November 25, 2021

Daily Oregraph: 西港にて

 本日の最高気温は6.8度。晴れ。今朝の最低気温は-3.6度だから、ぐんと寒くなってきた。

211125_01
 西港の空気をたっぷり吸ってきた。こんなしょうもない写真しか撮れなかったけれど、まあ生存証明にはなるだろう。

 現場ではみなさんテキパキと働いていて、とても気持がよかった。ボーッとしてちゃいかんですね、お互いに。

| | Comments (0)

November 19, 2021

Daily Oregraph: 粥に酔う話

 本日の最高気温は11.0度。曇りのち雨。

211119_01
 今年最後と思って裏庭に残った落葉を片づけ、ついでに笹を少し刈った。大きなポリ袋2つに詰めこんだけれど、もう半袋分ほど残っている。竹箒で掃き集めたのだが、湿った地面に葉が貼りついているから、うまくまとまらないのである。

 このあと畑の落葉と雑草に取りかかるつもりだったが、雨が降り出しそうになったので断念。雪が降る前にもう一度出動しなければならない。厄介なものだ。

 さて先日からトマス・ハーディの『キャスタブリッジの市長(The Mayor of Casterbridge)』を読みはじめた。おもしろい話が書かれていたので、簡単にご紹介したい(もっともぼくは妙なものをおもしろがるクセがあるから、あまり期待していただいては困る)。

 とある村に市が立って、いろんな露店が並ぶ。その中にファーミティを食わせるテントがある。このファーミティ(furmity)というのは別名フルーメンティ(frumenty)ともいって、脱穀した小麦をシナモンや砂糖を加えたミルクで煮るのだが、この小説では小麦粉やレーズンなんかも入っている。要するに小麦粥なんだが、そいつを店のおばさんが「おいしいファーミティだよ!」と大声を出して客を集めるのである。

 そこまではふつうだが、おもしろいのはここから。客が目配せすると、おばさんは隠し置いたラムを取り出して、鉢に盛った粥の中に投入するのである。どうして隠しておくかというと、このラムは密輸品なのだ。当時は税金が高すぎたから密輸が横行したらしい。

 ラム入りの熱い粥を食うんだからたまらない。たちまちアルコールが体内に回る。何倍もお代りすると、粥に酔ってへべれけになるわけだ。その挙句に泥酔した主人公がその場で細君を競りにかけて売り払う……という信じられない話がこの小説の発端である。

 まさかと思うかも知れないが、19世紀(たぶん中頃まで)の英国の田舎では、女房を金で売ったという実例がいくつも記録に残っているらしい。もちろん違法だから、あとになってやっかいなことも持ち上がったにちがいない。

 女房の売買にも興味はあるが、酔いが回るほどの酒を粥に混ぜるということは日本国でも行われた(行われている)のだろうか? 識者(笑)のご教示を待つ。

| | Comments (0)

November 09, 2021

Daily Oregraph: 冬支度

 本日の最高気温は14.8度。曇り。

211109_01
 毎年のこととはいえ、ドキリとする光景である。

 諸君、もう冬支度は出来ているだろうか? 雪の降りつむ屋根の下で太郎が眠っている最中に、大石内蔵助が近所迷惑な陣太鼓をドンドン打ち鳴らし、夜回りの爺様が鼻水を垂らしながら拍子木をカチカチ、女に振られたばかりの鼻ぺちゃの若い衆が「てやんでえ。親爺、熱いのをもう一本!」とわめきながら屋台でやけ酒をあおる冬がもうじきやって来る。

 いいですか、のんびり構えている場合ではありませんぞ。

| | Comments (0)

November 06, 2021

Daily Oregraph: あいかわらず引きこもり

 本日の最高気温は11.4度。曇りのちときどき晴れ。

 昨日までは天気が悪かったけれど、本日は昼前に青空が出たし、風もなかったからちょっとだけ散歩してきた。引きこもりのジジイにも運動は必要である。

211106_01
 弥生中学校跡の空地。あいかわらずガランとしている。太平洋を一望できる土地なのにもったいない話である。ぼくに資金があれば市にドーンと寄付して立派な図書館でも建てたいところなのだが、あいにく色男には金がない(笑)。

211106_02
 住宅街のワビサビ。最近ちっとも町へ行かないし、まったく遠出しないものだから、いよいよ撮るものがなくなったのである。

 しかし遊びに出ない分だけ Bleak House ははかどって、ただいま727頁目。まだかなり残っているから、先生よくもまあこんな長い小説を書いたものだと感心する。

 これでストーリーがつまらなければ癇癪を起こすところだが、読んでいるうちに複雑なジグソーパズルの全体像が少しずつ見えてくるようなおもしろさがあり、娯楽作品としても実によく出来ていると思う。いよいよ佳境に入ってきたので、当分町へ行くのはよそう。

| | Comments (2)

November 01, 2021

Daily Oregraph: 11月の光

 本日の最高気温は14.2度。晴れ。風も弱く、ポカポカとして散歩日和であった。

211101_01
 輝かしい(?)11月のスタートである。ひさびさの港町岸壁では漁師さんたちがきびきびと働いていたし、岸壁上に置かれた道具類もきちんと整理されており、おかげさまでこちらの気分までなんだかスッキリした。

 衆院選の結果は少々残念だったが、それでも例の幹事長氏の落選はめでたい。この御仁、「私には未来が見通せる」と頭のおかしな予言者さながらに豪語しておきながらちっとも先が読めず、「自分自身もここまで苦戦するとは思っていなかった」とはこれいかに?

 投票率をあと10%上げなくちゃいけないことはわかっているのだが、毒の回ったTV局をはじめとする大手マスコミを相手にするには、インターネットはまだまだ非力だと思う。もともとなにもいわなくてもわかる人々同士が仲間内で正論を言い合っても、なかなか広く一般には伝わらないからだ。

 その点では、むずかしい言葉を愛用しがちな学者や左翼には特に反省が必要だと思う。深くて暗い河があるのは男と女の間だけではなさそうだ。

| | Comments (0)

October 29, 2021

Daily Oregraph: 31日は投票日!

 本日の最高気温は13.5度。晴れ。

211029_01
 少し強めの風に吹かれて、路上には無数の枯葉が舞っていた。ガソリンスタンドの前を通りかかると、1リットル164円也。どうなっているんだ。

 そんなことより選挙だ。投票してもなにも変らないという人がいるけれど、そうじゃない、投票しないから変らないんですよ。投票率がほんの少し上がるだけで、腐敗した政権は確実に倒れる。

 犬でさえ横暴な飼主の手を噛むというのに、踏まれても蹴られても、取られ放題に搾取されても黙っているという法はあるまいと思う。

 31日にはとにかく投票所へ! こんなジジイでさえ重い腰を上げて行くんだから、いい若いもんが投票しなくてどうするんだ。

| | Comments (2)

October 24, 2021

Daily Oregraph: 雌阿寒の雪

 本日の最高気温は14.3度。快晴。

211024_01
 ひさびさの散歩日和だったのでぶらりと出かけたら、雌阿寒の山々が白くなっていた。そろそろ冬の支度を考えろという信号だね。

 あちこちの街路樹の下には枯葉の小さな吹きだまりができていた。ときどき枯れた草むらに風が吹くと、かすかにサラサラという音が聞こえてくる。

 歩きながら立派なことを考えたわけではないけれど……そうそう、衆院選があるんだ。このたびはぜひとも悪人一掃選挙とまいりたい。

 山守さん、いやちがった(笑)、アベさん、票はまだ一票残っとるがよ……

| | Comments (0)

October 11, 2021

Daily Oregraph: 風の音にぞ

 本日の最高気温は19.3度。曇り。

211011_01
 昨夜の強風はすさまじく、やかましいのなんの、なかなか寝つけなかった。風は早朝にはおさまったけれど道路はこのありさまで、多くの街路樹が葉を落とし、景色はいっぺんにみすぼらしくなった。

 相変らずマジメに読書をつづけているが、ここ二三日はさっぱりはかどらない。知る人ぞ知る、ディケンズは手ごわいのである。読みやすくて助かるわいと思ってホクホク喜んでいると、いきなり判じ物のような文章が出現する。それが何頁もつづく。なんじゃ、これは?

 二三度読み直せば少しはわかるけれど、五六ぺん読み返したからといってその倍理解できるわけではない。エゲレス人の諸君はどなたもこいつをスラスラと読めるのだろうか? しょうがないから七八ぺんまでは読み返し、大体意味が取れたところで先へ進むことにしているのは、そうしなければ死ぬまでかかっても結末にたどりつけないだろうからである。

 こんな本の読み方をしたって一文の得にもならないし、いわゆる生産性やコストパフォーマンスとは無縁の世界である。ぼくみたいなバカは、とても竹中平蔵先生の弟子にはなれそうにない(死んでもなりたくないけど(笑))。

| | Comments (2)

October 06, 2021

Daily Oregraph: 明窓浄机?

 本日の最高気温は15.4度。晴れのち曇り。

020922_bashoan
 明窓浄机という言葉には麻薬的な魅力があり、こういうすっきりした部屋(2002年9月撮影。金福寺芭蕉庵)に小さな机を置いて、塵ひとつない机の上には本と辞書が一冊ずつ、主は端然として正座し、宇治の煎茶を啜りながらゆっくり頁をめくる……というのは実に格好がよろしい。理想的である。読書人とはこういう人をいうのであろう。

 しかしそううまく話が運ぶはずはない。明窓はともかく、浄机はまず無理な注文である。辞書だけで少なくとも数冊、それに参考書が何冊か加わるから、液晶ディスプレイに場所をふさがれた机にはとてもすべてを置く余裕などない。余った分はどうしたって床に転がさざるをえないではないか(しかしこれが案外便利だから困る)。

 しかも日によってはさらに参照する辞書や本が増えるので、しまいには新世界の飲食店街みたいな様相を呈することになる。当然片づけるのがおっくうになってそのまま放りっぱなしにするから、まさか坂口安吾の部屋ほどではないけれど、数日もすれば雑然混沌として、とても掃除機を使うどころの状態ではなくなってしまう。

 これではいけない! 第一不潔である。今朝奮然として立ち上がり、数週間ぶりに掃除をしたというのが個人的大ニュースなんだから、われながら情けない。バカじゃないかと思う。

| | Comments (2)

September 28, 2021

Daily Oregraph: スマホぎらい

 本日の最高気温は18.4度。晴れ。

210928_01
 とうとうスマホに替えた。決して替えたかったわけではなく、au は来年、他社も数年後にはガラケーが使えなくなるというからやむをえない。

 そこで半日ほどいじってみた結果、予想どおり、ぼくとしてはガラケーに軍配を上げざるをえない。

 まず電話としては形状的にガラケーのほうが圧倒的に使いやすい。ポケットに入れるのも邪魔だし、なんだろうかこの扱いにくいサイズとかたちは。

 次に(これはガラケーも似たようなものだけれど)タッチパネルをちまちま押しながら作文なんてできたものじゃない。ぼくは英文タイプライタ育ちだから生粋のキーボード人間(笑)である。おまけに短気ときているので、こんなタコな機械でメールなんて打ちやしませんとも。

 第三にやはりタッチパネルの欠点だが、知らぬうちにアイコンに触れると画面がパッと変ってしまう。ばかやろう、余計なことをするんじゃないよ。

 第四に電池の消耗が早すぎる。ガラケーなら十日以上放りっぱなしでも問題ないけれど、どう考えてもこいつはそれほど持ちそうにない。

 電話としてはガラケーに負け、文書作成はいうまでもなく、インターネット閲覧もはるかにノートパソコンに劣り、いかにも中途半端なオモチャだというのがぼくの下した結論である。こんな代物をありがたがる人が多いのは謎中の謎というしかない。

 歩きスマホなど滅相もない。町歩きにこんなものは不要である。以上。

| | Comments (4)

より以前の記事一覧