« Daily Oregraph: 豚丼を食う | Main | 大阪一日散歩 鶴橋迷宮編 (3) »

April 28, 2017

大阪一日散歩 鶴橋迷宮編 (2)

Cimg2699
 ちょっと通路の狭い商店街かな……最初はそう思った。ふうん、案外洒落た感じじゃないか。

Cimg2702 
 あとで思えば、どうやら扱う商品によって住み分けがあるらしい。衣料品は不得意とするところだから、どんどん先へ進むと、

Cimg2703 
 やがてキムチの提灯とともに雰囲気は一変する。

Cimg2707 
 チヂミ、韓国のり巻。なるほどここは朝鮮半島文化が優勢らしい。

 写真を見直して気づいたのだが、正面奥のおっちゃん二人は昼前からビールを一杯やっているようだ。うらやましい。

Cimg2710 
 知らぬうちに青空の下に出た。左側のお店では、ベンチに腰かけてチヂミを食べられるのである。 おばちゃん、うまそうですなあ。

Cimg2711 
 この場所には案内地図があったけれど、一度見たって、とても覚えきれるようなものではない。

 どうやら東西南北にいくつかの「班」に分れているらしい。地図を見るかぎりでは「迷宮」とはちと大げさなのだが、アーケードの中では方角の見当がつきにくいから、初心者泣かせであることはまちがいない。

 次回は印刷された案内図を手に歩こうと、かたく心に誓ったのであった(笑)。それでも何度か通わねば「つるしん」の達人にはなれないだろう。

Cimg2712 
 ふたたびアーケード内に入る。

 ぼくはあまりキムチは得意ではないけれど、この色彩は鮮やかでいい。

Cimg2713 
 すてきな笑顔のおばちゃん、何も買わんと冷かしで、ほんまに申し訳ありまへん。堪忍してや。

Cimg2714 
 こちらは魚屋さんに八百屋さん。

Cimg2715 
 店先には見たことのない品も並んでいる。

Cimg2722 
 おもちゃ屋さんもある。キムチとチヂミのあとに見ると、いささか異質なものが出現したようだ。

 お隣の菓子屋さんの看板がまたいい。かなりの歴史を感じさせる。

Cimg2724 
 昭和に生まれ育った男にとっては、記憶の奥底を揺すぶられるような景色である。

 ツンと澄ました高層ビルやのっぺらした巨大商業施設には、貧乏人を見下したような傲慢さと一種の敵意さえ感じるから、ジジイの居場所はない。ここなら冴えないおっさんがウロウロ歩いていても景色に溶けこんでしまうから、なつかしい場所に帰ってきたような心地がする。

Cimg2728 
 どこをどう歩いたのかさっぱりわからぬまま、大きな通りに出た。たぶん「つるしん」の半分も見ていないと思う。

Cimg2729 
 ふうん、鶴橋卸売市場か……なんだか平凡でつまらなそうな建物である(今思えば、たぶん外側だけ補修したのだろう)。どうしようか迷ったけれど、思い切って入ってみることにした。

 なんとここも見かけと中身は大ちがい、第二の迷宮といってもいい場所なのであった。鶴橋恐るべし。

(つづく)

|

« Daily Oregraph: 豚丼を食う | Main | 大阪一日散歩 鶴橋迷宮編 (3) »

Comments

楽しんでおられますなあ・・・私も若いころ数度ふらついたことがありますが、くまなく歩きつくせたかは不明です。

でも・・・たのしいよなあ、あの町は・・・

Posted by: 三友亭主人 | April 29, 2017 at 16:13

>三友亭さん

 くやしいけど、鶴橋には完敗です(笑)。難攻不落の迷路ではないかと……

 商店街ファンの聖地ですね。

Posted by: 薄氷堂 | April 29, 2017 at 22:38

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 豚丼を食う | Main | 大阪一日散歩 鶴橋迷宮編 (3) »