« Daily Oregraph: 裏庭画報 チゴユリ | Main | Daily Oregraph: 裏庭画報 雨の合間に »

June 11, 2014

Daily Oregraph: なににたとへん

140606_08
 また小雨が降っている。こう天気が悪くてはやりきれない。

 さきほどちょっとだけ裏の畑に行ってみたら、小松菜がやっとそれらしくなったのはうれしいけれど、ここ数日のうちに雑草がはびこり、ゲリラ兵に取り囲まれた陣地のようになってしまっていた。こりゃあ草取りが大変だぞ。

 とても写真なんぞ撮る気にはなれないので、先日撮影したカジカの顔でもごらんいただこう。北海道弁でいう「みったくない」顔をしているが、実にいいダシが出る。また、こいつの肝は絶品である。

 さて『ピカデリー・ジム』につづいて読みはじめたのがドナルド・リチー(Donald Richie, 1924-2013 映画批評家)の The Inland Sea (瀬戸内海)。1971年初版の紀行文である。この本は二十年ほど前に東京か札幌で買ったもので、やっと積ん読から昇格したことになる。

 まだ読みはじめたばかりだが、当時の日本の文明批評とも受け取れる内容である。じっくりと味わうべきしみじみとした文章は、映画でいえば松竹大船調を思わせる。

 この本の巻頭に掲げられた詩をご紹介しよう。

    I hear they are building a bridge
   To the island of Tsu.
   Alas...
   To what now
   Shall I compare myself?

        ―an old Japanese poem

 はてな、元の歌はなんだろうか? というのが本日のテーマ。翻訳された詩を復元するのは、案外むずかしいものだ。あえて直訳してみると、

   津の島に
   橋を架けているという。
   ああ、
   今となっては
   わが身をなににたとえようか。

 しかしこれでは和歌にはならないので、少し考えてみたら、後半はすんなり思い浮かんだ。「今はわが身をなににたとへん」でまずまちがいないだろう。問題は前半である。

 ぼくは古典の素養がないからネット検索してみると、

  
難波なる長柄の橋もつくるなり今は我が身を何にたとへむ

という古今集の歌がヒットした。古くなった長柄の橋を新しく架けかえるというが、これからは老いたわが身をなににたとえたらいいのか、というほどの意味らしい。

 しかし後半は大正解だったが、津の島云々と元の歌とは微妙にちがう。「津」というのは「難波津」の「津」だろうか? ぼくの参照したサイトには、親切なことに関連する歌も引用されていた(ありがたいことだ。この場を借りてお礼申し上げたい)。


  世の中にふりぬる物は津の国の
長柄の橋とわれとなりけり 

 どうやら「津」は摂津の「津」らしいから、難波津と無関係ではないようだ。「長柄」は「ながらえる」にかけているようだ。

 リチーさんがどうしてこの歌を選んだのかは想像がつく。当時本四架橋工事の着工が話題にのぼっていたからだろう。まだ30頁ほどしか読んでいないが、新しい波の到来によって急速に失われつつある古き日本の美点に対する愛惜の念が強く感じられるのである。

 リチーさんが瀬戸内海を巡ってからすでに半世紀近く、もはや古きよき日本などどこへやら、一部の企業だけでなく政府までブラックになりつつある今、老いたわが身をなににたとへん。

|

« Daily Oregraph: 裏庭画報 チゴユリ | Main | Daily Oregraph: 裏庭画報 雨の合間に »

Comments

カジカさん・・・上手そうですね。
郷里でもよくこいつは食べていまして・・・・
もっとも、私の郷里で食べていたのはケムシカジカってやつで、私たちはボッケと言っていました。

そうそう・・・かなり前、網走の水族館に行ったら、こいつがゴロゴロと水槽の中に転がっていて・・・上手そうだなあってつぶやいたら、こんなもの食べるのって顔の妻が隣にいました。

Posted by: 三友亭主人 | June 12, 2014 at 05:43

>三友亭さん

 よく見ると愛嬌のある顔をしていますよね。いわゆるイケメンではないけれど、人柄(?)はよさそうだし、味はいいし(笑)、私利私欲にまみれた政治家連中よりはずっとマシかと思いますよ。

 しかしケムシカジカとはまたすごい名前ですね。ビックリしました。

Posted by: 薄氷堂 | June 12, 2014 at 21:56

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 裏庭画報 チゴユリ | Main | Daily Oregraph: 裏庭画報 雨の合間に »