« Daily Oregraph: 雪かき速報 (2) | Main | Daily Oregraph: 気分はモノクロ »

February 03, 2015

Daily Oregraph: はや二月

150203_01
 いつの間にか二月。空気の入れ換えを兼ねて窓を開け、事務所から撮った一枚が今日の生存証明写真である。

 時刻は16時46分だから日没の9分後。寒々とした景色だが、だんだん日が長くなってきたのはうれしい。

 『灯台へ』はやっと178頁。わかるようなわからぬような気疲れする小説だが、熟読玩味に値する文章だということだけはわかる。「まさか、おまえなんかに」とお疑いの方もいらっしゃるだろうが(笑)、駄文かそうでないかはだれにでも直感的にわかるものだ。

 ふだん安酒ばかり飲んでいる(駄文ばかり書いている?)横丁の親爺がたまに高級な酒を飲んだとしてみよう。「あ、こいつはうめえや!」と驚くのがふつうであろう。それと同じである。

 ただしこの親爺、いくらいい酒を飲ませても「ああ、うめえなあ」というばかりで、どこがどううまいのか、さっぱり伝わらぬところが情けない。

 生れつきおつむがよろしくないうえに、「皮はサクサク、肉汁がジワリ」式のことをいうのは面倒だから、ひたすら「うめえ、うめえ」といいつづけ、たぶん死の間際には「あの酒はうまかったなあ」と言い残すことだろう。

|

« Daily Oregraph: 雪かき速報 (2) | Main | Daily Oregraph: 気分はモノクロ »

Comments

「あの酒はうまかったなあ」・・・
こんなふうに行って世を去りたいですよね。

「皮はサクサク、肉汁がジワリ」なんてことは、専門家に任せておけばいいんですよ・・・

Posted by: 三友亭主人 | February 04, 2015 at 23:04

>三友亭さん

> 専門家に任せておけば

 いやあ、たまにはいってみたくなるんですけど(笑)、なかなか言葉にならないんですよ。

 「うまいものはうまいんだ、文句あるか」の一点張りで押し通そうというんだから、酔っ払いはイヤですね。

Posted by: 薄氷堂 | February 05, 2015 at 20:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Daily Oregraph: 雪かき速報 (2) | Main | Daily Oregraph: 気分はモノクロ »