« Daily Oregraph: 裏庭画報 枯草無念流 | Main | Daily Oregraph: 歳末散歩 »

December 24, 2018

Daily Oregraph: ひと切れの Stollen

181224_01

 不信心者にも平等に盆、クリスマス、年の暮れはやって来る。

 クリスマスだからシュトーレンを食べるのではなく、麦穂亭が送ってくれたシュトーレンを食べるからクリスマス。

 このお菓子は雪に見立てた粉砂糖をたっぷりまぶしてあるので、雪かきをしてから食べなくてはいけない。最近運動不足ゆえ、たくさんはいただかない。たったひと切れである。

 ずいぶん以前のことだが、イギリス人にクリスマスのケーキをごちそうになったことがある。ちょっと固めで、みかけはドイツのシュトーレンそっくり(あるいは親戚なのかもしれない)。

 ところが一口ほおばったとたんに頭がキーンとするくらい甘いのには閉口した。砂糖をさらに濃縮しているんじゃないかと思ったほどで、涙をこらえて完食したのである。それ以来、申し訳ないけれど、イギリス人の味覚にはいささか不信を抱いている。

 麦穂亭謹製のシュトーレンはほどよく上品な甘さである。シュトーレン一般がそうなのか、日本人向けに甘さを調節しているのかはわからないが、たいへん結構なお味であった。

 というわけで人並みにクリスマスを迎え、めでたし、めでたし。

|

« Daily Oregraph: 裏庭画報 枯草無念流 | Main | Daily Oregraph: 歳末散歩 »

Comments

「ぼうっとして生きて」いるうちに、気が付けばクリスマスの夜になってしまいました。てなことで、クリスマスらしいものは何にも食せずに・・・
このまま「ぼうっとし」たままに正月に突入か・・・てな感じです。別に忙しいってわけじゃあないんですがねえ。

Posted by: 三友亭主人 | December 25, 2018 at 22:13

>三友亭さん

 毎年のことながら、いつの間にか一年が終っちゃいますね。

> 別に忙しいってわけじゃあないんですがねえ。

 今は先生が走り回る季節のはずなのに……(笑)

Posted by: 薄氷堂 | December 26, 2018 at 12:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 裏庭画報 枯草無念流 | Main | Daily Oregraph: 歳末散歩 »