« 京都足棒日記 京都ア・ラ・モード 後編 | Main | 京都足棒日記 羅城門ここにあり »

April 07, 2017

Daily Oregraph: 流氷消ゆ

170407_01
 千代ノ浦の流氷はウソのように消えてしまった。昨夜の雨のせいだろうか、道路脇に点々と残っていた雪もまた……

 しかし五月の初めまでは雪の降る可能性があるから油断できない。女心と春の空である(ちがったっけ?)。

 しばらく中断していた英単語帳の作業を再開。現在10,165項目である。目標としては15,000項目程度。

 京都シリーズ本編は明日以降。しばらく時間を持て余すことはなさそうだ。ありがたや、ありがたや。

 なおここで今回の旅行で使用した CASIO のコンパクトデジカメ ZR-3000 についてメモしておくと、

170407_02 
背面の SET ボタン外周のリングを左右に回すことによって、簡単に露出補正できる。ところが便利と不便はしばしば共存するものらしく、このリングが軽く回転するために、知らぬ間に体に触れて補正値が変ってしまうのである。

 これには弱った。常用-1/3 なのに、+0.7 になっていたりするのである。そのためレタッチしきれない写真が多かった。もっとひんぱんにチェックすべきであった、と反省している。

 もう一つ、これまで使用して感じたのは、いわゆる色収差が目立つことだ。だから暗い部分と明るい部分が同居する場合、それぞれの色合いがかなりちがってしまうのは残念。

 しかしそれ以外には大きな不満はない。それどころか、電池の持ちのよさは特筆もので、200枚以上撮影してもビクともしないからありがたい。電池の目盛りがひとつ減ってからのねばりも驚異的で、まさに旅行用カメラとしてはうってつけだと思う。

 いくら画質がよくたって、もはやじゃまくさい一眼レフを旅行に持ち歩く気にはなれない。豪邸よりも方丈の庵、みたいな心境である(笑)。

|

« 京都足棒日記 京都ア・ラ・モード 後編 | Main | 京都足棒日記 羅城門ここにあり »

Comments

「京都シリーズ本編」・・・楽しみですねえ。

滅多に出かけない旅ではありますが・・・そんなときすらカメラを持ち歩くことがなくなり、もっぱらスマートフォンだより・・・

カメラはここ5年程買ってはいませんが、その間に更新したスマートフォンのカメラが望遠の機能を除けば、手持ちのカメラよりも機能的に優れていますので、そうなってしまいます。もっといいカメラを買って・・・とは思うのですが、こんな機材の昨日は日進月歩。アレコレ目移りがしてしまいますが・・・付き合っていたらきりがありません。

Posted by: 三友亭主人 | April 08, 2017 at 08:10

>三友亭さん

 道具は自分の目的を果たせればそれで十分。スマホで間に合っていれば、大枚をはたいてカメラをお買いになる必要はないと思います。その予算でちょっとした小旅行ができますからね。

 ぼくは古いガラケー使いですし、保守派なものですから(笑)、頑固にカメラを使っているだけなんです。

Posted by: 薄氷堂 | April 08, 2017 at 20:42

薄氷堂さん、こんにちは!
カシオのデジタル写真機、とても良さそうですね。
私はカシオのソーラー電池式電波時計を使っていますが、
もう何年も電池交換なしで、正確無比、とても役に立っています。
デジタル写真機が壊れてから、携帯とiPadだけでやってます。

Posted by: 只野乙山 | April 10, 2017 at 08:15

>只野乙山さん

 いくつか欠点はありますが、わりと気に入っています。

> デジタル写真機が壊れてから、携帯とiPadだけでやってます。

 iPad のカメラ機能はかなり優秀ではないでしょうか。

 ぼくもだんだん写ればいいや、という達人の心境(?)に近づいてきました。第一カメラの性能と腕前は比例しませんしね(笑)。

Posted by: 薄氷堂 | April 10, 2017 at 21:50

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 京都足棒日記 京都ア・ラ・モード 後編 | Main | 京都足棒日記 羅城門ここにあり »