« Daily Oregraph: 入舟岸壁へ | Main | Daily Oregraph: 冬のイヌホオズキ »

December 14, 2011

Daily Oregraph: いやな予感

111214nusamaibashi
 なにをいまさら、というようなしょうもない写真だが、今日はこれしか撮れなかった。釧路名物のロータリーでもごらんいただくとしよう。

 このロータリー、何度回ったか数えたこともないが、グルグル回っているうちにいつの間にか周囲の景色は変わり、世界情勢も一変し……これからも変化しつづけるのだろう。そういえばサークル・ゲームという歌があったなあ。

 しかし年の瀬に縁起の悪いことはいいたくないけれど、どうも悪い予感がするのである。

 グローバリズムという胡散くさいことばに踊らされているうちに、企業収益の向上する一方で失業者や低所得層が増えるという奇妙な仕組みになってしまったし、これでは内需拡大もあやぶまれると心配しているところへ、追い打ちをかけるように消費税をアップしようというありがたいお話である。

 清水寺のお坊さんが選んだ今年の漢字は「絆」らしいが、ぼくはキズだらけになった国民に貼る絆創膏を連想した。どうも気分がくさくさしてならないから、来年は清水寺前の首振り地蔵さんにでもお参りしようかと、本気で考えている(笑)。

|

« Daily Oregraph: 入舟岸壁へ | Main | Daily Oregraph: 冬のイヌホオズキ »

Comments

いい年になるか・・・嫌な年になるか・・・

願いはもちろん前者ですが・・・ねえ・・・
天災はそうそs続かないにしろ、人による災害は・・・ますますといった気がしないではいられません。

せめて一杯の酒をあおって・・・

Posted by: 三友亭主人 | December 15, 2011 at 06:13

幣舞橋周辺も随分と変わりましたね。
私がいた当時は、フィッシャーマンズワーフの出来る前、
確か釧路水産ホテルでしたっけ?その時代でした。
ロータリー周辺はよく全国ネットのニュースとかで見てたからなんとなくではありますが、変わったんだなと思っていました。
末広とかも当然変わったんでしょうね。
丸三鶴屋、丸ト北村、釧路デパートとか、いずれも無くなったことは知っていましたが寂しくなりましたね。
末広も、母親がスナックを経営していた為よく小さい頃から末広界隈を歩き回っていたことも昨日のように思えてきます。灘万ビルにあったうどん屋さんや、銀水、稲荷小路にあったかけそば屋、ラーメン屋、中華料理屋さんなど、よく連れて行ってもらっていました。
ああいった風情のある店等どこを探しても恐らく無いと思うともったいないと心から感じます。

Posted by: トロチコ | December 15, 2011 at 14:31

>三友亭さん

 ほんとうに来年こそはいい年になってほしいと願っているのですが……

 いよいよ神仏におすがりすべきときが来たのかもしれませんね。

>トロチコさん

 灘万ビルにあっうどん屋さんには、以前行ったことがあります。いまもあったかなあ? いずれ確認しましょう(笑)。

 銀水は健在のはず。いなり小路は残念なことになりましたね。近いうちに新旧の写真を掲載します。

 当ブログは全国一千五百万人の釧路ファンのため、リクエストには喜んで応じますよ。

Posted by: 薄氷堂 | December 15, 2011 at 20:03

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 入舟岸壁へ | Main | Daily Oregraph: 冬のイヌホオズキ »