« Daily Oregraph: 生活欄読むべし | Main | Daily Oregraph: 断固飲むべし »

January 23, 2012

Daily Oregraph: 雪のちみぞれ

120123snow
 昨日からの積雪はわずか9センチにすぎなかったが、気温が高かったせいだろう、しまいにはみぞれに変わったから、道路はベチャベチャになってしまった。

 豪雪地帯にくらべればお話にならぬ量とはいえ、たっぷり水分を含んだ雪は重く、雪かきには案外手間取った。ふだん少雪だから、肉体労働に慣れていないせいもある。

 こんな日にはコタツに入って、昨日に引きつづき心温まる記事でも読みたいところだが、そうはいかなかった。冬の最中に読む2011年8月27日の古新聞記事はアメリカ南部の不法移民問題(オブザーヴァー紙提供)である。

 アメリカ南部のジョージア、アラバマ、サウスカロライナ州では、不法移民(主にメキシコからのヒスパニック系)を一掃すべく、厳しい取締り法案が通過した。不法就労はもちろんとしても、不法移民を車に便乗させたり、家に泊めたりしただけで罪に問われることもあるというから驚く。

 問題の不法移民だが、推計によれば、ジョージア州では42万5千人、アラバマ州では12万5千人もいるという。これだけの人々が、たとえ不法入国とはいえ、職を得て家族を養い、納税もしているのだから、強制退去させればいいというほど話は簡単ではない。

 地方自治体では、彼らが大量に去れば税収が減る。すでに農業、建設業、サービス業など、低賃金で働く不法移民に頼っている部分が大きいから、結果的には有色人種ぎらいの保守層自体が打撃を受けるのである。

 実際ジョージア州では、10億ドル相当の農作物が収穫されぬまま腐敗しているという。トルネードの被災地では建設業者が人手不足に悩み、レストラン業界もスタッフが足りずに苦労している。

 つまり不法移民の増加によってアメリカ国民の雇用が失われるというのは事実ではなく、だれも彼らに代わって低賃金で仕事を引き受けようとはしないというのが本当のところらしい。不法移民の低賃金労働によって利益を得ていた連中自身が、自らの首を絞めつつあるというのは皮肉な話である。共和党の保守派の中にも、不法移民に同情的な立場を取る人がいるらしいのはもっともだろう。

 親は不法移民でも、アメリカ国内で生まれたこどもには市民権があったりすることが、話をいっそう複雑にしているようだ。連邦政府と南部諸州との対立も根深いらしい。

 苦境に陥った不法移民もだまってはおらず、大規模なデモが頻発しているというが、なにしろ古新聞の記事だから、最新の状況はわからない。

 違法な移民を無制限に受け入れるわけにはいかない、法律は法律だ、という立場も当然あるだろうと思う。しかし貧乏人が国境を越えて流れこんでくるのにもまた事情があるのだし、これまで受け皿があったからこその不法移民増加ではないだろうか。

 たいへんむずかしい問題だが、日本にとってもまったくの他人事というわけではない。最近のネット右翼といわれる連中を見てもわかるとおり、国内がゆきづまると排外主義が高まりを見せるので、注意しておく必要はあると思う。

 というわけで、今日はちょっぴりマジメになってしまった。ぱっと明るいニュースでもあればいいのだが……

|

« Daily Oregraph: 生活欄読むべし | Main | Daily Oregraph: 断固飲むべし »

Comments

>今日はちょっぴりマジメになってしまった。

いやあ・・・マジメな薄氷堂さんもなかなかス・テ・キ・・・なんてふざけてはいられないものを時々感じることがあります。

もちろんああいった言説が実際的な力を持つことは可能性として少ないんでしょうが、ああいった思い持った方々が数多くいらっしゃるということ自体、一種の危うさを感じてしまうのは過敏に過ぎるでしょうか。

Posted by: 三友亭主人 | January 23, 2012 at 22:37

実は、少子化による人口の減少に対して
移民政策が重要視されるということがあります。
問題は移民の人権でしょうね。
現状はどうしても安く叩く道具として考えるので
劣悪な環境を強いるという結果になります。

僕はふつうの生活の場で
外国人と接する機会も多いのですが
自営で商売する人たちはまだいいのですが
雇用されている人の多くはけっこうつらい。


前記事、ちなみに僕が昔海外に行くときは
いつもコダックでした。
好きなフィルムでした。

Posted by: ネギ | January 23, 2012 at 23:14

>三友亭さん

 毎日ごちそうを食べていれば、気楽な記事が書けて楽なんですけど、財力・消化力ともに乏しき身の上では、そうもいきませんよね。

 少し時間をかけて、浮世離れしたテーマを探すとしましょうか。

>ネギさん

 欧州もそうだと思いますが、移民は人気のない低賃金の仕事を引き受けていながら、いったん不景気になると、不満のはけ口として排斥されるわけですね。

 ほんとうにコダックは残念なことになりました。ぼくもポジフィルムはほとんどコダックを使っていました。

Posted by: 薄氷堂 | January 24, 2012 at 13:38

薄氷堂さん

 かなり久しぶりです。今年も楽しい話題と美しい写真を楽しみにしています♪

Posted by: ありす | January 24, 2012 at 18:18

>ありすさん

 あいかわらずご多忙のようですね。どうかお体に気をつけて。

 ほんとうに楽しい話題が多いといいですね。ろくなニュースがないから、新聞を読むのもいやになります。

Posted by: 薄氷堂 | January 24, 2012 at 21:00

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 生活欄読むべし | Main | Daily Oregraph: 断固飲むべし »