« Daily Oregraph: Kyoto 2012 上賀茂雨のブルース (2) | Main | Daily Oregraph: Kyoto 2012 防火都市 »

December 20, 2012

Daily Oregraph: Kyoto 2012 新大宮商店街

Pl1s2642
 12月8日。北山大宮から西に向
かって北山通りを一枚。ここから南へ北大路通りまで、約1キロの間が新大宮商店街である。

020919p15somiya

 こちらは2002年9月19日に撮影したものだが、現在もそう大きく変わってはいない。

Pl1s2643

 それでもずいぶん印象がちがって見えるのは、「おーみゃん」のせいだろうか。

Pl1s2644

 ここはたいへんよく整備された商店街である。しばらくブラブラ歩いてみよう(手抜き、手抜き)。

Pl1s2645

Pl1s2646

Pl1s2647

Pl1s2648

Pl1s2650

 このあたりがだいたい真ん中へんだろうか。同じ場所をやはり2002年9月19日に撮ったものがあるのでごらんいただこう。

020919p16somiya

 かつて買い物にやって来たのはこのへんまで。ここから南にはめったに行かなかった。

 スーパー「かみとも」は、当時(記憶が定かではないけれど)「ニチイ」ではなかっただろうか。只野乙山さんのブログに登場したマルシン・ハンバーグをときどき買ったものである。いまでもはっきり覚えているが、一個17円也(笑)。

 ほかにニチイでよく買ったのは、サバ缶50円。豚肉は切り落とし100グラム50円(どこぞの奥様が犬のエサ
としてお買い求めになっていたことをいまも忘れない)。貧乏丸出しだが、当時はまだ若くて犬なみに元気だったから、それで十分間に合ったのである。

Pl1s2651

 上の写真の手前角にある魚屋さん。ここからが新大宮商店街の南部である。

Pl1s2653

Pl1s2654

 雨はだんだん小降りになり、このあたりから傘がなくても歩ける程度になった。傘をさしながらカメラを構えるのはむずかしいので、ずいぶん助かる。

 まだ昼前で買い物客も少なく、ほんとうは夕方にでも訪れれば活気があっていいのだろう。

Pl1s2655

 おーみゃんの着ぐるみでもいるのかと思ったが、とうとう出会わぬうちに商店街を通り過ぎて、

Pl1s2656

北大路通りに出る。大徳寺前バス停である。

 バス停が登場したついでに、十年前のバス料金について。先日200円ではなかったか、と書いたけれど、写真のファイルを探したら、

020920n01bus

記憶ちがいであった。十年前も一区間220円だったので、お詫びして訂正しておく。変わったのは座席の配置である。(2002年9月20日撮影)

 さてネタはまだ二回分ほど残っているので、乞うご期待。貧乏メディアは取材費のモトをきっちり取るのである。

|

« Daily Oregraph: Kyoto 2012 上賀茂雨のブルース (2) | Main | Daily Oregraph: Kyoto 2012 防火都市 »

Comments

奇遇ですなあ・・・私も先月の初旬にこの辺りを歩いたばっかり・・・
千本北山の辺りからぶらぶらと・・・

例のあぶり餅を食べておのぼりさんをして・・・

それからですよ・・・豚ホルモンのを食べに東九条まで行ったのは・・・

Posted by: 三友亭主人 | December 20, 2012 at 23:11

>三友亭さん

 今宮神社へ行かれたんですね。ぼくはそのあぶり餅なるものを食べたことがないんですよ。

 今回は大徳寺前からバスに乗ったので、今宮神社には行けませんでした。餅は次回の楽しみにします。

 それにしてもあぶり餅を召し上がった直後に、はるか遠くの東九条で豚ホルモンとは、恐るべき行動力というか食欲というか……(笑)

Posted by: 薄氷堂 | December 21, 2012 at 07:52

こんにちは。
今回も情緒あふれる商店街の写真ですね。
ニチイっていうのは今でもどこかにあるんでしょうか。
マルシンハンバーグが17円とは安いですね!
1970年代の初め頃、大阪万博の後でしょう、
だいたいハイライトが100円でおつりが来る時代、
UCCの缶コーヒーが販売され始めた頃で、
喫茶店より高い(?)のではなかったでしょうか?

当時まだ子どもでしたが、「喫茶店」に
連れて行ってもらうのが大好きでした。
喫茶店というのはなにか特別の雰囲気がありましたね。

Posted by: 只野乙山 | December 21, 2012 at 10:20

京都の「大宮」のアクセントって、「お↑〜み→や↓」で最初にアクセントがありますよね。
サイタマン(埼玉県人)は大宮を「おぉ→み→や↑」と発音しちゃいます。
武蔵一宮の「大宮氷川神社」に敬意を表して、「大きなお宮」がある所という意味で。
京都へ行ったら誰も「氷川神社」なんて知らないのがショックでした。(笑)

Posted by: アナログ熊さん | December 21, 2012 at 18:11

>只野乙山さん

 マルシン・ハンバーグ(当時はたしか鯨肉入り)にはお世話になりました。いくらビンボーでもさすがに一枚では足りず、一度に二枚ずつフライパンで焼きましたよ。

 どこかの奥様が犬に与えた豚の切り落としは、クリームシチューに化けました。鍋にひとつ作ると、三食ともクリームシチュー(笑)。

 そうそう、ハイライトは当時たしか80円でしたね。喫茶店は夏によく利用しました。暑さに負けて、なけなしのお金をはたいたわけです。エアコンなんて山のあなたの空遠く、でしたから。

Posted by: 薄氷堂 | December 21, 2012 at 20:07

>アナログ熊さん

> 京都へ行ったら誰も「氷川神社」なんて知らないのがショックでした。

 いや、田舎のことを知らないのはあたりまえですよ。

 熊さんもよくご存じの、亡くなったI先輩は生粋の京都人でしたが、「関ヶ原から東は東夷(あずまえびす)の土地」だとおっしゃっていましたよ(笑)。

 -ハハハ、ご冗談でしょう?

 -ほんまです。

 ほんまにほんまの話です。北海道の立場はいったい?

Posted by: 薄氷堂 | December 21, 2012 at 20:13

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: Kyoto 2012 上賀茂雨のブルース (2) | Main | Daily Oregraph: Kyoto 2012 防火都市 »