« Daily Oregraph: お話の話 | Main | Daily Oregraph: ニリンソウの葉 »

April 19, 2013

Daily Oregraph: 雨、雪、そして晴れ

130419_01
 雨が降ったり、それに雪が混じったり、午後からは太陽が顔を出したり、変化に富んだ一日だった。

 半年ぶりに眼科の検査を受けたら、やはり白内障は認められるものの、まだ軽度だから当分は手術の必要なしとのことでホッとする。目は商売道具
ゆえ(?)大切にしなくてはいけない。半年後に再検査を受けることにした。

 『嵐が丘』も残すところ約10頁となった。悪魔の申し子のようなヒースクリフの心境にも微妙な変化が現れる。おれは死など恐れはしないという一方で、長い闘いがもう終わればいいのにと漏らすのだから、死の接近をうかがわせる場面である。

 闘いに明け暮れた男が闘う気力を失ったら、生きていたってしょうがない。あなただって、三度三度義務のように飯を食らい、ボーッとTVを見て時間を過ごすだけなら、長生きしたって意味はないと思うでしょう?

 さて次は
あれが読みたいし、そのためにも目は大切だな……などと考えているうちはまだ少しは生きている値打があるのかもしれない。しかし本を読もうという気力さえも萎え、さらにアルコールを飲みたいという欲望までも失ったら、それでもなお漫然と生きつづけるとしたら……ああ、想像するだけでもゾッとする(笑)。

 いや、けっして笑いごとではない。これはだれもが一度はきっと味わう
不安なのだから。夢疑うことなかれ。

|

« Daily Oregraph: お話の話 | Main | Daily Oregraph: ニリンソウの葉 »

Comments

私の目はおそらく健康で、検査でも特にどうということはないのですが、寄る年波にはねえ・・・
若いころの勉強不足がたたって(笑)の1.5強の視力の裏返しで、近い所が全く見えず、新聞を床に置いて、それを椅子に座って読むなんて言う不格好なことをしています。

ところで、長いこと読み続けていた作品がもうすぐ読み終わるというのは、その結末が楽しみでもあり、もう終わってしまうかとのさみしさもあり・・・なんか複雑な気分ですね。おもしろければおもしろいほど・・・その気持ちや強くなります。

Posted by: 三友亭主人 | April 20, 2013 at 08:30

もともとが強度の近視に乱視が混じっていて
ネットカフェで映画を見るようになってから
老眼が入りました。
最近、読書は老眼鏡です。
先日、免許の更新、通るかどうか心配したぐらいです。


ちょっと困るのは
僕は最近、一合で酔ってしまうことがあるんです。
こんな悲しいことがありますか。
せめて、二合は楽しませてくれと思います。

Posted by: 根岸冬生 | April 20, 2013 at 10:28

>三友亭さん

 『嵐が丘』は、たしかモームが世界の十大小説のひとつに選んでいましたね。

 抜群におもしろいんだけど、そもそもまったく俗受けをねらって書いてはいないから、なるほどこういうのをほんとうの意味での「純」文学というのかと思いましたよ。天才というべきでしょうね。

> 新聞を床に置いて、それを椅子に座って読む

 それはまたお気の毒な。文庫本を読もうとしたら、一メートル離れたところで、奥様に頁をめくってもらわなくてはいけませんね。そんなことをしてくださるかどうかは、大いに疑問ですが……

Posted by: 薄氷堂 | April 20, 2013 at 21:51

>根岸冬生さん

> もともとが強度の近視に乱視が混じっていて

 ぼくもそうですよ。お互い勉強のしすぎで苦労しますね(笑)。

> 僕は最近、一合で酔ってしまうことがあるんです。
> こんな悲しいことがありますか。

 経済的観点からは大変けっこうなことではないかと思いますよ。ぼくなんか年の割にはちょっと飲みすぎかもしれません。

Posted by: 薄氷堂 | April 20, 2013 at 21:54

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: お話の話 | Main | Daily Oregraph: ニリンソウの葉 »