« Daily Oregraph: ミヤマニガウリの秋 | Main

October 10, 2019

Daily Oregraph: をかしきこと

191010_01
 神奈川県のAさんが、ありがたいことに、今年もどっさり落花生を送ってくださった。こいつの塩茹でをモグモグやりながら、今この記事を書いている。

 さて相変らず色気のない論文と格闘して疲れたから、中川@やたナビさんのツイッターに紹介されていた『宇治拾遺物語』中の「河原院での宇多天皇と源融の幽霊とのバトル」(笑)をさっそく拝読した(どうもありがとうございます)。なにしろぼくは、河原院跡に二度も足を運んだほどの、奇人源融ファンなのである。

 ちょっとだけ勝手に引用させていただくと、(融の左大臣は)「陸奥(みちのく)の塩釜(しほがま)の形(かた)を作りて、潮(うしほ)を汲み寄せて、塩を焼かせなど、さまざまのをかしきことを尽して住み給ひける」というのだが、問題は「をかしき」である。

 驚くなかれ、三千人もの人足を使って塩を焼いたというから、話半分としたって、当時の人々から見ても尋常のふるまいではあるまい。まさか「趣がある」などという人がいたとは思われず、21世紀のぼくと同じく「ヘンテコな」と思ったにちがいない。一筋縄ではいかない京都人のことだから、当時どんな陰口を叩いたものか、想像するだけでおかしくなってくる。

 そんな変人だから、天皇さんに向っても傍若無人のふるまいをするのかというと……二人のバトルについては、中川さんの校訂本文をぜひお読みいただきたいと思う。もうからないお仕事をコツコツとつづけておられる中川さんもまた、奇人というべきであろう……というのは、もちろんほめているのである。鴨川のほとりで塩を焼くよりは、千倍も世のためになるのだから。

|

« Daily Oregraph: ミヤマニガウリの秋 | Main

Comments

塩ゆでの落花生とは・・・まだ私は未経験、いかなるものやら、見当もつきませんが・・・スコッチなど片手に「塩茹でをモグモグ」するにはちょうど良いでしょうね。

それにしても、中川さんのお仕事には頭が下がるばかり、私の場合いろいろと為になることばかりです。

Posted by: 三友亭主人 | October 13, 2019 22:07

ご紹介ありがとうございます。
源融の塩釜ですが、塩竈なんて当時は簡単に行けるところじゃないし、塩焼きも京の貴族からすれば珍しい光景ですから、案外趣があると感じたんじゃないでしょうか。
東京ディズニーランドなんかのニセヨーロッパとかニセアメリカへいくような感覚で。
ちょっと成金趣味っぽいですが、台頭しつつあった藤原氏へのハッタリとかもあったかも。

Posted by: 中川聡 | October 14, 2019 22:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: ミヤマニガウリの秋 | Main