July 23, 2019

Daily Oregraph: ちょっとだけ北見

190722k01

 ひきつづき7月22日。ひさびさの北見駅である。ずいぶん変ったような印象を受けるのだが……

000327_kitami

2000年3月27日に撮影した写真と比較してみると、意外に変化していないようだ。

190722k02

 やはり釧路よりはかなり気温が高い。疲れていたこともあって、じっくり見物したわけではないけれど、この商店街はなかなか面白かった。

 アーチになにか書いてあるのだが、ひどく読みづらい。あとで写真を拡大して SUN ROAD GINZA だとわかった。実はこの商店街の存在は知っていたけれど、入口をのぞいてみただけだったから、今回は一通り歩いてみることにした。

190722k03

 すると、ビックリ。通りが縦横に走っており、短時間で全部見て回るのはとても無理である。シャッターの閉まっているお店もあちこちにあったけれど、かつての北見の繁栄ぶりがうかがわれる一大商店街といっていいだろう。釧路にもこれほどの規模の商店街はなかったし、昭和の文化遺産としても一見の価値があると思う。

 ごらんのとおり、東北の雁木に似て、雪が降っても平気で歩ける雪国仕様である。

190722k04

 おお、なつかしいなあ。こういう文房具屋さんはもはや絶滅危惧種であろう。

190722k05

 こちらの美容室は小津安二郎調(笑)。思わぬ拾いものをした気分である。ほかにも昔ながらの時計屋さんや、

190722k06

すでに冬の備えも万全な金物屋さんなど見どころが多く、くまなく見て回ることができれば、どんなに愉快だったろうか。時間はたっぷりあったのに、体力気力が足りなかったのは悔やまれる。

 ピアソン記念館という歴史的建造物の看板もみかけたのだが、900メートル先と知って断念。にわか北見びいきとしては、ぜひもう一度行かなくちゃいけないね。

| | Comments (2)

July 22, 2019

Daily Oregraph: オホーツク・ブルー

190722_01

 網走は一年ぶり。釧路はぐずついた天気だったが、小清水町に入ってからは空晴れ渡り、みごとなオホーツク・ブルーであった。

 この上天気に長距離ドライブとは優雅なものだとお思いかもしれないけれど、仕事ですよ、仕事。

190722_02

 Port of Abashiri. オホーツク海の向こうに見えるのは知床の山々である。あれは斜里岳だろうか?

190722_03

 本日の船上セキュリティチェックポイント。こいつはぼくの病気みたいなもので、必ず撮ることにしている。

190722_04

 そして本日のランチ。謎のヌードル(なにを使ったんだろうね?)とフライド・ミート。ごちそうさまでした。

 さてご飯の量にご注目いただきたい。たったこれだけで足りるんだから情けない。かつてのヤセの大食いの面影はすでにない。ああ、これが年を取るということなのだ。

 網走のホテルが満室だったため、北見のホテルでこれを書いている。朝が早くて疲れていたから、ほんの40分ほど町を散歩しただけ。ろくに写真を撮っていないけれど、ネタ不足の折から、明日は北見編でお茶を濁すつもりである。

| | Comments (0)

February 19, 2019

Daily Oregraph: 春はいずこ

190219_01

 本日の十勝港。

 青空は見えるけれど、厚く巨大なお盆のような雲が太陽をさえぎっている。そのため気温はけっして低くないのに、まるで暖かさを感じない。貴重な年金を注ぎこんで株価を維持し、諸統計をごまかして空前の好景気などと大ボラを吹きながら、庶民の懐は寒いままの日本国みたいな天気である。

 その中途半端な空の下、車を走らせて釧路に戻ってきた。道路にはもうほとんど雪はなく大助かりだけど、このまますんなり春が来るとは思えない。春先にはたいていドカッと雪が降るのである。

 油断大敵である。雪かきに備えて、青年よ、いやジジイもだが(笑)、鍛えておけ。

| | Comments (2)

November 15, 2018

Daily Oregraph: 厚内神社

181115_01

 今朝は時間に余裕があったので、釧路へ戻る途中で厚内神社に立ち寄った。いつもは横目に見て通過してしまうのである。

 由来書きが見あたらぬから、なんという神様を祭っているのかは不明。しかし平和の神様であろうと勝手に判断し、わずかばかりのお賽銭を投じて世界平和を祈ってきた。

 もし平和が実現すれば、厚内神社が世界遺産に登録されることまちがいなし。となれば、当然ノーベル平和賞はぼくのものである。

181115_02
 この場所がガイドブックに載るとは考えにくいので、付近の写真を記録しておこう。

 神社のすぐ前にあるのが、厚内川にかかる厚内橋である。橋を渡ってまっすぐ進むと、JRの厚内駅に突きあたる。

 画面右手、つまり広尾方向から来ると、恐ろしい急カーブを曲がって橋に突入することになる。

181115_03
 厚内橋上から下流をながめたところ。ここからまもなく川は海に注ぐので、川面にはカモメが浮かんでいる。連中はふだん厚内漁港で魚のおこぼれをねらっているのだろう。

 下流に見えるもう一つの橋は近年になって出来たものである。それまで広尾へ向うには厚内駅前から折れて厚内橋を通ったのだが、現在は駅前を経由しなくとも、まっすぐ新しい橋を渡ればいいから、ずいぶん便利になった。

 それなのにわざわざ旧道を通るには理由がある。行きも帰りも厚内駅前の清潔な公衆トイレをお借りするのが、ぼくの習慣になっているのだ。コンビニのない田舎道をドライブするときは、公衆トイレの場所を把握しておくことが重要。

 つまり厚内はぼくにとって大変ありがたい場所のひとつなのである。

| | Comments (2)

November 13, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 11月13日

181113_01_2

 空も海も十勝ブルーの上天気。しかし夕方になるとぐっと冷えこんできたので、初めて防寒着を着用した。

181113_02_2
 今日もみんなマジメに働いている。

181113_03
 ぼくもけっしてサボっていたわけではないが……艙内でこんなふしぎな光景を目にして、思わずシャッターを切った。

 もちろん外板に穴が開いているわけではないし、心霊写真でもない(笑)。久々の偶然芸術である。

| | Comments (0)

November 12, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 11月12日

181112_01

 厚内海岸の朝焼け。

 この種の写真を撮る趣味はないけれど(第一そのために早起きする根性がない……(笑))、たまたま通りかかったのである。心なき身にも、鮮やかなものだと素直に感じられる景色であった。
 181112_02

 本日の船上セキュリティチェックポイント。そろそろマンネリだから、裏側からレンズを向けてみた。

 少々疲れたので今日はこれにて。

| | Comments (0)

September 30, 2018

Daily Oregraph: 網走港絵日記 9月30日

180930_01

 網走港第4埠頭のゲート。どこの国のどこの貿易港でも、外航船の接岸中は関係者以外立入禁止だから、ゲートでは警備員さんが人の出入りをチェックしている。

 テロ対策が目的だけれど、テロリストなどめったにうろつくわけがない。釧路港でもそうだが、実際は釣り人対策として役立っているように見える。

 荷役中に一般市民が岸壁をウロウロするのは危険ゆえ、安全上は評価できると思う。危ないのは荷役作業だけではなく、荒天時には船の係留ロープが切れることもある。そいつに当たったら、よくて重傷、まずたいていはあの世行きである。

 「本日釣りはできません」というのは、これまた釧路港同様、外航船が係留していなければ出入り自由で釣りもできるということだろう。

180930_02

 囲いの中で釣りができないから、釣り人は外に群がる。釣りをしていたお爺さんに声をかけられ、

 -その船、いつ出るの?

 いかにも邪魔だという口ぶりである。

 ちょっと気の毒だけど、どうか我慢していただきたいものだ。

| | Comments (2)

September 29, 2018

Daily Oregraph: 網走港絵日記 9月29日

180929_01

 仲よきことは美しき哉 実篤……なんだけど、あのね、記念撮影するんなら背景を選んだらどうだろうか(笑)。無趣味にもほどがあるぞ。

 このあと二人は町へ買い物に行った。相当の距離があるけれど、幸い上天気だから、気持ちのいい散歩になったことだろう。

 さて世間というのは広いようで狭いものだ。釧路から仕事で本船に来られた方々に岸壁でお会いしたのだが、その中にこのマイナーなブログの読者だという、たいへん奇特な方がいらしたのにはビックリ。しかもわが家のご近所にお住まいだという。

 まことに感心なお方だから、レジオンドヌール勲章を差し上げたいと思う。フランス政府のみなさまには特段のご配慮をお願いする次第である(笑)。

| | Comments (0)

September 28, 2018

Daily Oregraph: 網走港絵日記 9月28日

180928_01

 本日の船上セキュリティチェックポイント。

 朝のうちは曇り空だったが、日中はオホーツク・ブルーの上天気になった。気分は最高なるも、網走監獄見物に行くわけにはいかないから、ひたすら岸壁を走り回る重機の群れをながめるのみ。

 心配なのは1日に来襲する台風である。

| | Comments (0)

June 24, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 6月24日

 体がなまっているので、午前中一時間ほど広尾町内を散歩した。

180624_01

 まずは旧広尾駅舎をめざしたのだが、どうもおかしい。景色が変っているのである。

 旧広尾駅舎はバスターミナルとしても使われていたはずだが、別の場所にバス停があって、旅行者らしい人々がバスを待っていた。

 間もなくやって来たのは「えりも岬経由様似行き」のバス。へえ、こんな路線があったんだ。

180624_02
 景色が一変した理由はすぐにわかった。旧駅舎の解体工事中だったのである。跡地はどうなるのだろうか。

 付近をしばらくあてもなく歩いてから町の中心街へ向かう。

 それにしても朝から暑い。スーパーに逃げこんで水分を取ることにした。

 入口付近で「おはようございます。今日は暑いですねえ」などと挨拶を交わす声が聞こえる。十勝の人が暑いというのだから、まちがいなく暑い。

180624_03
 一息ついたあとは、昼食用に買ったフランスパンをぶら下げて、十勝神社へ。

 ほんとに暑い。

180624_04
 十勝神社にやって来たにはわけがある。

180624_05
 広尾町指定文化財であるこの石灯籠は、前回訪れたときはまだ半分雪に埋もれていたから、心残りだったのである。

180624_06_2

 不信心者のぼくは自分のことは決して祈らないけれど、わずかのお賽銭を上げて、世界平和と腐敗内閣退陣を祈願しておいた。ご利益疑うべからず(笑)。

 戻ろうとしたとき、もうひとつ広尾町文化財のあることに気がついた。文化財といわれなければ見落としてしまいそうな手水鉢だが、あたりの雰囲気はちょっと水木しげる風でおもしろい。

 今年散歩をしてたっぷり汗をかいたのは今日が初めてである。ここの最高気温は26.0度だけれど、釧路は19.3度だからずいぶんちがう。夏はこうでなくちゃ。

| | Comments (2)

より以前の記事一覧