« Random Haiku House フィクション編 | Main | Daily Oregraph: Windows 8.1 その後 »

January 07, 2014

Daily Oregraph: まじめが大切

140107_01
 今年初の船上セキュリティ・チェックポイント。今朝の最低気温は-12度だからそうたいしたことはないけれど、まあそれなりに寒くはあった。こんな場所で立ちん坊をするのは、あまりありがたくない仕事であろう。

 さて松の内もいよいよ終ることだし、ふたたび地味な仕事に戻らねばならない。正月など無縁のはずの男がついつい酒を飲み暮らしているうちに、嵐が丘はすっかり雪に埋もれてしまった。まじめにやらなくてはいけない。

 -大家さん、薬罐のことをどうしてケトルというんですかい?

 -あれはな、矢が当たってカン、また矢が当たってカン、というところからヤカンになったな。

 -それは落語の「やかん」ですよ。あっしが聞いてるのは英語のケトル。ははあ、さては横文字は知らねえんでしょう。

 -バカにしちゃいけない。おれに知らぬことはない。え~と、それはだな……昔イギリスでは薬罐で米を炊いたな。

 -へ~え?

 -イギリス人だって、たまには握り飯を食いたくもなろうさ。初めチョロチョロ中パッパ、さていい頃合いだと蓋を取ってみると、おお、炊けとる、炊けとる! それからタケトルになったな。

 -ほんとかね? どうも信用できねえ。

 -イギリスの『タケトル物語』には、ちゃんと「今は昔タケトルの翁といふものありけり」とあるぞ。この米の飯好きなじいさんは指物師で、娘は「家具屋姫」だ。

 -あれ、だけどさ、ケトルでしょう。タケトルの「タ」はどこへ行っちまったんで?

 -減反政策のせいで田はなくなってしまったのさ。それ以来イギリスでは麦ばかり食うようになった。

 ああ、たった今まじめにやろうといったばかりなのに……(笑)

|

« Random Haiku House フィクション編 | Main | Daily Oregraph: Windows 8.1 その後 »

Comments

The comments to this entry are closed.