« October 2018 | Main

November 13, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 11月13日

181113_01_2

 空も海も十勝ブルーの上天気。しかし夕方になるとぐっと冷えこんできたので、初めて防寒着を着用した。

181113_02_2
 今日もみんなマジメに働いている。

181113_03_2

 ぼくもけっしてサボっていたわけではないが……艙内でこんなふしぎな光景を目にして、思わずシャッターを切った。

 もちろん外板に穴が開いているわけではないし、心霊写真でもない(笑)。久々の偶然芸術である。

| | Comments (0)

November 12, 2018

Daily Oregraph: 十勝港絵日記 11月12日

181112_01

 厚内海岸の朝焼け。

 この種の写真を撮る趣味はないけれど(第一そのために早起きする根性がない……(笑))、たまたま通りかかったのである。心なき身にも、鮮やかなものだと素直に感じられる景色であった。
 181112_02

 本日の船上セキュリティチェックポイント。そろそろマンネリだから、裏側からレンズを向けてみた。

 少々疲れたので今日はこれにて。

| | Comments (0)

November 07, 2018

Daily Oregraph: 落葉の街

181107_01

 うすら寒い一日であった。橋の上に立つおねえさんも寒かろう。

181107_02

 飲屋街の紅葉見物もちょいとオツなものである。

 しかしぼくみたいな風流人(?)はごく少数派とみえて、通りにはとんと人影が見あたらない。昼間から顔を赤くしたおっさんたちが立飲み屋にたむろしている大阪あたりとはえらいちがいである。

 道路のあちこちには落葉が降り積もり、

181107_03
ここでは二人のおばさまがそいつを掃き集めていた。客商売だから店先をきれいにしているのだろうが、まことにご苦労さまである。

 そういえば、わが裏庭ももう一度落葉拾いをしなくては……

| | Comments (2)

November 04, 2018

Daily Oregraph: 定例散歩 11月4日

181104_01

 快晴。海がギラギラまぶしく光っている。太陽の威力恐るべし。

 ポカポカと暖かく、絶好の散歩日和である。

181104_02

 知人の浜に打ち寄せられた昆布。いまでは船を出して昆布漁をする光景は見られないけれど、近所の漁師さんたちが拾い集めて、

181104_03

使われていない線路上に干している。自家消費用なのだろう。これは大根とちがって、年中見られる景色である。

 ぼくも散歩のついでに昆布拾いをしたいところだが、残念、それは御法度である。漁業権がないからだ。みなさまもご注意あれ。

 気持のいい散歩であったが、さすがに毎度同じコースでは飽きてしまう。そろそろ大都会のゴチャゴチャした路地裏が恋しくなってきたところだ。いまの時期なら関西あたりがいいだろうなあ。

| | Comments (2)

November 01, 2018

Daily Oregraph: 大根干したり

181101_01

 十一月の空と海。まずまずの天気で、さほど寒くはない。

181101_02

 春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしたり天の香具山というのは、やはり名歌だと思う。たいへん詠みぶりが素直だし、さわやかでモダンな感じがする。とても大昔の歌とは思えない。

 さてわが釧路では、いまの時期どこの家でも大根を干す……というのは実は半世紀以上昔の話で、最近ではめったに見かけぬ光景なのである。

 干してシワシワになった大根は、やがて沢庵になるのだが、ぼくはタクアンが大の苦手ときている(笑)。日本人のくせにタクアンぎらいということは、子どものころから少数派の悲哀を味わってきたということだ。

 しかし大根を干しているところを見るのはなつかしくて心惹かれる。冬の接近をやんわりと感じさせるところがいい。

| | Comments (2)

« October 2018 | Main