« Daily Oregraph: 裏庭画報 サヤエンドウの花 | Main | Daily Oregraph: 夏の日の幻想 »

July 31, 2013

Daily Oregraph: 続・お菊虫

130731_01
 七月の終わりを飾るにふさわしい、まことにしょうもない写真である。スランプがつづきすぎて、まともな写真を撮ろうという気力が失せてしまったらしい。

 こういうときは無理をせずに、夏向きの肩のこらないお話をしよう。『耳嚢』五の巻より、「菊むしの事」を選んでみた。

 お菊虫については以前記事(2011-01-04)を掲載したが、『耳嚢』によると、落語版とはずいぶん話がちがう。以下、ざっと現代文風に(専門外なのだから、細かいツッコミは入れないように(笑))。

 寛政七年(1795)頃、摂州岸和田の侍屋敷の井戸から、異様な虫が無数に現れて飛び回るのを捕らえてみれば、玉虫か黄金虫のような形なのだが、虫眼鏡でよく見ると、手を後ろ手にした女の形をしていたという。

 素外という俳諧の宗匠が旅の途中で一二匹懐に入れ、江戸にやってきたとき知人に見せたその虫を、わが屋敷に出入りする者もはっきり見たというのである。

 津富という宗匠も虫を一匹もらって取っておき、翌年の春、人に見せようとして取り出してみると、虫は蝶に変わって飛んでいったそうな。

 この虫の由来はこうだ。

 元禄年間青山播磨守が尼崎藩主であったとき、家臣に喜多玄蕃という家禄少なからぬ者がいた。その細君はひどく嫉妬深く、玄蕃が菊という女になにかと目をかけているのに腹を立て、こっそり茶碗の飯の中に針を仕込み、それを菊に運ばせた。

 飯を口にした玄蕃が大いに怒ると、「菊の仕業でございますよ」と細君が讒言したので、玄蕃は非情にも菊を縛り上げ、古井戸の中へ頭から逆さまに放りこんで殺してしまった。それを聞いた下女の母(下女奉公していた、菊の母?)も古井戸に身を投げて死んだという。

 その後玄蕃の家は廃絶になったそうな。いまでは尼崎の領主も変わって歳月も過ぎ去ったが、去年は百年忌に当たり、菊の怨念が残って奇怪な虫に姿を変えたのであろうか。『播州皿屋敷』という浄瑠璃もあったが、この事件に基づいて作られたものでしょうかと、この話をしてくれた人がいったことである。


Okikumushi2 ずいぶん奇妙な話である。蝶に変わるのだからサナギなのだろうが、サナギが玉虫や黄金虫に見えるものだろうか? 無数のサナギが井戸から飛び出てきたというのも解せない。『耳嚢』はおもしろい本だが、ときどき無茶なことを書いているから、あまり信用できないしなあ(笑)。

 ええい、もうひとつおまけだ。上の話の少し後に見える『於菊虫再談の事』である。

 前に記したお菊むしのことについて。御奏者番を勤める土井大炊頭の実兄に当たる、尼崎の当主松平遠江守は、土井家で見せたその虫を殿中にも持参し、それを私も見た。

 先に聞いた形とは少しちがって、後ろから見れば女の形に似ているのである。後ろ手に縛られたのではなく、コオロギのひげのようなもので、小枝様のものに繋がれているのであった。略図を左に記しておく。


 この記事の最後に、

 委細の書記(文書)も土井家より借(り)てみしが、別に記(し)ぬ。

とあるのだが、もしどんな内容なのかわかったらまたご紹介したい。 

 それにしてもお菊虫の正体、またしてもわからなくなってしまった。図の虫はゴキブリめいて見えるから気味が悪い。ぼくとしてはサナギ説を採りたいのだが……

|

« Daily Oregraph: 裏庭画報 サヤエンドウの花 | Main | Daily Oregraph: 夏の日の幻想 »

Comments

申し訳ありませんが、私にはどうしてもゴキブリにしか見えませんね。

ただゴキブリを描いたのだったら足は下から上にじゃなくって上から下に曲がったように描くはずですよね・・・

シルエットだけじゃあなくってもう少し詳しく描いてくれていたらよかったのに・・・

Posted by: 三友亭主人 | August 01, 2013 at 16:00

>三友亭さん

 そうですよね。ゴキブリに見えますよねえ。これじゃお菊さんがかわいそうです(笑)。

 お菊虫については、新しいネタを仕入れたらまた書くつもりです。天理図書館へ行ったらきっと資料があるんじゃないかと……(笑)。

Posted by: 薄氷堂 | August 01, 2013 at 21:15

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 裏庭画報 サヤエンドウの花 | Main | Daily Oregraph: 夏の日の幻想 »