« Daily Oregraph: 裏庭のフクジュソウ | Main | Daily Oregraph: ふり返るのは一度だけ »

April 02, 2013

Daily Oregraph: 春よ来い

130402_01
 今日はちょいとがんばって、『月長石』のノートを一気にかたづけた。シラフなのにもつれる舌を酷使したから顎が疲れ、もうなにもしゃべる気にはなれない。

 こうも舌が回らぬということは、顔の筋肉や顎の使い方にどこか根本的な問題があるにちがいない。いずれ一から研究しなおそうと思っている。カラオケ教室で発声練習なんてのも悪くないか(笑)。

 残るは『19世紀の英国』のノート一冊のみ。なにがなんでも今月半ばまでには終わらせて、ひさびさにケーキを食いたいものだ。下旬からは春採湖畔にも通いたいしなあ。

|

« Daily Oregraph: 裏庭のフクジュソウ | Main | Daily Oregraph: ふり返るのは一度だけ »

Comments

こんにちは!
近頃また船の仕事に復帰されたんですね。
といっても乙山にはそれがどういう仕事なのか、
ちっともわかりませんが。

恥ずかしながら乙山も読書のほうはあまり進んでおりません。
漱石の「猫」で止まっているんです。
進まない時って、本当にだめですね。

Posted by: 只野乙山 | April 03, 2013 at 11:04

これはこれはつぶらなおめめが二つ・・・何ともまあ可愛らしい。
なんて感じでこの写真を見るとブルーのラインがおててに見えてきちゃいますね。

Posted by: 三友亭主人 | April 03, 2013 at 21:03

>只野乙山さん

 復帰といっても常勤ではなく、忙しいときだけお手伝いする「ただのおっさん」です(笑)。

> 恥ずかしながら乙山も読書のほうはあまり進んでおりません。

 なにをおっしゃいますか。ちっともはずかしいことなんかありませんよ。働きながら読書することのむずかしさは、ぼくも知りつくしていますから。

Posted by: 薄氷堂 | April 03, 2013 at 22:55

>三友亭さん

> つぶらなおめめが二つ・・・何ともまあ可愛らしい。

 まるで自分の顔をほめられたようで、うれしいですね。まあ、一杯やってください。

Posted by: 薄氷堂 | April 03, 2013 at 22:58

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 裏庭のフクジュソウ | Main | Daily Oregraph: ふり返るのは一度だけ »