« Daily Oregraph: 九月を迎えて | Main | Daily Oregraph: 毒の話 »

September 02, 2012

Daily Oregraph: 温根内レポート

120902_01
 温根内鶴居軌道跡。この時間は気温がさほど高くなかったせいもあるけれど、やはり秋を感じる。

120902_03

 ヤマハハコ。秋の代表的な花のひとつで、花期は長い。春採湖畔でもすでに咲きはじめているし、植物の種類が少ない尻羽岬でも群落ができる。

120902_04

 エゾトリカブト。これは春採湖畔でもそろそろ見ることができるだろう。

120902_05

 ドクゼリのシーズンのあとに勢力を伸ばすトウヌマゼリ。ミゾソバも見える。

120902_02

 ゴキヅルの果実。今日は写真を掲載しないが、ちょうど花盛りである。花と実の両方を観察するならいまだ。

 熟れると実の下半分がタネとともにひとりでに落下する。その時期になると、手で軽くふれただけでも外れるから、こどもの野外学習用教材としては最適だと思う。

120902_06

 ミヤマアキノキリンソウ。これはまだ咲きはじめたばかりである。

120902_07

 ツリフネソウ。ツリフネソウ科の家元だから、キツリフネ同様、熟した果実をつまむとタネがはじけ飛ぶ。まだ時期が早いようだ。

 このほか、アキノウナギツカミ、ヒヨドリバナ、ミツバフウロ、ハンゴンソウ、ナガボノシロワレモコウなど。サワギキョウもまだわずかに花が残っていた。

|

« Daily Oregraph: 九月を迎えて | Main | Daily Oregraph: 毒の話 »

Comments

The comments to this entry are closed.