« Daily Oregraph: 温根内 5月28日 (1) | Main | Daily Oregraph: 裏庭画報 コンロンソウ »

May 29, 2016

Daily Oregraph: 温根内 5月28日 (2)

160528_21
 C地点から左に折れてしばらく行くと、木道は木立の中を縫ってつづく。木道の両脇にはヒメカイウが咲いていた。見ごろはこれからだろう。

160528_22 
 ヤマドリゼンマイ。ちょっとしたロストワールド気分を味わえる。

160528_23 
 木立を抜けると、見るからに栄養の足りなそうな土地が一面に広がっている。この景色の変化こそ温根内木道の魅力のひとつだと思う。

160528_24 
 ワタスゲ。

160528_25 
 (エゾ)イソツツジはまだちらほらと咲きはじめたばかり。見ごろは六月に入ってからだろう。

160528_26 
 乾燥地帯を抜けるとふたたびあたりには草が生い茂り、ところどころ水面が見えて湿原らしくなってくる。

 ミツガシワが開花していたけれど、これも見ごろは六月。

160528_27 
 この日のハイライトはこれ、ハナタネツケバナである。こいつが咲くのはたしか六月上旬だと記憶していたから、うれしい誤算である。やって来た甲斐があったというものだ。

 しかも今年は豊作らしく、たくさん咲いていたのもうれしい。

160528_28 
 せっかくだから、おまけにもう一枚(笑)。これはどこでも見られるというものではないし、実に可憐な花だから、ぜひ実物をごらんになるようおすすめしたい。

160528_29 
 たっぷり一時間以上楽しんでお別れ。ここはいつ来てもいい場所だけれど、時期をひとつだけ選べといわれたら、やはり六月だろう。あなたも、ぜひ。

|

« Daily Oregraph: 温根内 5月28日 (1) | Main | Daily Oregraph: 裏庭画報 コンロンソウ »

Comments

いやあ、結構な散歩道のご紹介、ありがとうございました。
実にさわやかな道で・・・さすがは釧路・・・と思いつつ写真を拝見致しておりました。
行って実際に歩いてみたいのは山々なのですが・・・懐具合がなかなか思うに任せず・・・

きっといつかは・・・と念じながら読ませていただきました。

Posted by: 三友亭主人 | May 30, 2016 at 07:44

>三友亭さん

 ほんと、ここを歩くと気分爽快ですよ。いやなことを忘れられますから。 

> 懐具合がなかなか思うに任せず・・・

 ぼくたちにも流用できる政治資金があればいいんですけどねえ(笑)。

Posted by: 薄氷堂 | May 30, 2016 at 23:14

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 温根内 5月28日 (1) | Main | Daily Oregraph: 裏庭画報 コンロンソウ »