« Daily Oregraph: 冬の雨 | Main | Daily Oregraph: 真冬の絵日記 »

January 26, 2013

Daily Oregraph: 貧乏人はタラを食え

130126_01
 幸い昨夜の積雪はわずか数センチ。あっという間に雪かきは完了した。

 しかし予想どおり道路はツルツル
だから、あまり出かけたくはなかったのだが、食料を調達するためスーパーへ行くと、真ダラ一尾195円也。これはもう買うしかないね。

 さすがに小ぶりだから、アラだけというわけにはいかないけれど、白身も使えば立派な鍋になるだろう。このところスランプ気味だから、今夜はタラ鍋を食って元気を取り戻そうという作戦である。

 生活保護やらなにやらを切り下げて、所得水準をさらに低下させようというのに、がんばって物価は上げると宣言した悪代官一味に対抗して、安くてうまいタラ鍋を食うのは、ささやかな市民的抵抗でもある。

 なに、貧乏人は一流料亭の高級料理には手が出まいって? おあいにくさま。こちとらそんなものは食いたかないよ(笑)。

|

« Daily Oregraph: 冬の雨 | Main | Daily Oregraph: 真冬の絵日記 »

Comments

やったあ・・・タラだ~~

とはいっても、関西にいると貧乏人にはタラが食えないんでしょね。ましてや、美味なるアラや肝が手に入らない。子供の頃多少なりともその味を知ってしまった私にはどうしても食べたいものなんですが・・・
まあ、高いったって、フグほどじゃあないですが、ブリでシャブシャブするぐらいの勇気は入ります。

Posted by: 三友亭主人 | January 26, 2013 at 20:34

>三友亭さん

 いやあ、うまかったですよ。おかげで元気は取り戻しましたけど、血液が胃に集中したため、勉強する気力を失ったのでプラマイ・ゼロでしょうか(笑)。

> 関西にいると貧乏人にはタラが食えないんですよね。

 う~む、それはお気の毒です。

  蝦夷地では貧しき人の買ふといふ
  タラも食へぬと不平たらたら

Posted by: 薄氷堂 | January 26, 2013 at 23:03

こんにちは!
三友亭gatayanさんのおっしゃる通り、
こちらではタラの切り身一切れが100円以上ですよ。
本当に、なぜかアラがないんですよね。

高級魚といえば、この間大阪日本橋の黒門市場というところで、
クエ(ハタ?)の大きなやつ(10数kg)が水槽で
泳いでおりました。見ると20万円也。
えっ、100g=1000円超ってことでしょうかね!
もうびっくりしましたよ。

Posted by: 只野乙山 | January 27, 2013 at 20:26

>只野乙山さん

 こちらでも大型のタラはかなり高価ですよ。でも大きさにこだわらなければ、たいへんリーズナブルな値段で買えます。地元の強みというやつですね。

 いくら小さくたってマダラはマダラですから、一尾まるごと195円で買えるなら、だれが高い牛肉なんぞを選ぶでしょうか(笑)。

 おかげでうまい鍋を食べて元気が出ましたけど、『趣味の遺伝』はまだ半分しか読んでいません。正直いってこれまた読みにくい作品ですね。もう一回タラ鍋をしなくては、読み終える気力が湧いてこないかもしれません。

Posted by: 薄氷堂 | January 27, 2013 at 21:00

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

Posted by: 履歴書の志望動機 | April 05, 2013 at 13:35

>履歴書の志望動機さん

 いらっしゃいませ。

 妙な記事がお気に召したようですけれど、またときどきのぞいて見てくだされば幸いです。

Posted by: 薄氷堂 | April 05, 2013 at 18:44

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 冬の雨 | Main | Daily Oregraph: 真冬の絵日記 »