« Daily Oregraph: トラック・システムの話 | Main | Daily Oregraph: 絵だけ日記 »

November 29, 2012

Daily Oregraph: 手のひらに柿

121129_01
 今日は最後の枝払い。あとは地味な読書をしたくらいで、写真も撮らなかったから、ブログは定休日にしようと思っていた。

 そこへ届いたのが、大垣の麦穂亭の送ってくれた立派な富有柿である。岐阜は富有柿の原産地とか。感謝をこめてパチリ。どうもありがとう。

 ところが手のひらにまるい柿を置いてせっかくいい気持ちになったというのに、維新の会が政権公約に「最低賃金制度の廃止や解雇規制の緩和」を盛り込んだというニュースを知って唖然とした。気分ぶちこわしである。

 これはもう正気ではない。良心のあるまともな人間のいうことではない。時計の針を19世紀前半に戻そうとでもいうのだろうか。ふだんなら、だれがどこに投票しようとぼくの知ったことではないから、けっして余計なことはいわないのだが、いけない、こんな狂った党には絶対に投票してはいけない。

|

« Daily Oregraph: トラック・システムの話 | Main | Daily Oregraph: 絵だけ日記 »

Comments

柿はねえ、大和も名産地なんですよね。なんてたって柿の葉寿司なんてものがあるくらいですから・・・なんてお気軽なことをコメントしようと思っていたら・・・

>最低賃金制度の廃止や解雇規制の緩和

とかどこぞの旧政権党の示した公約から奴隷規定が外されたり・・・

いったい人を人として考えているんでしょうかねえ。

Posted by: 三友亭主人 | November 30, 2012 at 20:41

>三友亭さん

> どこぞの旧政権党の示した公約から奴隷規定が外されたり・・・

 これも呆れましたね。頭が18世紀ですよ。だいたい孔孟の教えにも反しちゃいませんか?

 19世紀の英国で保守派を含めて労働者の待遇改善や貧民救済に配慮したのは、社会の安定のためにはぜひとも必要だったからですよ。実際英国は革命一歩手前で踏みとどまったでしょう。

 21世紀の日本国では政治家が社会不安をもたらそうとしているのだから、最低最悪の事態ですよ。コモンセンスが欠如しているんですね。

Posted by: 薄氷堂 | November 30, 2012 at 21:27

わわわ!
私も一昨日こんなに立派なのではないのですが、富有柿をもらったんです。
何たる偶然!!と、なんだか嬉しくなりました。

維新の会人気、全く解りません。

Posted by: りら | December 01, 2012 at 13:43

>りらさん

 富有柿はアメリカではリッチ柿?

> 維新の会人気、全く解りません。

 本来ならまともな人間の相手にするようなしろものじゃありません。マスコミ、特にTVの作り上げたモンスターですよ。

 ナチスが何年もかけておこなった宣伝を、ごく短期間でやってのけたんですから、TVの罪は重いですね。

Posted by: 薄氷堂 | December 01, 2012 at 23:16

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: トラック・システムの話 | Main | Daily Oregraph: 絵だけ日記 »