« Daily Oregraph: 歳末千両の夢 | Main | Daily Oregraph: 人の写真で…… »

December 29, 2015

Daily Oregraph: 年末完璧散歩

 定期散歩コースを歩くのも今年最後だから、ゆっくり歩いてみよう。マンネリ?……大いに結構ではないか(笑)。

 昨日は冷たい風に吹かれ、途中で引き返したけれど、幸い今日は風も弱く絶好の散歩日和である。

151229_01

 海がギラギラ光っている。こうして見るといつも錯覚するのだが、どうして海の水が溢れて流れこまないのだろうか?

151229_02 
 定点撮影その一。赤色灯が点っているところを見ると、今日は石炭列車が通るのだろうか。

 ぼくは目がよろしくないから、この時は気づかなかったけれど、人影が見える。このすぐあとですれ違ってわかったのだが、いつぞやぼくに声をかけたおじさまであった。やはりカメラをぶら下げて年末の散歩に来られたらしい。

151229_03 
 定点撮影その二。

151229_04 
 こちらが第二定点撮影地点。いつもここから北米大陸にレンズを向けるのである。

151229_05 
 定点撮影その三。いまや市内では数少ない貴重な砂浜である。カモメが一羽も見当たらないのはめずらしい。

151229_06 
 今日は今年最後だから知人の浜に降りてみよう。

151229_07 
 この近所のおばさまに声をかけられた。しばらく立ち話をして、

 -もう船で昆布の漁はしていないんですか?

 -しているの。だけど、今はここからは船を出さないの。あっちの岸壁から出すの。昆布もここには干さないのよ。

 -へえ、そうですか。昔はにぎやかだったのに、船の数が減りましたね。

 -みんなやめたからねえ。

などと、ひとしきり昔話に花が咲いた。おばさまに不審な男だと思われなかったのはなによりである。

151229_08 
 浜で数枚写真を撮ってから知人の路地へ向かう。丘の上に見えるのは釧路埼灯台である。

151229_09 
 おお、いたか! 知人の主である眠り猫に年末の挨拶をすませ、

151229_10 
例の廃屋にも別れを告げる。ずいぶん傾いているけど、無事に年を越してくれ。

151229_11 
 米町公園の崖下を通り、交差点を渡って、旧東栄小学校へ向かう坂道を登る。ここはめったに撮らぬ場所(それも無理はないが)なので、この際だからふり返って一枚パチリ。

 右が南大通り、左が米町。赤信号の向こうは二手に分れて、左は知人・南埠頭、右は港町に至る。そんなこと知ってらあ、などとおっしゃらぬように。このあたりを歩こうという、奇特な旅人の参考になればというつもりなのだから。

151229_12 
 表通りにはほとんど雪はないが、一歩脇道へ入るとごらんのとおり。もう正午も近いというのに、道路はカチカチに凍りついている。ハイヒールなんて履いてはいけませぬ。

151229_13 
 トコトコ坂を登って、旧東栄小学校到着。ここもさんざん見なれているからふだんレンズを向けたことがない。町並の記録を志すものの義務を果たすべく、シャッターを切っておこう。

 散歩のフルコースである。まさに完璧。年末を飾るにふさわしい出来であった。

|

« Daily Oregraph: 歳末千両の夢 | Main | Daily Oregraph: 人の写真で…… »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 歳末千両の夢 | Main | Daily Oregraph: 人の写真で…… »