« Daily Oregraph: 風の音にぞ | Main | Daily Oregraph: 金貨を囓る話 »

October 18, 2021

Daily Oregraph: 嘆きの秋

 本日の最高気温は12.1度。晴れ。今朝の最低気温は0.6度だから、いっぺんに寒くなった。

211018_01
 先日も書いたように、強風のため多くの葉を落とした南大通付近の街路樹はさびしい姿をさらしている。

 Bleak House はやっと315頁。スローペースもいいところだが、ディケンズはときどきわかりにくい文章を書くから仕方がない。しかしストーリーは練りに練られていて感心する。

 ぼくが最初に読んだ長編は Oliver Twist (1838年) であった。これはべらぼうにおもしろい小説だが、ストーリーは出たとこ勝負もいいところで、オリバー君は主人公とは名ばかり、周囲に振り回されるでく人形みたいなものである。

 分冊連載ものなので読者の反応をうかがいながら書いたせいもあるのかなと思ったけれど、1853年の Bleak House だって分冊ものだから、やはり15年もたつと小説家としての腕前がよほど向上したにちがいない。さすがにえらい人物はちがうものだ。

 ところが読み手の実力は何年たっても向上しないから困る。心にグサリと刺さる(笑)マザーグースの歌を29年前の拙訳でご紹介しよう。まずくても文句をいってはいけない。なにしろこちとら29年たってもさっぱり進歩の見られないアホなんだから。

  When I was a boy
  (餓鬼の頃から)
     I had but little wit;
     (おつむが鈍く)
  'Tis a long time ago,
    (年をとっても)
     And I have no more yet;
      (このとおり)
  Nor ever, ever shall
  (だめはだめだよ)
      Until that I die,
     (死ぬまでは)
  For the longer I live
   (長生きするほど)
     The more fool am I.
       (あほになる)

|

« Daily Oregraph: 風の音にぞ | Main | Daily Oregraph: 金貨を囓る話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 風の音にぞ | Main | Daily Oregraph: 金貨を囓る話 »