June 25, 2017

Daily Oregraph: 小樽散歩 (1) 市場縦断

170621_01
 6月21日。小樽は四年ぶりである。

 ここは何度か訪れているけれど、いつも一泊か日帰りなので、市内のほんの一部しか見物していない。いかに地方都市とはいえど、一回りするには最低二泊三日、いや三泊四日は必要だろう。

 今回も一泊だから、目的を手宮線跡地の散歩に決めてきたのだが、地図をながめると三角市場なる奇妙な名前の市場が駅のすぐそばにあるので、ちょっと寄ってみようと思った。

170621_02 
 まずはこの日のコースを示しておこう(この地図では右が北)。歩いた場所がすべてカバーされているわけではないけれど、大体は間に合うと思う。

170621_03 
 土地と屋根が三角のかたちをしているから名づけられたというのだが……?

170621_04 
 こじんまりした市場で、通路も狭いけれど、たしかに独特の雰囲気はある。なにを買い求めるわけでもなく、肩身の狭い思いをして通過した。

170621_05
 海鮮料理のお店などもあるので、興味をお持ちの方はぜひ(と、冷やかしたお詫びに宣伝しておく)。

170621_06 
 三角市場の斜め向いに小樽中央卸市場を発見。当然入ってみる。

170621_07 
 なぜこれ一枚しか撮らなかったのかは思い出せないが、市場であることはわかる(笑)。

170621_08 
 中央卸市場を通過すると、おやおや、今度は中央市場か。

170621_09 
 市場である(笑)。

170621_10 
 これにはビックリした。行商のおばさんを再現したものらしいが、マネキンは使っておらず、なにかの枠組みに着物を着せたように見える。

 顔のあたりはつげ義春のマンガを連想させるし、両手の軍手にはなんとも形容しがたい超現実的効果がある。一見の価値あり。

170621_11 
 第3棟を抜けると、当然のごとく第2棟が現れる。

 通りに露店が出ているのであたりを見回すと、

170621_12 
竜宮神社の例大祭なのであった。竜宮神社は上の地図にもちらりと見えるが、残念ながら、このたびはご挨拶できなかった(夕方からの雨のせいである)。

 露店を見物しようかとも思ったが、散歩の計画が狂いそうなので、夕方ふたたび訪れることにして、中央市場第2棟へ向う。

170621_13 
 市場はつづく。

170621_14 
 第2棟の展示物は昭和30年代の室内を再現したものであった。第3棟の行商のおばさんもそうだが、市場内にこういう展示があるのはめずらしいと思う。

170621_15 
 第2棟を出たぼくはポカをやってしまった。通りの向い側にあったこの不思議な建物に気を取られて、つい第1棟に入るのを忘れてしまったのである。

 ひょっとしたらおもしろい展示物があったかも知れないのに、実に惜しいことをした。竜宮神社も見物し損なったし、いずれ再訪せねばなるまい。

 それにしてもこの木造建築、一部に鱗のような模様はあるし、三階の窓の上には日活のマーク(?)もあり、いったいどんないわれがあるのだろうか(インターネットでざっと調べたかぎりではわからなかった)。

 木造建築に剥製というものがあれば、これがそうだろう……などと感心している場合ではない。手宮線跡地へ向うことにしよう。

(つづく)

| | Comments (0)

June 24, 2017

Daily Oregraph: 地獄にも極楽はあり登別

170620_01
 6月20日。登別温泉を訪れるのはこれが二度目である。ここは多くの泉質を楽しめる有数の温泉地で、今の時期は道東よりもずっと山の緑が濃い。

 たいして見物したわけではないが、これもなにかの縁だろうから、写真をほんのいくつか。

170620_02 
 ぶらぶら歩いていたら神社があった。前回は気づかなかったので、神社マニアとしてはぜひ挨拶せねばなるまい。

170620_02b 
 社殿は比較的新しく見えるから、たぶん改築したのであろう。

170620_03 
 瀧川湯本翁命(たきがわのゆもとおきなのみこと)とは、この地の基礎を築いた滝本金藏翁のことらしい。ご祭神は大己貴命(おおなむちのみこと)だが、立派な人物として尊敬された滝本翁も、とうとう神様として一緒に祀られるようになったのだろう。あなかしこ。

 ぼくみたいに毎晩酒をくらっている酔っ払いはもちろん、どこぞの徳のない首相なども永遠に神様として祀られることはあるまい。

170620_04 
 境内の一隅にはたいへんコンパクトな三吉神社の祠がある。ちょっとゲゲゲの鬼太郎の妖怪ポスト風味があっておもしろい。

170620_05 
 この温泉のシンボルは鬼である。地獄谷からの連想なのだろう。あちこちに鬼が立っている。

 こちらの公園にも鬼が数体あって、写真の鬼は学業成就を担当しているからパチリ。この子鬼にでかい鉄棒が持てるものかどうかは疑問だけれど……頼んまっせ、学業成就。

170620_06 
 登別温泉にあるのは地獄だけではない。温泉街の人々はちゃんと極楽通りを用意して、救いなき末世に一筋の光明を点じていた。このバランス感覚がすばらしい。

 前回訪れたときは友人たちに地獄谷や温泉の湧く川原へ案内してもらったのだが、今回はパス。温泉につかって宴会で酔っ払うだけというていたらくであったが、のんびりできたから、まずは極楽、極楽。

| | Comments (2)

June 22, 2017

Daily Oregraph: 精進といふこと

170621_99
 6月21日夜、小樽市内。夕方から雨がポツポツ落ちはじめ、このあと激しく降り出した。

 20日に登別温泉で高校のクラス会があった帰りがけに、わざわざ小樽まで足を伸ばしたというのに、夜の散歩ができなかったのは残念。しかし日中は天気が良く、旧手宮線跡地をゆっくり歩くことができたので、追って写真をお見せしたいと思う。

170622_01 
 6月22日09時04分小樽発札幌行き普通列車に乗る。

 ついでながら、右から二人目のおねえさんは熱心に英書を読んでいた。えらい! ぼくは一目惚れしてしまった。

170622_02 
 札幌駅には09時55分頃到着したのだが……なんと10時00分に銭函~朝里間で大雨による倒木が発見され、その処理のため札幌~小樽間の列車が一時間ほど不通になった。

 まさに間一髪。諸君、精進がいいとはこういうことをいうのである。

 昨日千歳~羽田の飛行機で帰ったT君などは、東京の大雨・強風のため、帰宅が大幅に遅れたらしい。まあ、ふだんがふだんだから、しかたがないさ(笑)。

| | Comments (0)

April 27, 2017

Daily Oregraph: 豚丼を食う

170427_01
 本日は150回以上もシャッターを切ったのだが、この一枚を除き、すべて色気のない仕事の写真ばかり。他人の昼飯などどうでもいいとは思うが、せっかく撮ったんだから、利用しない手はない。

 人生の大問題でもあるまいに、チャーハンとラーメンのセットにしようか、それとも豚丼とうどんのセットにしようか、おおいに迷っていると、同席のSさんがぼくの腹の出具合を心配してくださって、

 -セットはおやめなさい。きっと満腹して眠くなるから。

 なるほどごもっとも。そこで素直にご忠告に従って(われながらえらい!)、お店おすすめの豚丼に決定。せっかく十勝に来たんだから、豚丼は悪い選択ではあるまい。

 ごらんのとおり、このお店の豚丼は、いかにもという濃厚な味付けではない。見かけどおり、どちらかといえばあっさり系である。しかしこれはこれで、ほのぼのとした味わい、おいしくいただいた。量もほどよく、Sさんのご忠告を尊重したおかげで、午後の仕事も居眠りせずに勤めることができた。

 さてこの機会に一言。万一ミサイルが飛んできたって、けっして丼を手から離してはいけない。政府のたわけた宣伝を盲信して地べたに伏すも、しぶとく豚丼を食いつづけるも、命中すれば結果は同じ。ハハ、呑気だねえ。

| | Comments (0)

February 16, 2017

Daily Oregraph: ちょっとだけ札幌

170215_01
 2月15日。列車ではなくバスに揺られて、

170215_02 
やってきたのは久々の札幌。

170215_03 
 札幌は雪まみれかと思ったら、街中にほとんど雪はなく、ここは例外である。

 わざわざ歩きにくいところを選んで歩くのは、たぶん海外からの旅行客であろう。雪国のプロの住人なら、こんな酔狂な真似はしないからだ。

170215_04 
 待ち合せまでに時間があったから、お気に入りの喫茶店に向ったら、経営者が変ったらしく、店は別名になっていた。ちょっとガッカリしたけれど、Wi-Fi が使えるのは助かった。

 写真のパソコンはぼくの秘密兵器。OSはXPだし、動作は遅いし、今どきのパソコンじゃないから、バッテリ駆動時間もわずか1時間半ほどだが、とにかくコンパクトで軽い。メールの確認程度には十分使える。Acer の傑作である。

170215_05 
 夕食は豪華絢爛たる和食のコース。ぼくは貧乏性ゆえ、この種の料理を前にすると落ち着かない。なんだか労働者諸君を裏切っているような気がしてならぬのである。

170215_06 
 -薄氷堂さん、市電のレールは位置がおかしくはありませんか?

 -はあ、ふつう市電は歩道寄りを走りませんよね。

 たしかにタクシーを止めて乗るには不便だし、危なくもある。なんでわざわざ こうしたものか。

170215_07 
 かくしてJRタワーの三十何階だったかのバーで、お客様に高級ウィスキーをごちそうになるという、まさにプチブル的経験をしたのだから、足がすくむ思いであった。

170215_08_2 
 宴が果てて一階に降りると、早くもお雛様が飾ってあった。これだもの、あっという間に年を取るわけだ。

 -なあんだ、忙しい、忙しいといいながら、君も案外ヒマじゃないか。

 とんでもない、この忙しさ、当分つづきそうなのである。余裕のあるところを見せようと見栄を張ったまで……(笑)

| | Comments (2)

November 27, 2016

Daily Oregraph: 雪道を走って

161127_01
 昨夕仕事を終え、一夜明けて外を見れば雪が積もっていた。

 大雪でなかったのは幸いだが、雪道は雪道である。ふだんよりもずっとスピードを抑えて車を走らせた。これくらいの積雪でも、山道のカーブはひやりとさせられる。

 写真は十勝の紋別川。殺風景な木立も雪化粧すればそれなりに美しく、途中何度か写真を撮りたい場所もあったけれど、車を停めるのが面倒だからやめにした。

 まだ11月だというのに冬本番、いやだねえ。

| | Comments (4)

November 25, 2016

Daily Oregraph: なんのふしぎもなけれども

161125_01
 雲がいろんなかたちに見えるのは、なんのふしぎもなけれども、十勝の青空にだれかが達筆でいたずら書きしたらしい。

 読めそうで読めないけれど、最後の一文字は「比」、またはアルファベットなら二文字で「tt」というところか。古代の人はこうした偶然に神の意志を感じたのだろう。

 え、あなたもお感じになりましたか? 今どきのお方ではありませんね(笑)。

161125_02 
 北海道ではキタキツネはユビキタスな存在だから、港に出没したって、それこそなんのふしぎもなけれども、この寒さの中でみかけると、ひときわ哀れを誘うものだ。

 どうやら乗組員が昼間こいつに食パンを与えたので、ひょっとしたら……と期待してやってきたらしい。親切のつもりだったのだろうが、ずいぶん罪なことをしたものだ。

 惻隠の情なきは人に非ざるなり(だったか?)とはいえ、野生動物にエサを与えるのは御法度である(春採湖には野鳥にエサをやるな、という看板が立っている)。

 みなさまから石を投げつけられるのを覚悟でいうと(笑)、タンチョウヅルの給餌だって問題だと思う。あれを美談に仕立て上げるのは、ダブルスタンダードの典型ではないだろうか。

 寒さに震えながら、そんなつまらぬことを考えた。とにかく寒い。とても11月とは思えないほどである。

| | Comments (4)

November 23, 2016

Daily Oregraph: 十勝港夕景

161123_01
 本日の生存証明写真は十勝港の夜景一歩手前。

 写真は第4埠頭だが、町の規模から考えると、大型船が複数接岸できるのだから堂々たる港である。これから数日この港をうろつく予定。

 さてこのたびの地震には驚いたけれど、原発に被害がなかったのは不幸中の幸いであった。こんな地震国に原発なんてとんでもない話である……という常識をそなえているのは利権とは無縁の貧乏人ばかり、とは情けない。

 しこたま金を貯めこんだ連中は、日本に人が住めなくなればさっさと国外逃亡できるけれど、あなたやぼくはそうはいきませぬ。最悪の場合、日本人が難民と化す可能性もあるとお考えになったことがあるだろうか?

 風がひどく冷たい。心も冷える(笑)。散歩どころではないから、さっさとホテルに戻ることにしよう。

| | Comments (4)

November 11, 2016

Daily Oregraph: 湖畔凍結道路

161110_01
 11月10日。雄阿寒岳にはさほど雪は積もっていなかった。

 阿寒にやって来たのは何年ぶりだろうか? 一泊するなど、それこそ何十年ぶりかだと思う。

161110_02 
 たまげたのはカチカチに凍った道路である。

 国道の路面は完全にドライだったのに、湖畔の温泉街に入ったとたんにこれだから、一瞬目を疑って、恐怖に体が凍りついてしまった(笑)。早めにタイヤ交換していたので助かったけれど、夏タイヤではとても走れそうにない。

 あちこち散歩する予定だったのだが、道路の氷を見てげんなりし、結局ホテルの部屋に閉じこもったきりというお粗末。

 山はもう真冬である。

| | Comments (4)

June 26, 2016

Daily Oregraph: 広尾町海洋博物館

160626_01
 広尾町海洋博物館を見学してきた。ここを訪れるのは二度目である。今日はゆっくり見学し、たくさん写真を撮影したけれど、ここではほんの一部だけご紹介することにしたい。

160626_02 
 海洋博物館だから、こういう展示はもちろん、漁具や船の模型などが多数陳列されているけれど、実はここは総合博物館といったほうが正確だろうと思う。

160626_03 
 これは娼妓の契約書。じっくりお読みになることをおすすめしたい。

 このほか戦前の文書が数多く展示されており、一見の価値はある。

160626_05 
 本物の大本営発表(笑)。もう21世紀なんだから、いいかげんだまされるのはやめにしたいものだ。

160626_04 
 北海道指定有形文化財の円空仏。案外小さいもので、写真を大きめにして見たほうが細部はよくわかる。

160626_06 
 人気のない場所でこういうのを見るとギョッとするものだ(笑)。

 ……とまあ、ここまではふつうの展示だが、この博物館は一味ちがっていて、

160626_07 
横綱のまわしもあれば、

160626_08 
地元の山岳画家である故坂本直行さんの作品展示も充実しているし、

160626_09 
さらには坂本龍馬の資料展示コーナーまである。

 どうして北海道の広尾町に? と疑問に思うかもしれないが、実は坂本直行さんは坂本龍馬の一族なのだそうだ。

 展示されたパネルはたくさんありすぎて、とても読み切れなかった。このコーナーだけでも、じっくり見れば何時間もかかりそうである。龍馬ファンのみなさまにはおすすめ。

160626_10 
 さて入館したときは窓口のご担当者が不在で、料金はお帰りのときにお支払いくださいと表示されていたので、見学し終わったあとで差し出すと、お願いもしないのに領収書をくださったのには驚いた。なんと律儀な!

 どうやら見学の途中ですれちがったときにご挨拶したので、あらかじめ用意してくださったらしい。う~む、おれって桝添さんに似ていたっけ?

 料金わずか 300円也でたっぷり楽しませていただいた。ごく簡単なご紹介しかできなかったけれど、ユニークな博物館なので、あなたもぜひ。

| | Comments (4)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たべもの | アルコール | カメラ | 京都 | 写真 | 北海道 | 文学 | 昆虫 | 植物 | 歴史 | 石炭 | 紀行 | | 釧路 | 雑記 | 音楽 |