« Kyotorogy 2014: 六条河原院 | Main | Kyotorogy 2014: しめくくり-意味を求めて »

December 05, 2014

Daily Oregraph: Stollen, not Stolen

141205stollen
 う~む、以前も同じだじゃれをタイトルに使ったような気がするなあ(笑)。しかしスペルは大事だからエルは二つね。

 美濃国の住人麦穂亭が早くもクリスマスプレゼントを贈ってくれた。おまけにパンまでどっさり。米飯は月にほんの一二度しか食わぬほどパン好きのぼくにとっては、なによりの贈り物である。ありがとう。

 ドイツで修行した麦穂亭が「シュトーレンが無ければクリスマスといえるでしょうか?」という以上、ぼくもご馳走になる手前、「そうだ、そのとおりだ!」と断固応援するつもりである。だからぼくの首が空を飛んでいても、矢で射落として御首神社に奉納(?)するようなことはしないで欲しい。

 日本でも最近このお菓子はかなりポピュラーになったようで、本日仕事先へ車で向かう途中ラジオを聞いていたら、シュトーレンが話題になっていた。

 とてもうまいけれど、かなり甘いお菓子だから、下品にパクパク食べてはいけない。薄切りにしてほんの一切れ、紅茶と一緒にいただくのが作法である(それでいいんだよね?)。蒸留酒をチビチビやりながら一切れ、というのも案外いけるかもしれない。今年は試してみよう。

 さてなにもお返しはできないが、贈り物をいただいたときは、たとえへたくそでも歌のひとつも作るのが礼儀ゆえ、

  シユトーレン北の釧路で味はふ夜は
  美濃の国にも雪や降るらん

 今日は早出残業。ブログはお休みにしようと思って帰宅したのだが、麦穂亭のおかげで記事をひとつ書くことができた。まことにありがたいことである。

|

« Kyotorogy 2014: 六条河原院 | Main | Kyotorogy 2014: しめくくり-意味を求めて »

Comments

>蒸留酒をチビチビやりながら一切れ

蒸留酒は、甘いものでも結構いけますものね。
私もチョコレート(もちろん甘すぎないもの)をひと齧りしてはウイスキーをくいっとやったりしています。この場合水割りよりロックやストレートぐらいの方が気もしますが・・・

そうそう清酒でも甘く炊いたお豆さんで一杯なんてこともやってます。

Posted by: 三友亭主人 | December 06, 2014 23:21

>三友亭さん

 いけます、いけます。チョコレートをちょこりっと(←こちらのほうが正しい発音に近い(笑))というのもオツなものです。

 さすがに日本酒の場合、ケーキやチョコレートはどうかと思いますが、煮豆やちょっと甘めの佃煮なんぞはいけますね。中には羊羹や最中で一杯という方もいらっしゃるようですが……

Posted by: 薄氷堂 | December 07, 2014 07:22

美濃の国にも6日は雪が降りました。今年は例年より雪が早いようです。大垣は冬型が強まると「伊吹降ろし」と呼ばれる風がガンガン吹き付け、それに乗って雪雲が飛んできます。琵琶湖でたっぷり水蒸気を補給した雪雲が、米原・醒ヶ井・関ヶ原と大雪を降らせながら、大垣近辺まで流れてくるのです。長靴の上から雪が入るほど降った道を、登校したことが、小学生のころの懐かしい冬の思い出です。

Posted by: 聖母の鏡 | December 17, 2014 01:20

>聖母の鏡さん

 美濃の国にも雪は降りましたか。「伊吹おろし」については麦穂亭から聞きましたが、いかにも冷たそうな語感がありますね。

 北海道では有数の少雪地帯として知られる釧路市にも、とうとう昨夜からまとまった雪が降り始めました。

 ああ、雪かきをせねば……

Posted by: 薄氷堂 | December 17, 2014 07:50

雪かきご苦労様です。
こちらも雪国です。
今回は大垣より長良川水系の谷筋に沿っての大雪のようです。奥美濃と呼ばれる一帯が降っています。
昨夜、寝ぼけ眼でコメントしていて、「伊吹おろし」を当て字で打ってしまいました。「伊吹颪」なんて素敵な感じがあるじゃないですか!お陰様で一つ勉強できました。

Posted by: 聖母の鏡 | December 18, 2014 00:03

>聖母の鏡さん

 テレビのニュースを見たら、名古屋でも二十数センチの積雪とか。あちこちで雪が降ったようですね。

 なるほど「颪」ですか。これはいわゆる国字でしょうね。いかにも実感がこもっています。

Posted by: 薄氷堂 | December 18, 2014 17:43

The comments to this entry are closed.

« Kyotorogy 2014: 六条河原院 | Main | Kyotorogy 2014: しめくくり-意味を求めて »