« Daily Oregraph: 春採湖畔 付:小松菜速報 | Main | Daily Oregraph: 小学校ふたつ »

July 05, 2012

Daily Oregraph: 霧の尻羽岬

120705_01
 ここ二日ほど読書がさっぱりはかどらない。本がつまらないのではない。鉛筆を握って文章を書き写すのがしんどくなったのである。この分だと、死ぬまでつづけても、どれほど先へ進むのか見当もつかない。なんだか富士山を相手にスコップをふるっているような気がしてきた(笑)。

 そこで気分転換をはかるため、ふと思い立って尻羽岬へ。昨年はとうとう一度もここへは来なかったが、2010年9月23日の記事をご参照いただければ幸いである。

 なんだ、曇り空か、とお思いになるかもしれないが、実はそうではない。霧の向こうには青空が広がっているのだ。道東の夏の特徴である。

120705_02
 駐車場のトイレが内外ともにきれいになっていた。地面に雑草も見あたらないし、釧路町の管理は行き届いているようだ。駐車場には、ぼくの車がポツリと一台だけ。

120705_03
 霧の中を出発。いまのところぼくひとりだけ。尻羽岬の貸し切りとは贅沢な話である。

 この別世界で(どこの国とは申しませぬが)団体客の無遠慮な甲高い外国語なんぞ聞きたくもないから、(まさかとは思うけど(笑))ここを世界遺産に登録するようなバカなまねだけはしないでいただきたいものだ。

120705_04
 霧もまた悪くはない。この世のものとは思われぬふしぎな景色である。

120705_05
 この時期はシコタンキンポウゲ一色で、ほかの花はほとんど見あたらない。

120705_06
 フキの大群落。ここを漕いで岬の先端へ行くわけだが、道は自然とわかるから心配はいらないし、背の低いフキなので、ごくふつうの靴でも特に問題はない。

120705_07
 フキ地帯を突破すると間もなく岬が見えてくる。浮世を忘れたければこの奇跡のような空間に身を置くにかぎる。

120705_08
 霧のため太平洋はほんの一部しか見えないけれど、青空がのぞいている。岬の象徴ともいえる枯れ木は一段と腐朽が進行して、情けない姿になっていた。

120705_09_2
 厚岸湾も霞んでいる。一面の眺望を期待して訪れた旅人ならおおいに失望するところだろうが、ぼくみたいなベテランになると(笑)、かえって幻想味を感じ、いとあはれなり。地元民の強みというものであろう。

120705_10
 しばらくボーッとしてから駐車場へ戻る途中で、崖の下を見下ろしてみた。高所恐怖症だから、これで精一杯。カモメの位置がもっと左だと絵になったのに、などとバカなことを考える。

120705_20
 おっと、お客さんがもうひとり現れた。挨拶を交わしてすれちがう。ゆっくりお楽しみください。

120705_21
 霧は濃くなったり薄くなったり、まるで海の呼吸に合わせるように流れてくるのがはっきり見える。駐車場には車が二台……おわかりになるだろうか?

 このあと知方学(ちぽまない)小学校を撮影してから、仙鳳趾(せんぽうし)を経由し、尾幌からは国道44号線で釧路に戻った。途中仙鳳趾小学校跡にもちょっと立ち寄ったので、明日にも簡単にレポートしたい。

|

« Daily Oregraph: 春採湖畔 付:小松菜速報 | Main | Daily Oregraph: 小学校ふたつ »

Comments

何だか、霧の丘の向こうから
死んだ親父が「よう」と言いながら現われ
「一杯やっていくか」なんて言い出しそうな風景です。
(ん?映画の見すぎかな)

伊能忠敬もここら辺を歩いたってわけですね。

Posted by: 根岸冬生 | July 06, 2012 at 07:36

>根岸冬生さん

 ここはまさに別世界です。阿寒や摩周湖などのような月並みの観光地になってほしくないから、あまりほめたくないんですけど(笑)。

 霧の中から伊能忠敬先生一行が、測量の道具をかついで現れても、きっと違和感を感じない……そんな場所ですよ。

Posted by: 薄氷堂 | July 06, 2012 at 09:27

こんにちは。
読書(とくに欧文など)がはかどらぬと、
茫洋たる気分になりますね。
「富士山相手にスコップ」というのはよくわかります。
本当に、一度離れるのがいいですね。

フキの大群落はもちろん自然のものでしょうね。
岬のあたりはもう日本の風景とは思えません。
低草だけが地面を覆っていて細い道だけがある、
というのは礼文島で見たことがあります。

Posted by: 只野乙山 | July 07, 2012 at 08:54

>只野乙山さん

> 本当に、一度離れるのがいいですね。

 完全に離れるわけにもいかないので、意識的にうんとスピードを落としています。どうせ気が乗らないときに無理をしても能率は上がりませんから。

> フキの大群落はもちろん自然のものでしょうね。

 このあたりに人家はまったくありませんから、自然のものにちがいないと思います。

 おっしゃるとおり、日本離れした風景です。都会の雑踏からいきなりここへ連れて来られたら、ビックリしてことばを失うと思いますよ。

Posted by: 薄氷堂 | July 07, 2012 at 20:38

なつかしい霧の光景です。

Posted by: ミキタカ | July 08, 2012 at 11:22

>ミキタカさん

 ええ、これはこれで美しい景色なんですけど、遠くからわざわざ見物に来た人は、遠くが見えなくてガッカリするかもしれませんね。

Posted by: 薄氷堂 | July 08, 2012 at 17:35

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 春採湖畔 付:小松菜速報 | Main | Daily Oregraph: 小学校ふたつ »