« Daily Oregraph: 温根内 ゴキヅルの実 | Main | Daily Oregraph: 旅人の眼 »

September 25, 2012

Daily Oregraph: 春採湖畔 ミヤマニガウリはまだ……

120925_01
 ここ数日で気温がいっぺんに下がったように思う。本日の最高気温は17.6度(@10:16)である。早足で歩いていてもまったく汗がにじんでこない。

 オオイタドリの葉もずいぶん黄色くなった。

120925_02

 そろそろどうかなと思ってミヤマニガウリの実をのぞいてみたら、まだ早かった。黒い種ができるまでにはもう少しかかりそうだ。

120925_03

 アブかハチかはしらないが、エゾトリカブトの花にもぐりこんで吸蜜している。ドクゼリに群がるチョウもそうだが、連中が中毒しないのはふしぎである。

 さて涼しくなったから読書がおおいにはかどるかというと、そうはいかないのが悲しいところだ。来る日も来る日も地味な作業がつづく。

|

« Daily Oregraph: 温根内 ゴキヅルの実 | Main | Daily Oregraph: 旅人の眼 »

Comments

毒ゼリにトリカブトですか・・・

なんとも恐ろしげな。そんな花の蜜を吸っても何ともないなんて不思議ですね。

まあハブを食べたマングースが死なないのと同じ理屈ですかね・・・

Posted by: 三友亭主人 | September 25, 2012 at 22:44

>三友亭さん

 C.W. ニコルさんの文章で知ったのですが、ミツバチもトリカブトで吸蜜するらしく、その蜜を人間が食べるのは危険だそうです。

 下戸の人が奈良漬を食べて酔っ払うようなものでしょうか(たとえがちがうかな(笑))。

Posted by: 薄氷堂 | September 25, 2012 at 23:11

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 温根内 ゴキヅルの実 | Main | Daily Oregraph: 旅人の眼 »