« Daily Oregraph: 裏庭画報 ナナカマドの実 | Main | Daily Oregraph: アイタ アイタ マッカナ バラガ »

December 01, 2013

Daily Oregraph: 十二月の光

Pl1s3804
 上天気だけれど、さすがに浜の風は冷たい。軽装だったので、散歩を早々に切り上げて帰宅。

 ああ、もう12月か。

 今日の気分はリヒァルト・シュトラウスの「四つの最後の歌」。人生の12月にはまだ少し早いが、10月を過ぎたジジイにはふさわしい名曲である。第4曲「夕映え」は、まるで人が穏やかに息を引き取るときのように、静かに終わる。

 これがまたアルコールに合うから困るのだ。なんとなく白ワインがよさそうだけれど、ない袖は振れないから、ウィスキーで間に合わせることにしよう。

 『嵐が丘』は残すところあと4ページ。最後で意外に手間取っている。追い込み作業中なので、みなさまのブログは Read Only、失礼の段平に……

|

« Daily Oregraph: 裏庭画報 ナナカマドの実 | Main | Daily Oregraph: アイタ アイタ マッカナ バラガ »

Comments

ここ2・3日バタバタしてゆっくりとパソコンに向かう事が出来なかったので、お伺いするのが遅れてしまいました。
申し訳ありません。

前の記事にあります青空にナナカマドの実の写真もとても印象的でしたが、この海辺の風景も一幅の油絵のようで凄く良い感じです。

いよいよ手強い難敵との勝負もあと少しのようですね。
音楽とウイスキーが後押しをしてくれるなじゃないかと。
私も陰ながら僅かばかりの応援を…

Posted by: Nori | December 01, 2013 at 21:40

>Noriさん

 とんでもありません。こちらこそ失礼しております。

 本日やっと一通り作業は終わったのですが、やはりもう一度最初から見直すことにしました。間違いのあることは当然避けられないにしても、少しでも減らさなくてはと思ったのです。

 ウィスキーのはかどること(笑)。

Posted by: 薄氷堂 | December 02, 2013 at 20:01

こんにちは!
読書もいよいよ大詰めですね!
本文にあった曲はまだ聴いておりません。
なんだかとても良さそうな感じがしています。
この間のバーボン、まだ残っていますか?
今年最後(?)の読書、応援しております。

Posted by: 只野乙山 | December 03, 2013 at 10:18

まったく、感嘆符の12月。
月日がすぐ通り過ぎて行くのは年齢のせいでしょうか。
最近は日本酒に傾いております。
外で飲む時はカン酒。
酒を飲んじゃうとすぐ眠くなります。
勉強と両立できなくなりました。

Posted by: 根岸冬生 | December 03, 2013 at 13:30

冬の海はいいですね。
「秋の夕暮」を通り越してさらになんにもない・・・

けれども夏の海に何にもないのはちょいと・・・

この夏、帰郷して故郷の海を見てまいりましたが、昔、夏ならば海水浴でにぎわった砂浜には、人っ子一人おらず・・・寂しい思いをしてしまいました。

Posted by: 三友亭主人 | December 03, 2013 at 17:45

>只野乙山さん

 どうもありがとうございます。

 一通り終えたんですが、ここに至って方針を変更し、もう一度読み直して、注を大幅に増やすつもりです。

 高校生用の辞書を持った人ならだれでも、ちょっとがんばれば読めるものを目指します。スロー・ラーニングのおもしろさを知ってほしいからです。

Posted by: 薄氷堂 | December 03, 2013 at 19:37

>根岸冬生さん

 四季を通じて変わらぬもの……それはアルコールです。冬はちょっぴり日本酒が増えますけど(笑)。

 しばらくはなかなかコメントをさし上げられないかもしれませんが、事情ご賢察のほど。

Posted by: 薄氷堂 | December 03, 2013 at 19:39

>三友亭さん

 こちらの海は冷たすぎて、真夏でも遊泳禁止なんですよ。一年中さびしい海岸です。

Posted by: 薄氷堂 | December 03, 2013 at 19:41

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 裏庭画報 ナナカマドの実 | Main | Daily Oregraph: アイタ アイタ マッカナ バラガ »