« Daily Oregraph: 春採湖畔 落葉を踏んで | Main | Daily Oregraph: 落葉の町 帯広 »

November 02, 2012

Daily Oregraph: 神だのみ

121102_01
 もうひとつの定点撮影。だんだん撮るものが減ってきたのにつれて、黙々と歩くようになってきた。運動にはなるが、おもしろくはない。

121102_02

 そろそろ河岸を変えたいところだが、ほかに適当な場所は見あたらないし、どうしようか。冬も近いことだし、いっそ来年の春までは現在のペースを守って読書をつづけたほうがいいのだろうか……というわけで、ちょっと迷っている。

 いずれにしても、ピップ君の運命を見定めたらひと休みして、いままでに取ったノートを読み返さなくてはいけない。前回までの分だけで、ノートはすでに合計1,135頁に達したから、今回の分を入れれば最低でも1,300頁にはなるだろう。復習するには少なくとも年内一杯はかかるはずだ。

 たまにノートを見直すと、忘れていることが多いのには愕然とする。もともと記憶力がよくないところへもってきて、老化のせいだろうか、いっそうバカに磨きがかかってきたようである。

 上の写真の木がもうすぐ丸裸になってしまうように、頭の中がすっかり空っぽになるのかと思うと、あまりの恐ろしさに身震いしてしまう。これではいけない。かくなるうえは、もはや学問の神様におすがりするしか残された道はない。となれば、まずは北野の天神さん(笑)。年内にはなんとか実現したい。

121102_03

 ものを忘れようと、年を取ろうと、容赦なく腹は減る。はい、これが本日の昼食。自家製簡単ラーメンである。

 只野乙山さんのブログにラーメンの記事が掲載されていたので無性に食べたくなり、さっそく生ラーメンを茹でたわけだが、われながら単純。

 即席ラーメンに毛の生えたような程度の手間しかかけていないけれど、これぞ伝統の釧路ラーメン、案外うまいものだ。大盛りにして食ったら、たちまち眠くなってしまった。これじゃ頭にいいわけないよ。

|

« Daily Oregraph: 春採湖畔 落葉を踏んで | Main | Daily Oregraph: 落葉の町 帯広 »

Comments

>1,135頁・・・

すごい数字だなあ・・・最近、千という数字はお札さえもトンのお目にかからない。とくにノートの類は、書いているうちに書いたものが嫌になってしまって・・・捨てちゃうんですよね。
ブログも・・・以前書いたものはだいぶ捨てちゃいました。

Posted by: 三友亭主人 | November 02, 2012 at 23:16

>三友亭さん

 これが最後のチャンスですから、ずぼら人間としてはめずらしく、マジメにノートを取っています。読み返すことが前提です。

 つまりいくら頭が悪くとも、ノートを読み返せば、多少は知識が身につくにちがいない(ほんとか?)→手間ひま時間をかけた分、今後の読書スピードが向上するはず……という作戦なんですけど、計算どおりにいくかどうかはわかりません。時間のムダに終わるかも(笑)。

Posted by: 薄氷堂 | November 03, 2012 at 09:37

こんにちは。
木々も見事に色付いていますね。
昨日今日、やたらに寒くなってきたような気がします。
もう冬型の気圧配置だ、と予報が告げていました。

お手製ラーメン、出ましたね!
本当だ、豚肉が入っていて、醤油味ですね。
生ラーメンを茹でて食べるというのは賛成です。
スープが難題ですが、いつものお手軽手抜きスープで、
今度やってみようと思います。

Posted by: 只野乙山 | November 03, 2012 at 10:58

>只野乙山さん

 いよいよラーメンのうまい季節になりましたね。

 ラーメンも凝りはじめるとキリがないようですけど、もともと手早く作ってズルズル食べるところに値打ちがあるように思います。

 もちろんチャーシューなんぞがあればいいわけですが、なければブタのバラ肉でも十分。シナチクだってなければないで結構。でも長ネギだけは必須ですね。残り物のカマボコなどがあれば、にぎやかでいいから入れましょう。

 この日は昆布とサバ節でダシを取ったスープ。あっという間に出来ますよ。いわゆる濃厚なスープを好む人には向いていないかもしれませんが、ごくあっさりしている分、飽きはこないと思います。もう少しコクがほしい方はお好みの応じてアレンジすればよいでしょう。

 さあ、乙山さんも大阪で釧路ラーメンをぜひ。なお太い麺ではダメ、細い縮れ麺が釧路ラーメンの特徴なんです。

Posted by: 薄氷堂 | November 03, 2012 at 19:54

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 春採湖畔 落葉を踏んで | Main | Daily Oregraph: 落葉の町 帯広 »