« Daily Oregraph: 【特集】 臨港鉄道と石炭列車 (11) | Main | Daily Oregraph: 旧永住町へ »

December 26, 2011

Daily Oregraph: おでんへの道

111225_01
 ブレブレだけど昨夕の相生坂。街灯から下の坂はツルツルに凍っていた。先日で一杯やったばかりだというのに、またしても末広へ向ったのである。

111225_02

 気温は0度。さほど寒くはなかったが、強い風のため釧路川の水面はごらんのとおり。

111225_03

 現在幣舞橋は塗装工事中である。

 TAKE GOOD CARE OF  とは、いったいなんの世話を焼くのかと思ったら、日本語で小さく「かけがえのない自然。私たちは、大切にします」だそうな。ワケのわからぬ表示である。わざわざ英語にするなら WET PAINT! だろうに。

 しかしこのぶんだと植民地への道はまだ遠いから、安心といえば安心である。

111225_04

 先日点灯のセレモニーをしていた、河畔公園のイルミネーション。苦心の作だろうから、敬意を表してパチリ。

111225_05

 予想どおりテカテカの凍結路面。冬の風物詩といえぬこともないが、危険千万である。

111225_06

 強風に吹かれ、ツルツルの道路を踏破して、やっとありついたおでんは実にうまかった。この夜も某氏とともにごく上品な酒になり、まずはめでたい。

 今夜もまた末広出勤の予定である。いかに上品な酒といえども、二夜連続とはいかがなものか。

|

« Daily Oregraph: 【特集】 臨港鉄道と石炭列車 (11) | Main | Daily Oregraph: 旧永住町へ »

Comments

>このぶんだと植民地への道はまだ遠いから

だとすれば、私なんか植民地化からは程遠い所に生きているんでしょうね。満足に読める英単語と言ったら「cat」と「car」ぐらい(これもちょっと自信がない、綴りは間違ってませんか?)・・・そうそう「book」も大丈夫かな・・・

それにしても二晩続けてご出勤とはうらやましい・・・

Posted by: 三友亭主人 | December 26, 2011 18:16

>三友亭さん

 「ペンキ塗り立て」の看板があるんですから、「かけがえのない自然」はちょっとどうかと思いますね(笑)。

 二晩つづけて飲みますと、さすがに疲れが……

Posted by: 薄氷堂 | December 27, 2011 18:53

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 【特集】 臨港鉄道と石炭列車 (11) | Main | Daily Oregraph: 旧永住町へ »