« Daily Oregraph: 買い出し風景 | Main | Daily Oregraph: 西港好天 »

September 11, 2018

Daily Oregraph: フキの葉枯れる頃

180911_01

 枯れたフキの葉が目立つようになった。明らかに季節が移ろうとしている。

 やっとスーパーの店頭に卵・牛乳・パンが並ぶようになった。肉・魚・惣菜・冷凍食品の棚も充実してきた。しかし納豆や豆腐はまだ見あたらない。元通りになるまでにはまだ二三日かかるのかもしれない。

 このたびの北海道大停電を利用して、泊原発の再稼働を主張する連中がいるのには呆れるほかない。わずか震度2で外部電源が喪失したのである。もし直下で大地震が発生して事故が発生したら、大都市札幌も無事ではすむまい。

 福島原発の大事故になにも学ばなかったとしたら、知的欠陥を疑われてもしかたのないレベルである。TVのヨイショ番組によれば、日本人は世界中で尊敬される立派な国民らしいけれど、某首相からして軽蔑の対象としか思えないし、穴があったら入りたいほど恥ずかしいから、深刻に反省したほうがよさそうだ。

 急に秋風が身に沁みてきた。

|

« Daily Oregraph: 買い出し風景 | Main | Daily Oregraph: 西港好天 »

Comments

>わずか震度2で外部電源が喪失

本当にあきれ返っちゃいますよね。
東北の震災以前の、原発を推し進めていた連中のあの自信に満ちあ説明はいったい何だったのか・・・よくもまあ、こんだけの脆弱なものを安心しろと我らに押し付けていたものかとむかっ腹が立つばかり。

Posted by: 三友亭主人 | September 12, 2018 at 22:33

>三友亭さん

 原発だけでなく、水力にせよ火力にせよ、発電風車にせよ、太陽光パネルにせよ、もちろん事故は起きるものです。人間の活動するところ、絶対に事故は避けられません。

 問題は被害の程度ですよね。人間に事故の処理ができるかできないかでは、天地の差があります。

 そのちがいをわきまえないのであれば、民度を疑われても仕方がないと思います。 

Posted by: 薄氷堂 | September 12, 2018 at 23:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 買い出し風景 | Main | Daily Oregraph: 西港好天 »