September 19, 2017

Daily Oregraph: 強風に耐えて

170919_01
 台風は過ぎたけれど、波はすぐにはおさまらない。

 二階の窓を開けると、海からザーという大きな音が聞こえる。ザーッではなく、正確にいうと、ザーとも少しちがう。「ザ」が間を置かず連続して鳴りつづけるのである。

 そこで海を見に行った。ザがザの自乗くらいの音で迫ってくる。

170919_02
 ここは波が荒いとよくしぶきの飛んでくる場所だが、さすがは台風、線路、枕木、砂利がグッショリと濡れていた。顔にも波しぶきの当たるのがわかる。

170919_03
 知人の浜には、カモメどもも海を見物に来ていた。ウソではない。みんな海を見ている(笑)。

170919_04
 さて昨日から気になっていたのがこの廃屋である。よくあの強風に耐えたものだと感心するが、少し傾きが増したように見えるのは、けっして気のせいではないだろう。

 この廃屋を見てあらためて思ったけれど、あちこちに何百年も前の古い建物がよくも無事に残っているものだ。

170802_kamakura
 これはたまたま昨日くしろ-OBさんが送ってくださった、鎌倉の円覚寺舎利殿の写真。

 知人の廃屋と国宝をくらべるのは失礼千万な話だけれど(笑)、どっちのほうが古く見えるだろうか? たぶんたびたび人の手は入っているのだろうが、よくまあ長年の風雪に耐えたものである。吟味された材料と、たしかな建築技術のたまものであろう。

 ぼくも台風におびえずにすむ、国宝級の頑丈な建物に住みたいものだ。

| | Comments (4)

September 18, 2017

Daily Oregraph: 台風18号・旧弥生中 9月17日

 本日は記事がふたつ……快挙である(笑)。まずは最初のニュースから。

170918_01
 本日の最高気温 21.0度。瞬間最大風速 35.0メートル。

 台風が暖かい空気と強風を連れて北海道を通過した。風速 35.0メートルというのは、浦河の 35.7メートルに次ぐ数字である。

 昼過ぎまであばら家はぐらぐら揺れ、激しい雨が窓を叩きつけていたが、やがて風は少し弱まり、嘘のように空は晴れ渡った。

 もう外へ出ても大丈夫と判断し、心配していたボロボロの板塀を確認しに裏庭へ行ってみると……ありがたや、無事であった。家の壁には、風にちぎれて飛ばされた木の葉の破片がたくさんへばりついている。

 シャクの枯れた茎がすべてなぎ倒され(写真)、例のベニイタドリも相当のダメージを受けていた。ナナカマドの枝は依然として大きく揺れていたが、赤い実はまだ半分ほど残っている。

 ピークは過ぎたといってもまだ風は強いから、本日は散歩を断念。

 次は昨日(17日)に撮影した旧弥生中学校解体工事の様子である。

170917_06
 休日なのでゲートが閉まっている。もちろん不法侵入はできないから、塀の上に手を伸ばして撮影することにした。

170917_07
 工事はかなり進んだようである。さらに元の姿を想像しにくくなった。

 続報を待たれよ。

| | Comments (0)

September 16, 2017

Daily Oregraph: 入るな

190916_01
 「入るな」といわれれば入りたくなるのが人情だ。しかしどこぞの頭のおかしい男がぶっぱなすミサイルの真似をして、ホールドの中に無断で侵入するのは厳禁である。

 無断で中へ入ったはいいが、艙内が無人だと誤解されて、出入口を閉鎖される恐れがある。水密性を保つためにがっちりカバーを固定するから、中からは絶対に開けられない。

 おまけにハッチカバーまで閉められると、中は漆黒の闇と化し、懐中電灯の用意がなければ、まったく身動きが取れなくなる。大声で叫んだって、とても外には聞こえやしない。

 もちろんただちに生命の危険に陥ることは少ないけれど、一種の早すぎた埋葬みたいなもので、あなたが洞穴マニアでもなければ、最高の恐怖を味わうはめになるだろう。

 つまり自分の身を守るためにも、警告を無視してはいけないのである。

190916_02
 ……という予備知識を仕入れておくと、暗がりの中へ射し込む日の光にいっそうのありがたみを感じるであろう。

 ああ、生きててよかった(笑)。

| | Comments (2)

September 15, 2017

Daily Oregraph: セキュリティレベル

170915_01
 昨日は隠れて見えなかった船上セキュリティ・チェックポイントのデスク。しかし本日の主役はその後ろに見える椅子である。

170915_02
 手作りのデッキチェア。夏の暑いときにこれに坐って缶ビールでも飲んだら最高だろう……と思ったのだが、残念ながら坐り心地はあまりよくなかった。足の持っていき場がないのである。

 ほめてあげたかったのだが、惜しい!

170915_03
 たまには働く船乗りの姿でも……

 さて本船のセキュリティ・レベルは1。北朝鮮のミサイルが飛ぼうが飛ぶまいが1。

 あたりまえである。いつどこに着地するのかわからぬものを、どう用心してどう避難せよというのだろうか? いつもどおり飯を食い、お茶を飲んでいるしかないだろう。

 北朝鮮がけしからんという意見には、核兵器反対派としてぼくも大いに同意するが、北朝鮮がけしからんのだったら、核爆弾を何千発も所有するアメリカやロシアは千倍もけしからんというのが道理ではないか。核保有国がえらそうに北朝鮮を非難するのは、まったく筋が通らない。

 しかも日本国内にも以前から核武装論者はいる(原発をたくさん作ってきたのも、その下準備だったのだろう)。北朝鮮が核を持つのが暴挙なら、日本が持つのも暴挙といわなくては論理が一貫しないのだから、ここは短絡的に核武装論に走ってはならないところだと思う。

 思うに、核抑止力などは幻想に過ぎない。特に国土面積の狭い小国にそんなものはない。ふつうに考えたらすぐに理由はわかるはずだ。核を使ったが最後、ほんの数発報復されるだけで国は滅亡するにちがいない。

 今朝TVで台風情報を見ようとしたら、Jアラート(なんというセンスのない造語だろうか)とやらで番組が中断されたのには腹が立った。手の打ちようがないものを大騒ぎしたってはじまるまい。騒いでも騒がなくても結果が変わらないのなら、なにも大騒ぎして北朝鮮を喜ばせる必要はないだろう。TV画面の上か下にテロップを流せばすむ話ではないか。

 ミサイルを奇貨として防衛予算(利権)を増やし、ついでにモリカケ問題をごまかそうとしているのだとしたら、みっともなく情けない話だ。

| | Comments (0)

September 14, 2017

Daily Oregraph: 船客万来

170914_01
 本日の船上セキュリティ・チェックポイント。めずらしくデスクが隠れるほど商売繁盛(?)である。

 といっても豪華客船ではないから、彼らは暇と金を持てあました乗客ではなく、作業に来られたみなさん。港で働く仲間たちである。かく申すぼくも似たような粋なスタイル(全国の女性ファンにお見せしたいところである(笑))。

170914_02
 写真一枚だけというのもさびしいから、本船のデッキから見た第4埠頭の貨物船をごらんあれ。あちらでは石炭を揚荷中である。

 ぼくは筋金入りの貨物船ファンであって、豪華客船にはほとんど縁もなければ、乗る金もない。どちらを撮るかと問われたら、ためらいなく貨物船を選ぶだろう。機能美というのもたしかにあるのだ。

 諸君、貨物船に愛を。

| | Comments (2)

September 13, 2017

Daily Oregraph: 裏庭画報 エゾトリカブト

170913_01
 本日の最高気温 22.9度。

170913_02
 水菜を採りに裏庭へ行ってみると……おや、あれは?

 まさか、と思いながら近づいて確認したら、やはりエゾトリカブトであった。葉が黄色くなりかけているから、もうずいぶん前から咲いていたにちがいない。見落としていたのである。

 たいへん美しい花だけれど、猛毒である。トリカブトを用いた殺人事件があったことをご記憶の方もおいでだろう。葉に虫食いの跡があるからといって、まちがっても刺身のツマなんぞにしてはいけない。

 このほかに二株あったから、たぶん毎年咲いていたのだろう。どうして今年まで気づかなかったものか。くやしいのが半分、うれしいのが半分といったところ。

| | Comments (4)

September 12, 2017

Daily Oregraph: 雨の日のつれづれに

 予報どおり雨。本日の最高気温は 18.3度。肌寒いくらいである。

 傘をさしてまで散歩するつもりはないから、9日に撮った写真を使うことにしたい。このご時世に当社のような超零細企業が内部留保(?)を持つというのは驚くべきことである。

17090901
 完熟した裏庭のグースベリ。甘くてうまかった。しかし……予想どおり、99% は無断でもぎ取られ、残ったのはほんの数えるほどとは情けない。

 こう毎年被害に会うのはシャクにさわるから、いっそ引っこ抜いて場所を変えようかとも思うが、そんなことをしたら徒然草になんと書かれるか、おおいに心配になる(笑)。

 
されば盗人をいましめ、ひがごとをのみ罪せんよりは、世の人のうゑず、寒からぬやうに、世をばおこなはまほしきなり。(第百四十二段)

 まことにごもっともだけれど、第一にぼくは政治家じゃない。それに日本国では首相からして平気で「ひがごと」を働くというていたらくだから、いったいだれに訴えればいいのだろうか。

 第二にグースベリの実をもいだお人が貧乏に苦しんでいるとはとても思えないから、「
ふびんのわざ」というわけにはいかない。もっとも実をもがれたからといって、ぼくが困窮するわけでもないことはたしかだけれど……(笑)

17090902
 この日の散歩の途中、ペンキを塗り替えたばかりのコンクリート塀をみかけた。なんと植物の部分をそっくり残しているではないか。

 これだよ、これが心の余裕というものだ。たいていの人なら、ペンキを塗る前にむしり取ってしまうにちがいない。兼好さんならきっとご主人をほめるはずである。

 やっぱりグースベリの木は今のままにしておこう。だから悪く書かないでね。

| | Comments (2)

September 11, 2017

Daily Oregraph: ネタはなくとも

170911_01
 本日の最高気温 20.8度。しかしそれよりも低めに感じるのは秋のマジックだろうか。窓から入る風はひやりとするほど涼しい。

 ネタを探せばないわけではないけれど、あまりにもオタクなことを書いてもしょうがないから、足で探そうと夕方散歩に出た。雨が降らないかぎり、できるだけ毎日歩くことにしているのである。

 ネタはみつからなくても、うっすらと太陽は出ている。ありがたい(笑)。

170911_02
 しばらくぶりに通った路地に色とりどりのコスモスが咲いていた。色の配合がまことによろしく、ちょっと感心した。

 奥に見える建物からは、いつの間にか人の気配が消えていた。またひとつ空家が増えたらしい。

 明日の予報は一日中雨。雨がしとしと降ったら、この場所はどんなふうに見えるのだろうか…… 

| | Comments (0)

September 10, 2017

Daily Oregraph: ホテイアオイ

170910_01
 本日の最高気温 19.6度。朝のうち小雨が降ったけれど、やがて青空が出て、さわやかな一日になった。

 ネタ不足の折、どうしようかと思っていたら、

Img_20170909_132039
当社大阪無給通信員が、万博公園のホテイアオイを撮影して送ってくれた。ありがたいことである。

 毎度万博公園なのは、時間を持てあましてフラフラ散歩しているわけではなく、どうやら仕事がらみのようだ。無給通信員では食っていけないから、働かなあかん、ということらしい。えらいすんまへんな(笑)。

 ホテイアオイは恐るべき繁殖力を誇る熱帯原産の帰化植物である。異常繁殖して水路がふさがるというので嫌われものらしいけれど、ごらんのとおり花は美しい。嫌われる一方で、水質浄化に役立つのではないかともいわれ、悪役なのか善玉なのかはっきりしないようだ。

 釧路ではこの花をみかけないけれど、

 
北海道でも逸出して夏の間生育していることがあるが冬を越せずに消滅する。
          -『日本の帰化植物』(平凡社 2003年刊)


 「冬を越せずに消滅する」とは悲しい運命である。やはりホテイアオイと無給通信員君は、万博公園にいるのが幸せなのかもしれない(笑)。

 しかしぼくも鬼ではない。給料が払えぬかわりに一杯おごるから、旅費を稼いだら釧路へいらっしゃい。真冬に来てもまさか消滅することはないであろう。

| | Comments (4)

September 09, 2017

Daily Oregraph: 裏庭画報 エゾノコンギク

170909_01
 わが裏庭最後の彩りは、エゾノコンギク(だろうと思う)。水菜を採ってから一枚パチリ。

 毎度のことだけれど、雑草がわがもの顔にのさばっている。連中はいったいどこから湧いてくるのだろうか。いくら制裁決議をしたところでまったく効力がないのだから閉口する。おれはアメリカ帝国主義者じゃなくて(笑)ただの零細農民なんだから、ゲリラ活動もたいがいにしてほしいところだ。

 いっそのこと機械力を動員してバッタバッタとなぎ倒すか、除草剤をばらまきたいところだが、目先の利益だけを考えるブラック企業の親玉みたいにはなりたくない。毎年春先になると律儀に顔を出してくれる貴重種の花々のことを考えると、あまり乱暴なことをするわけにはいかないのである。まったく頭が痛い。

 しかしその雑草をものともせず、時期がくれば咲く花には一筋の希望がある。なかなかやるじゃないか。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たべもの | アルコール | カメラ | 京都 | 写真 | 北海道 | 文学 | 昆虫 | 植物 | 歴史 | 石炭 | 紀行 | | 釧路 | 雑記 | 音楽 |