« Daily Oregraph: 【特集】 臨港鉄道と石炭列車 (8) | Main | Daily Oregraph: 雲仙丸の写真 »

December 05, 2011

Daily Oregraph: またしても雪

111205snow
 天気予報が外れ、またしても雪になった。本降りになってきたので積もるかと思ったら、午後から晴れたので一安心。雪かきなんて冗談じゃないからね。

 臨港鉄道の記事はやっと昭和25年の分まで掲載することができたけれど、『臨鉄60年の軌跡』の記録は昭和58年までだから、先はまだ長い。しかし海岸を通る列車の音を聞きながら育った市民の一人としては、いまさら後には引けないのである。

 年表式に事実を並べるのはどんなものかとも思ったが、それはそれで見えてくるものがある。脇道にそれるのはほどほどにして一本のレールに沿って進むのも、郷土史のおさらいとしては悪くないかもしれない。

 撮り鉄、乗り鉄に加えて、読み鉄(笑)というジャンルもあっていいだろう。2005年1月に春採駅で撮った写真にも、いずれ出番がくるはずである。

|

« Daily Oregraph: 【特集】 臨港鉄道と石炭列車 (8) | Main | Daily Oregraph: 雲仙丸の写真 »

Comments

いやあ・・・やっぱり北海道ですね。
宮城にいたころ、そんなにしばしばではないんですが、雪の朝は早く起こされて雪かきなんかして・・・いやでいやで(笑)

それが雪の少ない大和に住みだして30年もたつと・・・なんか雪が恋しくて・・・それだけじゃあなくって寒さまで恋しくって・・・

実際に雪に降られて寒くなったら難渋するのに・・・

Posted by: 三友亭主人 | December 06, 2011 at 06:02

>三友亭さん

 え、なんですって、雪かきが恋しいですって?

 そいつはありがたい。どこかで聞いたような句ですが(笑)、

 君雪かけよきもの飲ません燗の酒

というわけで、ちゃんとごほうびをあげますから、なにぶんよろしく。

 まあ、釧路の雪などは、日本海側や内陸にくらべたらたいしたことありません。雪かきしたって物足りないことでしょう。

Posted by: 薄氷堂 | December 06, 2011 at 18:48

こんにちは。
天気予報で見ると、釧路は他の地域に比べて晴れの印が
多いように見えますね。
だけど写真にあるような雪がこちらで降れば、
たぶんもう大騒ぎになっているでしょうね。

タイヤも雪仕様になってませんので、
あちこちでスリップ、事故発生となるでしょう。
チェーンを巻けるドライバーがどれだけいるか?
乙山だって怪しいものです。

Posted by: 只野乙山 | December 07, 2011 at 11:25

>只野乙山さん

 いらっしゃいませ。いつも乙山さんのブログは拝見しているのですが、さっぱりコメントをさし上げず、申し訳ありません。

> 天気予報で見ると、釧路は他の地域に比べて晴れの印が多いように見えますね。

 はい、冬は晴れの日が多く、降雪量はきわめて少ない……といっても海岸地帯にかぎられますが。

>チェーンを巻けるドライバーがどれだけいるか?

 ぼくもいまではチェーンを取りつけられるかどうか、あやしいものです。昔は毎冬一度や二度はチェーンのお世話になりましたが、いまはスタッドレスタイヤで十分間に合うんです。

Posted by: 薄氷堂 | December 07, 2011 at 21:01

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 【特集】 臨港鉄道と石炭列車 (8) | Main | Daily Oregraph: 雲仙丸の写真 »