« Daily Oregraph: 好天の春採湖畔 | Main | Daily Oregraph: またしても春採湖畔 »

April 29, 2012

Daily Oregraph: 霧の春採湖畔

120429_01
 午後からは日が射したけれど、午前中は霧。

 毎日春採湖畔とは芸のない話だけれど、地味な読書をつづけているうちに、だんだん遠くへ行くのがおっくうになってきたのである。しかし人間刺激も必要だから、そろそろドライブにでも行かなくちゃなあ。

120429_02

 今日の植物は眠れる美女。アズマイチゲは寝姿も絵になると思う。舞台の上に伏したバレリーナのように見えないこともない。そう見えないお方は酒の飲み方が足りないのである。

|

« Daily Oregraph: 好天の春採湖畔 | Main | Daily Oregraph: またしても春採湖畔 »

Comments

充分にアルコールが足りているせいか、アズマイチゲの花が舞台の上に伏したバレリーナのように見えて仕方がありません。

この清らかな姿が女房の姿に見えてこないうちに眠りにつこうと思います。

Posted by: 三友亭主人 | April 29, 2012 at 23:08

>三友亭さん

 三友亭さんならきっとバレリーナの姿が見えると信じていました。

 パッと開く前の花に風情を感じるのは、日本人のあかしですね(笑)。

 あ、奥様に失礼な発言をなさってはいけませんよ。年を取ってから見捨てられたら、どないしはりますの?

Posted by: 薄氷堂 | April 30, 2012 at 09:20

きょうの記事を見ていて
北海道に住むことは僕にとって危険だということがわかりました。

なんせ骨の髄からの騎馬民族につき、
休みのたびに北海道の幹線道路を赤マジックで塗りつぶして行くような気がします。
知り合いが雪の中、一人で遠出してエンストを起こし
危うく凍死するところだったと聞きました。

あぶねえ。やりかねない。

Posted by: 根岸冬生 | April 30, 2012 at 09:46

こんにちは!
かなり濃い霧ですね。これではドライブもかなり気をつけないと、
なんてなことを想像しました。
大阪から岡山、広島を結ぶ中国自動車道というのがありまして、
ここも朝はけっこう霧が出るのです。
昔の記憶で恐縮ですが、そこは中央分離帯がなかったように思います。
走っていて、本当に怖かったのです。
午前中は読書、午後からドライブ、なんてのがいいですね。

Posted by: 只野乙山 | April 30, 2012 at 18:48

>根岸冬生さん

 夏はともかく、冬のロング・ドライブはおすすめしません。

 命あってのなんとやら、仕事ならしかたありませんけど、ぼくならコタツみかんを選びますね。

 雪の中の遠出など滅相もありません。ナムアミダブツ、ナムアミダブツ。

Posted by: 薄氷堂 | April 30, 2012 at 22:49

>只野乙山さん

 霧といえば、濃霧の日勝峠は恐ろしいですよ。あれはこの世の光景ではありません(笑)。

 北海道はドライブには最高の土地ですね。町中を除けば交通量も少ないし、景色は日本離れしているし、気分転換にはもってこいです。

 季節も変わったし、だんだんドライブに出かけたくなってきました。

Posted by: 薄氷堂 | April 30, 2012 at 22:58

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 好天の春採湖畔 | Main | Daily Oregraph: またしても春採湖畔 »