July 30, 2020

Daily Oregraph: 7月も終りかよ

 いくら引きこもりが得意だとはいえ、たまには遠くへ行きたい。もちろん当分は行きたくても行けないから、家の近くをうろうろ歩くしかない。

200730_01
 似たようなコースをうろついているうちに、いつの間にか7月も終りになり、影が少しずつ長くなってきたように思う。

200730_02
 しばらく忘れていた裏庭のグースベリをチェックすると、ほんのり色づきはじめていた。かくして時間はどんどん過ぎ去っていく。

 ぼちぼち小説の世界に復帰しようと考え、ジャック・ロンドンの The Sea Wolf (1904年)を読了。たいへん面白い冒険小説なのだが、後半ではインテリ美女の登場する純愛物語が入り混じるところはやや不満であった。インテリじゃなくて野性的な女ウルフを登場させれば、まったくちがった展開になったと思う。

 次は本棚に30年間以上眠らせていたサミュエル・バトラーの Erewhon (1872年)に取りかかる。このタイトルをご存じの方も多いとは思うが(たぶん……)、これは nowhere のアナグラム(綴り換え)、つまり「ドコニモアリマヘン国」を意味する。

 なにしろ30年ものだから紙も黄ばみ、相当熟成が進んでいるんだから、おもしろくないはずはないし、やっと19世紀に戻れたのがなによりもうれしい。

| | Comments (3)

July 27, 2020

Daily Oregraph: 函館ブルース?

200727_01
 本日の最高気温は17.9度。人間歩かなくては体がなまるから、夕方散歩に出た。

 ぶらぶら歩いていると、通りの向う側で三人のおばさまが立ち話をしていた。あたりをはばからぬ大声である。なんでもどこぞのご夫婦が離婚したのだという。

 -あれまあ。

 -旦那さんは女が出来て函館に行ったのさ。

 -アハハ、元気だねえ。

 -ほんと、元気だよ、ハハハハハ。

と、大笑いしている。いや、元気なのはあなたたちのほうでしょう。

 残酷なおばさまたちの笑い声を背中に聞きながら、ぼくは女と一緒に函館へ行ったという旦那のその後を想像せずにはいられなかった。案外すでにその女とも別れ、暗い顔をして一人函館の町をさまよっているのではあるまいか。

 いつの間にか彼は函館港を歩いていた。次第に霧が濃くなってきた。沖では船が汽笛を鳴らしている。カモメの糞で白くなった係船柱に腰を降ろし、煙草をくわえて火を点ける。溜息とともに煙を吐き出し、さて、これからどうしようか。

 いかん、いかん。これでは歌謡曲の世界ではないか。もっとマシなことを考えなあかん。これというのも、マクベスの冒頭に登場する魔女のような、あの三人のおばさまのせいである。

| | Comments (2)

July 22, 2020

Daily Oregraph: 港のキツネ

 十勝港。明日から連休だから天気が心配だったけれど、早朝雨が止んでくれたおかげで、半日で仕事が終った。

200722_01
 さてこのキツネだが、この港では何度か見かけている。たぶん以前船員が餌を与えたのだろうと思うが、だれもが食べ物を恵んでくれるわけではない。その証拠にこいつはひどく痩せている。体の一部は毛が脱落して皮膚が露出しているから、栄養失調なのだろう。人の情けをあてにする野生動物はみじめである。

200722_02
 こいつはしばらくねばっていたけれど、結局餌にはありつけず、やがてどこかへ消えてしまった。観光資源であるがゆえに餌を与えると美談になるタンチョウヅルと、野生動物だから餌をやっちゃいかんと叱られるしょぼくれたキタキツネ……人間様の勝手なダブルスタンダードによる格差社会だね。

| | Comments (0)

July 16, 2020

Daily Oregraph: 悪疫退散

200716_01
 すぐ近所の東栄小学校跡グラウンドから打ち上げられた花火。部屋の窓から見えたので、手近にあったコンデジでパチリと撮ったけれど、ピントが合っていないのはご愛敬。

 めずらしいこともあるものだと思って家人に聞いたら、厳島神社主催のコンパクトな5分間花火大会。ぼくは知らなかったけれど、事前にチラシが配られていた。ちょっと加工して一部だけ記録しておこう。

200716_02
 今年は御神輿を中止した代りに花火を打ち上げたのだそうな。短時間とはいえ、費用のかかる催しだから、厳島さんもなかなか思い切ったことをされるものである。悪疫退散、ついでにコロナ利権に群がる悪人どもも成敗していただきたいものだ。

 なお「釧路の夏の到来を告げる」とあるが、本日の最高気温は15度、う~ん(笑)。

| | Comments (3)

July 03, 2020

Daily Oregraph: ギョウジャニンニク―枯れたり咲いたり

200703_01
 この花を今年最初に撮ったのは6月15日。6月27日には上半分が開いて、下半分はまだつぼみの状態であった。

 満開になったところを撮るつもりだったのだが、本日見たらこの有様である。下半分は開花したけれど、上半分はごらんのとおり。たぶん6月30日あたりにチェックすればよかったのだと思う。うまくいかないものであります。

 3個の緑の球体と見えた部分は花が落ちても残り、ちょっと拳骨のようにも見える。牧野先生の図鑑には「さく果はふくれた3部分から成り」とあるから、たぶん割ってみれば種があるんだろう。花がすっかり枯れたらチェックしてみよう(忘れなければだが……)。

 さて学名の Allium Victorialis を頼りに OED を検索してみたが、ヒットしなかった。もちろん Allium(アリアム=ネギ属) はちゃんと収録されており、その仲間として名前が挙がっているのは、

  garlic, the onion, leek, chive, shallot, and
  the British wild flower Ramsons.

 ガーリックとオニオンはおなじみ。英和辞書を見ると、リークは「ニラネギ」とあり、チャイヴはアサツキの仲間で、シャロットはワケギだそうな。せっかくだから、ネギ属の単語をイモづる式に覚えてしまおう。

 さて問題はラムソンだが、ひょっとしたらギョウジャニンニクの親戚じゃないかと期待したら、「広葉のニンニクの一種」(『リーダーズ英和』)とある。なんだか要領を得ないから本家 OED を確認すると、やはり「広葉のガーリック Allium ursinum;薬味として用いるその球根。主に複数形で。」とある。ついでながら、 wild chive は wild garlic or ramsons の意味として使われ、shallot は a small onion なりとある。

 ギョウジャニンニクも「広葉」だから、たぶん似ているにちがいないとは思うが、辞書でわかるのはここまで。こういう時頼りになるのが、Google の画像検索で……おお、やはりよく似ている。著作権の問題があるから、興味をお持ちの方はご自分で検索してごらんになるといいだろう。

 葉っぱもよく似ているし、花の色も白で付き方も同じ、花びらの形はちがうけれど、予想どおりイギリス版ギョウジャニンニクといっていいような気がする。

 ギョウジャニンニクでここまで引っぱれば、小学校の夏休みの自由研究は一丁上がり。しかしもちろん高校以上では通用するわけがなく、「顔を洗って出直してこい!」とチコちゃん先生に叱られることまちがいなし……(笑)

| | Comments (0)

June 29, 2020

Daily Oregraph: 裏庭画報 宿敵ハコベ

200629_01

 裏の畑にはびこる、わが宿敵のハコベである。

 『牧野新日本植物図鑑』には、「ハコベはハコベラの略、ハコベラの意味は不明」とある。また「カナリヤの餌になる」のだそうな。

 ハコベラといえば春の七草のひとつだが、カナリアじゃあるまいし、こんな草を食べるとは! いくら落ちぶれても、ぼくはいやだ。

 学名の Stellaria media で検索すると、英語では chickweed、スコットランドでは、今でももともとの chicken-weed で通用するらしく、つまりヒヨコグサである。クサノオウみたいに面白い話があるわけではなく、結局日英ともに鳥の餌だ。

 そういえば、ニワトリにハコベを食わせてはどうかと提案されたお方がいらした。ヒヨコにハコベをたらふく食わせて育て、フライドチキンにしてご馳走してくださるのなら、喜んでいただきたい(笑)。

| | Comments (3)

June 26, 2020

Daily Oregraph: ちょっとだけ低調散歩

 本日の最高気温は16.2度。ちょっと肌寒いくらいである。

200626_01
 「町」に行く用事があったので、たまには駅まで歩いてみることにした。変っていないようでも変るのが景色である。駅の少し手前に、こんなのが出来ていた。中へは入らなかったけれど、いずれそのうち。

200626_02
 JR釧路駅に入るのもほんとうに久しぶりだ。いつの間にか待合室が新しくなっていた。たしか以前は通路の反対側にあったと記憶している。駅舎内のパン屋さんは健在だったので、昼食用のパンを購入した……とは、ニュース価値ゼロ。われながら、バカじゃないかと思う。

 天気が冴えないせいもあるのだが、いかにも低調である。例によって単なる生存証明というお粗末、お後がよろしいようで。

| | Comments (0)

June 24, 2020

Daily Oregraph: 未開のホッケ

200624_01
 昨日は飯がまずくなるような画像を掲載し、まことに申し訳ない。責任は痛感しているが、腹を切るほどの悪質性はないと判断し、お口直しにホッケの写真をお目にかけることにした。

 東京あたりの田舎にお住まいのみなさまは、ホッケの開きしかご存じないだろうから、とくとご覧いただきたい。いいですか、ホッケは開きになって泳いでいるのではありませんぞ。

 人に食べられたい一心で、長年のうちに開きに進化したなどという妄説を唱えても、ダーウィン翁がお喜びになるはずがない。わかりましたね、二階さん。

| | Comments (2)

June 23, 2020

Daily Oregraph: 昔も今も―大本営発表

200623_daihonei
 いえ、特に意味はございませぬ(笑)。森羅万象を統べる首相閣下の演説、ありがたく拝聴するように。

| | Comments (0)

June 22, 2020

Daily Oregraph: 中ぶらりん

 本日の最高気温15.9度。冴えない天気であった。

 仕事はやっと最後の山を越した。あとは一週間ほどかけて全体を見直すだけだから喜ぶべきなのだが、これからどうしようか。十ヶ月もの間、来る日も来る日もまったく別世界の文章ばかり読んでいたから、ずいぶん勉強にはなったけれど、すぐに19世紀の小説の世界には戻れないような気がするのである。

200622_01
 あ、あれは今のおれの姿だ。中ぶらりん(笑)。当分リハビリが必要かもしれない。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧