« Daily Oregraph: 裏庭画報 最後の小松菜 | Main | Daily Oregraph: ネクタイを締める話 »

October 30, 2015

Daily Oregraph: カシワソバを食う

151030_01
 上天気に誘われて秋の春採湖を散歩……ではなく、ひさびさに湖畔の老舗竹老園でソバを食おうとやって来た。

151030_02 
 -えっ、旦那、今日はカシワソバですかい? 一体どうなさったんで。

 春夏秋冬を問わず、晴れても降っても、ソバ屋ではモリソバしか食わぬ男がカシワソバを注文するというのは、ちょっとした事件である。あいつ変節したんじゃないか、といわれても仕方がない。

 しかし石が流れて木の葉が沈み、憲法だって解釈次第でどうにでもなる世の中だから、ぼくがモリソバ主義を曲げたって文句をいわれる筋合いはない。どこぞの傲慢な官房長官のマネをして、粛々と(いいたいが、ズルズル音を立てて)カシワソバを味わった。

 混雑を避けて11時半に入店したのだが、店内はすでに七分の入りであった。中年サラリーマンのグループも一組いたけれど、ほとんどが爺さん婆さん、ソバを食って長生きしようという寸法だろうが、そうは問屋が卸すかどうか……

151030_03 
 名物のそば寿司。これはなかなかオツなものだからおすすめできる。車の運転がなければ、こいつをつまみながら一杯やるのもいいだろう。

 暖かいソバを食って気分転換すればスランプから脱出できるかもしれないと思ったのだが、もう少し時間がかかりそうだ。お次は天麩羅ソバにでもしようか?

|

« Daily Oregraph: 裏庭画報 最後の小松菜 | Main | Daily Oregraph: ネクタイを締める話 »

Comments

カシワ蕎麦・・・いわゆる鳥南蛮ってやつでしょうか。
鳥をカシワっていうのは関西だけかって思ってましたが、釧路の方でもいうんですね・・・宮城では・・・どういってたかな?忘れてしまいました。

>名物のそば寿司。

かなり前まで・・・奈良にそごうのお店があった時東京の有名な蕎麦屋さんが店を出していました。そこに蕎麦寿司があったのですが、いつか食べてやろうと思っていたのですが、そのそごうがつぶれてしまい・・・

関西では・・・なかなかないんですよね・・・こういうお店・・・

Posted by: 三友亭主人 | October 30, 2015 at 22:58

>三友亭さん

 「かしわ」というのは親鶏の肉だろうと思います。ちょっと固めだけど、いい出汁が出るんですね。久しぶりに味わったら、とてもうまかったですよ。

 このお店のそば寿司は味付けが絶妙なんです。ぼくは酢があまり得意じゃないんですけど、これは大丈夫。ご馳走しますから、ぜひいらっしゃい。

Posted by: 薄氷堂 | October 31, 2015 at 06:49

こんにちは!
鶏肉を「かしわ」というのは関西だけだと思っていました。
かしわそば、というのはこちらでも聞いたことがありません。
鶏南蛮、のことかもしれませんね。

蕎麦寿司、なんかとても良さそうに思えます。
こちらでは見たことがありません。
これはもう、一本立てたくなりますね。

Posted by: 只野乙山 | November 01, 2015 at 12:22

>只野乙山さん

 こちらでも「かしわ」はどのソバ屋さんでも「かしわ」です。

 長ネギは西洋伝来だから南蛮というんですね。

> これはもう、一本立てたくなりますね。

 なります(笑)。

Posted by: 薄氷堂 | November 01, 2015 at 19:02

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 裏庭画報 最後の小松菜 | Main | Daily Oregraph: ネクタイを締める話 »