« Daily Oregraph: 新年のご挨拶 | Main | Daily Oregraph: すゐとんの話 »

January 07, 2019

Daily Oregraph: 刃なしの梨

190107_01

 あいかわらず好天がつづいているけれど、日陰の通りはごらんのとおり。

 さて正月早々意外の出来事があったため、ちょっと生活のリズムが狂い、ブログをさぼっていたら、案の定、あいつ倒れたんじゃないかと心配して、メールをくださった方がいる。そこでしょうもない生存証明写真を載せた次第である。

 読書はつづけているのだが、案外こういうときは頭が受動態(?)になっているものだし、そうでなくとも本によってはネタにしにくいものもある。

 しかしなにも書かないのは無愛想だから、ジョイスの小説からほんの一節を取り上げてみよう。英単語をふたつ、確実に覚えられるので、受験シーズンにはぴったりかもしれない。

 ブラインドの端と窓枠との隙間から、青白い光がひとすじ洋梨(pear)のように射し込んだ。-『若き日の芸術家の肖像』(第3章)より

 はて、「洋梨のように」とは奇っ怪な。いくらえらい小説家だって、そんなへんてこな比喩を用いるものだろうか?

 察しのいいお方ならすぐにわかるように(高校一年生ならほめてあげます)、もちろんこれは誤植である。この場合、pear は洋梨というより「刃なし」だから(笑)「刃」をつけて spear(槍)にしてやれば、一条の光が鋭く射し込んだという、うまい形容になる。

 とにかく誤植には腹が立つものだ。ヘンだなあとは思いながらも、意味がすぐに取れぬ場合、まずは自分の頭を疑わざるをえないからである。ちゃんと活字を組んでくれよな。

|

« Daily Oregraph: 新年のご挨拶 | Main | Daily Oregraph: すゐとんの話 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 新年のご挨拶 | Main | Daily Oregraph: すゐとんの話 »