« Daily Oregraph: 足元にご注意 | Main | Daily Oregraph: 釧路港パノラマ写真 »

January 26, 2012

Daily Oregraph: 風が変われば

120126_01
 南埠頭を定点撮影。氷のかたちも分布も20日とはかなりちがう。表情を変えるところがおもしろいのである。

120126_02

 -ほんとに、この間とはずいぶん印象がちがいますね。

 -風が~変わ~れ~ば おい~らも変わ~る

 -ぎょっ、なんですか、その歌は?

 -やっぱりこの名曲を知らないのか。情けないなあ。そういえば、東海林太郎先生亡きあと、おれは日本歌謡界への興味を失ったのだ。

 -ふつうの若者なら知りませんよ。まったく、もう。

 -ともかくだ、風や気温の変化によって、港の氷もその表情を変えるのさ。

120126_03

 港町岸壁。

 さて古新聞の束もかなり減ってきた。今日の記事は2011年8月22日、バイオテクノロジーの話題である。不得意分野だから、ちっとも心が温まらなかった(笑)。

 一匹狼の分子生物学者クレイグ・ヴェンター (Craig Venter) 先生に関する記事なのだが、一匹狼というのは、山奥の一軒家に籠もって怪しい研究をしているマッド・サイエンティストという意味ではない。たいへん優秀な学者なのだが、言動が派手で資金集めが得意、ちょっと山師風の印象を与えるから、学界では嫌う人も少なくないということらしい。

 2010年にクレイグ・ヴェンター研究所では、合成細胞とでもいえばいいのか、synthetic cells なるものを製造したと発表した。まず自然界のバクテリアの染色体のコピーを縁続きのバクテリアに移植する。すると移植されたほうの細胞は新しい別種のものに変化するということらしい。

 この技術を応用すれば、将来的には食糧危機から水不足、エネルギー危機まで解決できるし、環境浄化にも貢献するというのがヴェンター先生の主張である。

 たとえばある種の藻類から作り出す合成細胞によって、二酸化炭素と水と日光を油に変えようという研究が進められている。エクソンモービルでは、ヴェンター先生率いるシンセティック・ジノミックス社と協同で、数億ドルを投じて、その油からガソリンを精製しようと計画しているというから、けっしてホラ話ではない。他の石油会社でも、別のバイオ技術会社と組んで、バクテリアによる炭化水素燃料の製造に取り組んでいるという。

 なるほどさまざまに応用できそうでたいへん結構な話ではあるが、遺伝情報を操作して自然界には存在しない新種の細胞を作り出すというのだから、一歩まちがえばなにができるかわからないし、厳重に管理しなければ、外部に流出して環境を汚染しかねないという不安が残る。技術が悪用される恐れもないとはいえない。

 なお詳細についてはご専門の方のお話をうかがっていただきたい。染色体のコピーなどといわれても、ぼくにはさっぱりわからないからだ。ただ原発の二の舞にならぬよう、この種の技術については、すごいなあと感心してばかりいてはいけないと思う。よく考えると、ずいぶん怖い話のようにも思えるのだ。

|

« Daily Oregraph: 足元にご注意 | Main | Daily Oregraph: 釧路港パノラマ写真 »

Comments

こんばんは!
うわあ、海が凍ってますね。これは「流氷」とは違うのでしょうか。
こちら(関西)でも初めて朝の気温が氷点下になり、
「冬日」だとかラジオで言ってました。
毎日それだよ、という薄氷堂さんの声が聞こえてきそうです。

Posted by: 只野乙山 | January 27, 2012 at 00:58

東海林太郎と言えば「国境の町」ぐらいですかね。
僕が立ち止まるのは。
そもそも、懐メロでしか聞いたことのない人ですがな。
うちの親父が少し、東海林太郎に似ていて
飲むとよく「国境の町」をモノマネで歌っていた。

しかし、美しいと心地よいは違いますなあ。
あ、きれいだなあと思いつつ
下半身から冷えてきてトイレに行きたくなる寒さ。
以前、真冬の帯広の農場を彷徨った記憶がよみがえってきてふるえちゃいます。

ちなみに僕は明日から亜熱帯です。
タイ米でつくった地酒に会いに行ってきます。
泡盛ですがな。

Posted by: 根岸冬生 | January 27, 2012 at 07:33

>只野乙山さん

 一見オホーツク海から根室海峡を通過してやってきた流氷のようですが、これは釧路川の上流から流れてきた薄い板状の氷が吹き寄せられて成長したものです。

 冬は風が北寄りなので、たいていこの場所(港の南側)に集中するのです。

 多少寒いのは我慢するのですが、あちこち道路が凍りついているため、危なくてしかたがありません。

 今の季節はあちこちうろつくのには適していないのがつらいところです。

>根岸冬生さん

 ぼくは大の東海林太郎ファンなんですよ(笑)。

 真冬の帯広ですか。そりゃあ寒いですよ。釧路よりもずっと寒いです。ぼくだったら真冬の帯広なんぞには行かず、コタツにもぐっていますよ。

 ぼくは亜熱帯は苦手ですが、今の季節ならよさそうですね。どうか楽しんでくださいませ。

Posted by: 薄氷堂 | January 27, 2012 at 10:19

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 足元にご注意 | Main | Daily Oregraph: 釧路港パノラマ写真 »