまちがいなし。となれば、当然ノーベル平和賞はぼくのものである。

181115_02
 この場所がガイドブックに載るとは考えにくいので、付近の写真を記録しておこう。

 神社のすぐ前にあるのが、厚内川にかかる厚内橋である。橋を渡ってまっすぐ進むと、JRの厚内駅に突きあたる。

 画面右手、つまり広尾方向から来ると、恐ろしい急カーブを曲がって橋に突入することになる。

181115_03
 厚内橋上から下流をながめたところ。ここからまもなく川は海に注ぐので、川面にはカモメが浮かんでいる。連中はふだん厚内漁港で魚のおこぼれをねらっているのだろう。

 下流に見えるもう一つの橋は近年になって出来たものである。それまで広尾へ向うには厚内駅前から折れて厚内橋を通ったのだが、現在は駅前を経由しなくとも、まっすぐ新しい橋を渡ればいいから、ずいぶん便利になった。

 それなのにわざわざ旧道を通るには理由がある。行きも帰りも厚内駅前の清潔な公衆トイレをお借りするのが、ぼくの習慣になっているのだ。コンビニのない田舎道をドライブするときは、公衆トイレの場所を把握しておくことが重要。

 つまり厚内はぼくにとって大変ありがたい場所のひとつなのである。

| | Comments (2)

November 14, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 11月14日

181114_01

 サングラスをしたカッコいいお兄さんが何をしているのかと思って近づいてみると、せっせとシャックルにグリースを塗っているのであった。

 なんとなく侍の内職みたいだけれど、地道に生きるというのはこういうことだ。ふだんはコツコツと地味な仕事に励んで、油やペンキまみれになる。しかし週末ともなれば、こざっぱりした服に着替えてサタデイナイトフィーバー(ちょっと古いか……)、女の子に大もて、というのも青年らしくていいと思う。

 ぼくだって作業服にべったりグリースが付着することもあるんだけど、悲しいかな、土曜日になっても、ジジイがもてることはありえない。若さを失ったからしょうがないんだよ。

 青年よ、めげずにコツコツやってくれ。金はなくても若さがあるぞ。そして金に魂を売り渡した新自由主義者どもをぶっとばせ(笑)。

| | Comments (0)

November 13, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 11月13日

181113_01_2

 空も海も十勝ブルーの上天気。しかし夕方になるとぐっと冷えこんできたので、初めて防寒着を着用した。

181113_02_2
 今日もみんなマジメに働いている。

181113_03
 ぼくもけっしてサボっていたわけではないが……艙内でこんなふしぎな光景を目にして、思わずシャッターを切った。

 もちろん外板に穴が開いているわけではないし、心霊写真でもない(笑)。久々の偶然芸術である。

| | Comments (0)

November 12, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 11月12日

181112_01

 厚内海岸の朝焼け。

 この種の写真を撮る趣味はないけれど(第一そのために早起きする根性がない……(笑))、たまたま通りかかったのである。心なき身にも、鮮やかなものだと素直に感じられる景色であった。
 181112_02

 本日の船上セキュリティチェックポイント。そろそろマンネリだから、裏側からレンズを向けてみた。

 少々疲れたので今日はこれにて。

| | Comments (0)

November 07, 2018

Daily Oregraph: 落葉の街

181107_01

 うすら寒い一日であった。橋の上に立つおねえさんも寒かろう。

181107_02

 飲屋街の紅葉見物もちょいとオツなものである。

 しかしぼくみたいな風流人(?)はごく少数派とみえて、通りにはとんと人影が見あたらない。昼間から顔を赤くしたおっさんたちが立飲み屋にたむろしている大阪あたりとはえらいちがいである。

 道路のあちこちには落葉が降り積もり、

181107_03
ここでは二人のおばさまがそいつを掃き集めていた。客商売だから店先をきれいにしているのだろうが、まことにご苦労さまである。

 そういえば、わが裏庭ももう一度落葉拾いをしなくては……

| | Comments (2)

November 04, 2018

Daily Oregraph: 定例散歩 11月4日

181104_01

 快晴。海がギラギラまぶしく光っている。太陽の威力恐るべし。

 ポカポカと暖かく、絶好の散歩日和である。

181104_02

 知人の浜に打ち寄せられた昆布。いまでは船を出して昆布漁をする光景は見られないけれど、近所の漁師さんたちが拾い集めて、

181104_03

使われていない線路上に干している。自家消費用なのだろう。これは大根とちがって、年中見られる景色である。

 ぼくも散歩のついでに昆布拾いをしたいところだが、残念、それは御法度である。漁業権がないからだ。みなさまもご注意あれ。

 気持のいい散歩であったが、さすがに毎度同じコースでは飽きてしまう。そろそろ大都会のゴチャゴチャした路地裏が恋しくなってきたところだ。いまの時期なら関西あたりがいいだろうなあ。

| | Comments (2)

November 01, 2018

Daily Oregraph: 大根干したり

181101_01

 十一月の空と海。まずまずの天気で、さほど寒くはない。

181101_02

 春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしたり天の香具山というのは、やはり名歌だと思う。たいへん詠みぶりが素直だし、さわやかでモダンな感じがする。とても大昔の歌とは思えない。

 さてわが釧路では、いまの時期どこの家でも大根を干す……というのは実は半世紀以上昔の話で、最近ではめったに見かけぬ光景なのである。

 干してシワシワになった大根は、やがて沢庵になるのだが、ぼくはタクアンが大の苦手ときている(笑)。日本人のくせにタクアンぎらいということは、子どものころから少数派の悲哀を味わってきたということだ。

 しかし大根を干しているところを見るのはなつかしくて心惹かれる。冬の接近をやんわりと感じさせるところがいい。

| | Comments (2)

October 31, 2018

Daily Oregraph: 相生坂紅葉異聞

181030_01

 相生坂下のあるお宅の庭先にて。本日はシャッターを切らなかったので、昨日撮った一枚である。

 真っ赤な紅葉もいいけれど、こういうのも流れやリズムが感じられておもしろい。着物の柄にしてもいいんじゃないだろうか。

 どういう人物にお似合いかというと、まずは旗本退屈男(笑)が思い浮かぶ。殺しのライセンスともいうべき天下御免の向う傷にものをいわせ、掟破りの住居侵入などお茶の子さいさい、大根を切るようにスパスパ人を斬るのである。

 結局はお上の手先だから、反体制派がこの手の人物ににらまれれば悲劇にちがいない。しかし彼の刃が向けられるのは、たいてい体制内の腐敗官僚であるところがミソである。つまり消費税に苦しむその日暮らしの町民に鬱積する不満のガス抜き役というわけだ。

 バッタバッタと悪人ばらを切り倒すたびに、着物の赤と黄のモミジが夜の庭に妖しく舞って、なるほど美的殺人というのがあるとすればこれであろう。悪徳商人と結託して私利をむさぼる高級官僚どもが、醜い顔をゆがませてバッタリ地べたに倒れるんだからたまらない。

 退屈男が江戸の町をぶらりと歩けば、「あ、お殿様だ。退屈のお殿様だ!」とえらい人気である。当然女にももてる(笑)。

 -まあ、お殿様、お着物に血が……

と、イキな巾着切りのお姐さんが駆け寄ってくるのである。実にうらやましい……

 -おい、薄氷堂、おめえバカじゃねえか。

 -はて、バカとは聞き捨てならぬ。わけをいいなさい、わけを。

 -だっておめえ、いまどき旗本退屈男なんて知っているのは、ジジイとババアだけじゃねえか。そういうのを学のある人は時代錯誤っていうんだ。覚えとけ。

 う~む、なるほど、知るわけないよなあ。桃太郎侍の親戚だといえばわかってもらえるだろうか?

 いや、どうも話があらぬ方向へそれてしまったようだ。今宵はこれにて失礼。

| | Comments (4)

October 28, 2018

Daily Oregraph: 定例散歩 10月28日

181028_01

 風はさほど強くないが、海は荒れていた。

181028_02

 もっとも波しぶきをかぶりやすいのはこのあたりだ。ボーッとして海側を歩いていると、体が濡れてしまう。

181028_03
 まだ16時21分なのに、間もなく日没である。おのれの運命を見せられているようで(笑)、実にいやな感じだ。

 そろそろ夕方の散歩の時間を早めなくてはいけない。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧