« Daily Oregraph: 酔生夢死 | Main | Daily Oregraph: 八ヶ月後 »

October 25, 2013

Daily Oregraph: 低気圧の男

131025_01_2 
 このところなにをしてもうまくいかず、どうも気分が晴れぬので、山花温泉でひとっ風呂浴びてきた。

 小雨降る中で露天風呂につかり、ほんの少しは気分転換になったけれど、抜けるような青空が欲しかった。ただでさえ気が滅入っているというのに、気圧が低いと頭をぐいぐい押さえつけられた気分になるからだ。

 帰り道にふと思いついて、漁船派の三友亭さんのために一枚パチリ。こういう景色は釧路も塩釜も変わらないだろう。

 さていささか唐突だが、気晴らしのため南方熊楠先生のダジャレでも。

 少年また王后の麗容に驚き、たちまち象牙の英語で相惚れときた。

 う~む、ivory が相惚れねえ(笑)。

 大悦びで夫と共に二児を大籃(かご)にふせおいた体、あたかも安珍を道成寺の鐘下に匿(かく)したごとし。禿鷲は執念深いからどうせただはおくまい、ドウモ安珍ならぬと案じたのだ。 (以上『鷲石考』より)

 まあ、こんな起承転結のない文章を書くようでは、ぼくなどは「残酷な」の英語で狂える(cruel)ときているから、清姫もあきれて追いかけては来まい。まずはひと安珍。

|

« Daily Oregraph: 酔生夢死 | Main | Daily Oregraph: 八ヶ月後 »

Comments

>こういう景色は釧路も塩釜も変わらないだろう

う~~ん、良い光景ですね。

でも、これはどっちかというと石巻や女川ですね。あるいは気仙沼。
塩釜は結構大きいのが多いんですよ。

Posted by: 三友亭主人 | October 25, 2013 at 23:09

>三友亭さん

 漁港には独特の雰囲気があっていいものです。

> 塩釜は結構大きいのが多いんですよ。

 そうでしたか。釧路は国内有数の漁港なので、大小さまざまの漁船が見られるんですよ。いずれ大型漁船の写真をお目にかけましょう。

Posted by: 薄氷堂 | October 25, 2013 at 23:52

こんにちは!
南方熊楠の著作を読んだことがありませんが、
意外と(?)お茶目な一面をお持ちのようですね。
ivory=相惚れですからね。
薄氷堂さんのcruel=狂えるも傑作!
cruelは発音が難しいのです。
「喧嘩」や「リス」もそうだと思います。

Posted by: 只野乙山 | October 26, 2013 at 10:25

>只野乙山さん

 熊楠先生は到底ふつうの物差しでは測れぬスケールの大きいお方でして、下ネタも平気で使っていますよ。

 ほかに例の見当たらぬ、本来の意味でのユニークな人物だと思います。

 あの超人的な記憶力の二十分の一でも欲しいところなんですが……
 

Posted by: 薄氷堂 | October 26, 2013 at 20:17

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 酔生夢死 | Main | Daily Oregraph: 八ヶ月後 »