« Daily Oregraph: 最後の定点撮影 | Main | Daily Oregraph: 勝負のとき »

March 19, 2012

Daily Oregraph: あなたにはリキュールを

120319_01
 日は射していたが、風の冷たい一日だった。

 明日は休日だから混むだろうと予想して、午前中にお寺へ行ってお参りをすませた。そのあと鶴ヶ岱付近を30分ほど散歩したが収穫はなく、しょうがないから空き地の枯草を撮って今日の一日一枚とした。

 『ジュード』は今日もおおいにはかどった。明日にも一通り読み終わるんじゃないかと思う。小説の文章や語彙には作者ごとに独特のクセがある。読んでいるうちにそれが飲み込めるから、後半はスピードアップするのである。

 ただし途中マークしておいた箇所が山ほどあるので、読んだあとに時間をかけてノートを取らねばならない。今年一年は「ゆっくり急げ」というのが目標だから、この作業は欠かせないのである。

 それが終わったら、最後の仕上げとして、少しでも疑問の残った文章をいちいち翻訳書と対照しなければならない。独学者のひとりよがりは危険だからである。過去の経験からいうと、こちらの間違いを訂正せねばならぬこともあれば、翻訳の誤りがみつかることもある(案外あるんですよ、これが)。

 ただしこれは恐ろしく手間と時間のかかる作業だから、それだけの価値ある作品限定のお話で、どうでもいい娯楽小説などは読みっぱなしでいいと思う。貴重な青春(?)をムダにするわけにはいかないからである。

 さて本日読んだ部分からおもしろい文章をひとつだけ。

 最愛の女性に去られた主人公ジュードは悲嘆に暮れ、長年遠ざかっていた酒場へ行ってビールを飲んでいる。そこへやってきたジュードの最初の妻アラベラは、彼とよりを戻すべく作戦を立て、強い酒をおごって酔わせようとする。


 教育のある人にはビールよりリキュールがふさわしいんだから、あんたにはリキュールね。

 ほんまかいなと思うけど(笑)、ジュードが選んだのはチェリーブランデーである。これはチェリーをブランデーに浸して風味をつけたものだから、さぞ効いたにちがいない。

 リキユールも学もなければ春の夜に
 芋焼酎を飲むぞ悲しき          薄氷堂

 余計なお世話だけど、あなたもビールがぶ飲みはおやめになったほうがいいかもしれない。でも強い酒を勧める女性には気をつけてね。

|

« Daily Oregraph: 最後の定点撮影 | Main | Daily Oregraph: 勝負のとき »

Comments

そう言えば、お彼岸でしたね。
お墓参り・・・って言っても、私の家のお墓は去年の津波で流されたっきりだし、妻方の墓は金沢にあってちょいとそこまでってわけにはいかず・・・結局仏壇のお供えをちょいと豪勢に下だけでご先祖様には我慢してもらいました。

Posted by: 三友亭主人 | March 19, 2012 at 22:22

>三友亭さん

 そうですねえ、ぼくなんかは自分の死んだあと、お墓も仏壇もいりません。死んでから線香をあげるよりも、生きているうちに、うまい酒をそなえていただきたい(笑)。

 人間、知り合いのだれかが一年にいっぺん、たとえ一瞬でも、そういえばあんなやつがいたなあ、と思い出してくれれば本望ではないでしょうか。

 たとえお墓参りができなくとも、ご先祖様や故人をしのんで一杯やるのが一番の供養になると思いますよ。

Posted by: 薄氷堂 | March 19, 2012 at 23:31

ビールでも高粱酒でも泡盛でもいいんですが
僕は最近、カレイやホッケの干物が
頭にチラついて困っています。

Posted by: 根岸冬生 | March 20, 2012 at 00:42

>根岸冬生さん

 頭にちらつくのが女性の面影ではなく、カレイやホッケの干物とは驚きですが(笑)、相手が相手だけに解決はさほどむずかしくないように思います。

 しかしアジとはちがって大型の魚ですから、いっぺんに干物を二枚というのは無茶ですよ。

 あ、三友亭さんみたいに、一度にホッケの開きを三枚という猛者もいらっしゃるんでしたね。

Posted by: 薄氷堂 | March 20, 2012 at 21:56

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 最後の定点撮影 | Main | Daily Oregraph: 勝負のとき »