« 【新刊案内】 英単語帳はいかが? | Main | Daily Oregraph: 雪のち晴れ »

March 03, 2017

Daily Oregraph: 丘の上から

 やっと余裕ができたので、午前中に確定申告をすませてきた。インターネットでもできるのは知っているけれど、なにをどこに入力すればいいのかわかりにくいので、毎年現在日本で最も親切な役所である(笑)税務署へ行くことにしているのだ。

 いや、冗談ではなく、実に客あしらいがよろしく、手取り足取り丁寧にかつ根気よく教えてくださる。日頃不満だらけの消費税を少し取り戻した気分になれるのは、ひょっとしたらまんまと術中にはまったのかもしれないが、客商売をされる方は、ぜひ税務署のサービスをお手本にしていただきたいものである(笑)。

170303_01

 気も楽になったことだし、午後は散歩に出かけた。今日は丘の上から知人の浜を眺めてみようという趣向である。

 とんでもない田舎のように写っているが、実はそうではない。回りは住宅街である。

170303_02 
 釧路埼灯台近くの丘、というより崖の上から見た知人の浜。釧路に残る昭和的風景の代表といっていい。

 ぼくは阿寒湖や摩周湖の景色よりも、迷わずこちらを選ぶ。旅人にはおすすめの場所である。必ずや旅愁にひたることができるだろう。さあ、あなたもぜひいらっしゃい。

|

« 【新刊案内】 英単語帳はいかが? | Main | Daily Oregraph: 雪のち晴れ »

Comments

>崖の上から見た知人の浜。

いいですねえ、この景色。
少々甘ったるい、あつ~い缶コーヒーでもすすりながらしばらくの間魅入りたい・・・そんな気がします。

Posted by: 三友亭主人 | March 04, 2017 at 23:06

>三友亭さん

 たとえば摩周湖はたしかに美しいんですけど、どうも親しい関係にはなりにくいんですね。ははあ、実にきれいな景色ですなあ、と恐れ入るしかない。いわば手の届かない美女といったところでしょうか(笑)。

 この景色、あつ~い燗酒でもすすりながら見入りたいとはお思いになりませんか?

Posted by: 薄氷堂 | March 05, 2017 at 12:53

釧路埼から見る海は、広い太平洋であり、その先は何も見えないのでしょうね。私の家から最寄りの海は博多ふ頭であり、全てが人の手が入り、面白くありません。
 海で感動した風景は、やはり太平洋をぐるりと見渡せる、宮崎の都井岬です。でも海の雰囲気が北と南で全然違うのでしょうね。以前仕事で紋別に降りたときに、事前に、着陸後に知床半島に行きたいと申し出たら、現地の方に時間的に無理だ、と笑われました。よそ者の現地知らず、ですね。

Posted by: トニー | March 06, 2017 at 21:35

>トニーさん

> その先は何も見えないのでしょうね。

 とんでもありません。天気のいい日には、かすかに北米大陸が見えますよ。

 まさか! とお思いでしょうが、修行を積めば見えるのです(笑)。

> 知床半島に行きたい

 う~む、紋別からですと、かなり時間がかかりますね。

 知床もさることながら、オホーツク海沿いの道のドライブをおすすめします。さびしい景色がつづくけれど、なかなか味がありますよ。

Posted by: 薄氷堂 | March 06, 2017 at 22:55

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 【新刊案内】 英単語帳はいかが? | Main | Daily Oregraph: 雪のち晴れ »