« Daily Oregraph: 裏庭画報 雪の朝 | Main | Daily Oregraph: 裏庭画報 気分直し »

December 06, 2017

Daily Oregraph: 雪景色

171206_01
 色の白いは七難隠すというが、四国の某獣医学部ばかりはいくら雪が降ってもタールのように真っ黒なままだろう。まことに恥ずかしいことだ。

 しかしわれらが旧弥生中学校跡地への道は、たしかに七難隠れて、清浄そのものである。どんな景色が拝めるか、期待に胸膨らませて行ってみることにした。

171206_02
 おお、これは……

 ほんとうは崖っぷちまで歩いて、太平洋をながめるつもりだったけれど、神聖冒すべからざる空気を感じて、足を踏み入れることは遠慮しておいた。

 さて新雪は滑らないものだが、車のタイヤに押しつぶされると道路はツルツルになる。転んでケガをしたくないから、このあとすぐに散歩を切り上げて、運動不足のまま帰宅。毎年冬になると体重が増えるのはそのせいである。

 雪景色は美しいけれど、雪だるまのようにふくれた腹は見苦しい。どうしたものだろうか……

|

« Daily Oregraph: 裏庭画報 雪の朝 | Main | Daily Oregraph: 裏庭画報 気分直し »

Comments

いやあ~真白ですなあ。
釧路がこんなふうになっているときに、私の方は若いお客さんたちを引き連れて、琉球の地へ・・・

若い人たちはせっせとマリンスポーツに励んでおられました。

狭いようで・・・広いもんですなあ・・・この国は・・・

Posted by: 三友亭主人 | December 07, 2017 at 07:08

>三友亭さん

 おやおや、それは大変お疲れさまでした。

> 若い人たちはせっせとマリンスポーツに励んでおられました。

 聞くだけでゾクゾクと寒気がしてまいります。今の季節、その若い人たちが釧路の海でもマリンスポーツを楽しめれば、あっぱれです(笑)。

Posted by: 薄氷堂 | December 07, 2017 at 17:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 裏庭画報 雪の朝 | Main | Daily Oregraph: 裏庭画報 気分直し »