October 04, 2017

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 10月3日

 8月以来破竹の進撃(?)をつづけてきた当ブログだが、昨日は休載のやむなきに至った。それにはちゃんとわけがある。

171003_01
  10月3日朝。雨である。

 対岸の貨物船は木材の揚荷だから、おかまいなしに荷役をしているが、こっちはもちろんダメ。しかし10時半近くになって雨は止み、やがて作業がはじまった。

171003_02
 朝の遅れによって作業終了も夜に持ち越しとなったため、もう一泊することになったのだが、主なホテル・旅館はどこも満室。やっとみつけた民宿が、個人的には大ヒットであった。

 宿賃がべらぼうに安い。あまりの安さに耳を疑ったほどである。かつては食事を提供していたらしいけれど、現在は素泊りのみだという。それにしても安いのである。

 もちろん安いにはそれなりの理由はある。少々くたびれた部屋は質素そのもので、テレビとテーブルがちょこんと置いてあるだけ。手ぬぐい・バスタオル以外の、いわゆるアメニティなるものはない。エアコンは当然ないけれど、北海道だから石油ストーブの備えはある。

 寅さんが旅先で泊まるのはこういう部屋だろう。しかし掃除は行き届いているし、寝具も清潔。どうせ寝るだけだから、なんの不足もない。なつかしい昭和の雰囲気にひたることができたのは、ある意味では幸運であった。

 で、インターネットなのだが、もちろん昭和の宿にそんなしゃれた設備はないから(笑)、ブログ休載とあいなった次第。テレビはつまらないし、本を読む気にもなれず、どうにも時間のつぶしようがない。

 そんなときに頼りになるのは、いうまでもなくアルコールである。ウィスキーと水をほぼ等量に混合した液体の助けを借りて、さっさと就寝したことは申し上げるまでもない。

 真夜中に女の幽霊でも出ないかと密かに期待していたのだが(笑)、残念ながら、あの宿賃でそこまでのサービスを期待するのは無理な相談であった。

 7泊もすごした十勝港とは今朝おさらばし、ふたたび平凡なる日常に復帰。空白の一日のおかげでブログ強化月間も終りを告げたから、ずいぶん気が楽になった。

| | Comments (0)

September 30, 2017

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 9月30日

170930_01
 今回は虹と縁があるらしい。昨日は午後東の空にかかったのだが、今日は午前9時、西の空である。

 レイン+ボウ(湾曲線)というくらいだから、このときもごく短時間、ほんの少量ながら雨粒が落ちてきた。英語にしては(失礼)なかなか味のある単語だと思う。

170930_02
 味があるといえば、船の事務室でみかけた、このチョンマゲおじさん。

 一体いかなる趣味なのか、ちょっとビックリしたけれど(笑)、丸の内のサラリーマン風でないところが、船乗りらしくてよろしい。

 ネクタイや背広とはとっくに縁の切れたぼくも、さすがにチョンマゲにする度胸はない(といっても、毛髪がないわけではないから、念のため)。

| | Comments (0)

September 29, 2017

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 9月29日

170929_01
 雲一つない完璧な十勝ブルーの空で一日が始まった。

170929_02
 自転車で丘の上へ買い物に出かける乗組員を見送ったときは、おだやかな一日を予感したのだが、やがて空にはポカポカと白い雲が浮かびはじめた。

 雲が白いうちはよかったけれど、午後からは黒い雨雲が発達して、小雨が降ったりやんだり、一転して不安定な空模様になった。

170929_04
 16時少し前には東の空に虹がかかったけれど、

170929_05
その後しばらくは雨がぱらつき、17時過ぎになってやっと一段落した。

170929_06
 18時少し前、ふたたび十勝ブルーがよみがえった。そして間もなく十勝ブラック(笑)。

 そんなわけで、一日中空を見上げていた。

| | Comments (0)

September 28, 2017

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 9月28日

170928_01
 朝から雨。そのせいもあるが、少々寒い。

 漁港の岸壁にカモメが群れていたけれど、ほとんど動かないところをみると、早朝に食事をすませて腹ごなししているのかもしれない。

170928_02
 こちらは第4埠頭から南を見たところ。

 午後になっても雨は降りやまず、結局本日は開店休業であった。

| | Comments (0)

August 26, 2017

Daily Oregraph: 今日も十勝晴れ

170826_01
 少し雲はあるが、まずまずの十勝晴れ。本日の最高気温は 27.3度であった(釧路は 24.1度)。

 やはり30度以上と以下とでは暑さの感じ方が極端にちがう。30度というラインは三途の川みたいなものなのだろう。今日は船の事務室に逃げ込まずにすんだ。

170826_02 
 そうはいっても涼しいわけではなく、暑いことは暑い。

 昼休みに自販機で冷たい飲み物を買おうと、旧フェリーターミナルへやって来たら、強い日射しをものともせずに、親子連れが元気に遊んでいた。あっぱれである。

 ジジイはこどもたちをながめながら、500 cc の清涼飲料水を一気に飲み干して、大きな溜息をついたのであった。

| | Comments (0)

August 25, 2017

Daily Oregraph: 夏の反撃

170825_01
 十勝ブルーが復活したはいいけれど、朝から暑い。本日の広尾町は最高気温 30.6度。釧路も同じだったというから驚きである。上品な夏を売り物にしている道東の海岸地帯がこれでは困るじゃないか。

 幸い西の風が強かったから、窓を開けておけば車の中に風が通り、なんとかしのげたけれど、それも午前中まで。午後からは風が弱まったので地獄である。やむをえず、エアコンの効いた Ship's Office へ逃げ込んだ。最初からそうすればよかった(笑)。

170825_02 
 日が傾きはじめた頃デッキに出ると、びしょ濡れで水たまりができていた。ははあ、暑いから打ち水をしたな……と考えるのは素人の浅はかさ(笑)、バラストがあふれたのである。

 しかし打ち水をしたくなるくらい暑かったことはたしかである。

170825_03 
 やがて西の山に日は沈んだが、一向に涼しくならない。風が生暖かいのである。ちえっ、これではくそ暑い関西と変わらんじゃないか。

 秋に包囲された夏が城門を開け、やけくそになって打って出たんだろう。迷惑千万である。

| | Comments (2)

August 20, 2017

Daily Oregraph: 広尾怪談

 先日のサンマ以来怪談づいているが、写真をごらんになれば、きっと納得していただけるであろう。

170820_01

  早朝散歩したときにみかけたのだが、これには驚いた。まるで意図を量りかねる。ひょっとしたら、モダン・アートの展示なのだろうか? 深夜目にしたらさぞ怖かろうと思う。

 どうやらこの一件、事件性がありそうだから、親分と八五郎のコンビにお調べいただきたいものである。

 常設展示かどうかは知らないけれど(笑)、ぜひ見物したいとおっしゃる方のために場所をお教えしよう。

170820_02 
 鉄道記念公園である。ここは現在町民の方にパークゴルフ場として利用されているらしい。

170820_03 
 公園のすぐお隣には旧広尾線の駅舎があり、今はバスの待合所になっている。ずいぶん以前に入ってみたら、鉄道に関係する展示物のコーナーがあったけれど、現在はどうであろうか。

 昨日の青空はどこへやら、またしても空は曇っていたが、予報が正しければこのあと太陽が顔を出したはずである。このたびはすっかり悪天候にしてやられた。どうか十勝ブルーの青空がつづくことを祈りたい。

| | Comments (0)

August 19, 2017

Daily Oregraph: 十勝ブルー

170819_01
 三度目の正直。十勝港に青空が広がった。地元の方のお話では、これほどの天気は八月に入ってから今日が初めてではないかとのこと。

 風はほぼ真南。まさに薫風である。

170819_02 
 はい、カモメ(笑)。

 宿の WiFi がときどき途切れるので、長文は書けない。強化月間だから、とりあえずこれだけでも……

| | Comments (0)

August 17, 2017

Daily Oregraph: 霧雨のブルース

170817_01
 ふたたびやって来た十勝港だが、またしても霧雨。

170817_02 
 しかもだんだんひどくなって、みるみるうちにアスファルトはびしょ濡れである。

 今日も仕事にならず、空しく釧路へ戻る。往復約300キロ。タイヤと神経が無駄に磨り減ってしまった。駄文を書く元気もなし(笑)。

| | Comments (0)

August 14, 2017

Daily Oregraph: 小雨霧雨十勝港

170814_01
 せっかくやって来た十勝港だが、小雨と霧雨で仕事にならなかった。

 昼休みに広尾漁港に来てみたら、やはり盆休みなのだろうか、ほとんど人影が見あたらない。ここにはひさしぶりに来たのだが、いつの間にか漁協の製氷貯氷施設が建っていた(写真の右側)。

 いつもはたくさん群れているカモメが、今日は極端に少ない。しかしあそこならいるんじゃないかと思って……

170814_02 
防波堤外の(たしか)烏帽子岩を見ると、いることはいたけれど、やはり数が少ない。連中がどこへ餌をあさりにいったものかは不明である。

170814_03 
 こちらは十勝港第4埠頭。旧フェリーターミナル前岸壁である。何人もの方が釣りをしていたけれど、カモメが寄ってこないところをみると(笑)不漁ではないかと思う。

 ぼくが作業服を着ていたからだろうか、ひとりの釣人から

 -船の方ですか?

と声をかけられた。ぼくが船員に見えるとは意外である。きっといい若い衆に見えたのであろう。

 そのいい若い衆は、結局仕事をせぬまま空しく釧路へ戻るのであった。途中バイク乗りの(ほんとに)いい若い衆をたくさんみかけた。せっかくの北海道旅行なのに、この天気ではまことにお気の毒である。

 もううんざりだ。いいかげんに晴れてくれ。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

たべもの | アルコール | カメラ | 京都 | 写真 | 北海道 | 文学 | 昆虫 | 植物 | 歴史 | 石炭 | 紀行 | | 釧路 | 雑記 | 音楽 |