« May 2024 | Main

June 17, 2024

Daily Oregraph: ギョウジャニンニク開花

 本日の最高気温は 20.4度。晴れ。

 気温が20℃を越してやっと夏らしくなった。

240617_01
 ギョウジャニンニクの花はまだ満開ではないが、開花宣言してもさしつかえないだろう。水滴が残っているのは昨夜降った雨のせいである。美しいとはお世辞にもいえないけれど、奇妙な魅力があるので毎年咲くのを楽しみにしているのだ。

 今日も小松菜と水菜を収穫。好きも嫌いもない。食わねばならぬ。

| | Comments (0)

June 15, 2024

Daily Oregraph: ヤマブキショウマ

 本日の最高気温は 16.4度。曇り。

240615_01
 ヤマブキショウマ(バラ科)。いつからか花を咲かせるようになったのだが、なぜわが裏庭にやって来たのかは不明。これを見るとなんとなく春採湖畔に来たような気分になる。

 これも山菜の仲間である。まだ食べたことはないけれど、いよいよ生活に困ったときに備えて覚えておこう。

240615_02
 小松菜の葉の上に落ちたマッチ棒……のように見えたのだが、近寄ってみるとエゾヤマザクラのサクランボ(のなりそこない)であった。

 先日から毎日食べつづけている小松菜を今日も採りに来たら、なんと水菜もビックリするほど成長していた。種をまくときに失敗してバラバラこぼしてしまい、面倒だからそのままにしておいたせいか、収拾がつかぬほど密生しているので、小松菜といっしょに少しだけ収穫した。

 お話にもならないほど狭い地面なれど、ここ当分は採っては食い採っては食いしないとかたづかないから大変である。いずれ体が緑に染まって光合成を始めるんじゃないかと思う。

| | Comments (0)

June 11, 2024

Daily Oregraph: 小松菜初収穫

 本日(もう日が変わったので、6月10日)の最高気温は 16.8度。曇りのち雨。

240610_01
 4月末~5月始めにかけて種をまいた小松菜を収穫した。もうしばらく待てばもっと大きくなるが、このくらいのサイズのほうがうまいと思う。さっそくおひたしとして晩飯のおかずにした。

 いまはまだ虫食いが少ないけれど、これから種をまくと葉っぱが穴だらけになる。なにか防虫対策があるんじゃないかとは思うが、面倒くさいからなにもしない。去年からは間引きすらしないのだから、そんな手間をかけるつもりも金をかけるつもりもないのである。

 水菜もかなり成長してきた。こちらは小松菜より虫の被害が少ないから、これからの主力となる。虫の分際で菜っ葉のえり好みをするとは生意気千万な話だが、喧嘩をしても勝ち目はないから、こっちが相手に合わせるしかないだろう。

 ここしばらくは毎日菜っ葉を食うことになりそうだ。

| | Comments (0)

June 08, 2024

Daily Oregraph: 音につられて

 本日の最高気温は 19.8度。曇り。

240608_01
 さかんに草刈り機の音がするので見物に出かけた。わざわざそんなものを見に行くとは物好きなとお思いになるかも知れないが、ほかにたいした事件もないのだから仕方がない(みなさんお顔に塵除けをつけているので、写真をそのまま掲載しても不都合はないと思う)。

 草刈りのほかにネタがまったくないわけではないけれど、読んでいるのが19世紀の小説ばかりなので、少々浮世離れしていることは否定できない。しかしクリスマス・キャロルの主人公スクルージが、あまりにもわれらが〇中平蔵氏によく似ているなど、現代に通ずるおもしろい発見もないわけではない。

 拝金主義者のスクルージ氏は実はもともとが善人だから、クリスマスの精霊三人の力で本性に立ち返ったけれど、「みなさんには貧しくなる自由がある」などと途方もないことを平気でおっしゃる〇中先生は、精霊が束になっても説得できるような相手ではないとぼくは思う。

 新しい時代のディケンズによる『新クリスマス・キャロル』の誕生を待ちたい。どうです、あなたお書きになりませんか?

| | Comments (0)

June 01, 2024

Daily Oregraph: 裏庭画報 シャク

 本日の最高気温は 14.0度。晴れ。

240601_01
 今日から六月だ。シャクの花が咲きはじめるといよいよ夏だなと思う。しかし気温はさっぱり上がらない。草取りをしても汗をかかないのである。

 ニリンソウはほとんど花が落ちてしまった。コンロンソウとクサノオウはずいぶん数が増えた。ギョウジャニンニクのツボミには少し変化が現れたけれど、開花はもう少し先になるだろう。

| | Comments (0)

« May 2024 | Main