« Daily Oregraph: 戦時中の雲仙丸 | Main | Daily Oregraph: いやな予感 »

December 12, 2011

Daily Oregraph: 入舟岸壁へ

1212minatomachi
 港町にて。水面まで青空という上天気であった。

1212irifune_ganpeki

 本日の目的は入舟岸壁にある臨鉄倉庫の撮影。物好きここにきわまれり、というところだが、これも石炭列車シリーズに関連する取材の一環なのである。

 写真のあたりは地図上では港町に属するのだが、港湾施設名称でいえば、正面の岸壁は港町物揚場(延長50m -4m)、角を曲がって巡視船「えりも」の接岸している部分は入舟-7.5m岸壁(延長130m)にあたる。

 入舟岸壁はさらに幣舞橋に向かって大町岸壁までつづき、上記-7.5m岸壁を合わせれば、総延長は835mにも及ぶ。

 写真右手に見える倉庫群が臨鉄倉庫である。わざわざ撮影したものの、うまく写真を利用できるかどうかはわからない。

 ここで倉庫の写真をお見せしたってしようがないから、かわりにおまけとして(?)、10日の皆既月食と石炭列車を組み合わせた画像を掲載しておく。実際にはこう見えることはありえない。あくまでもお遊びね。

Train_2

|

« Daily Oregraph: 戦時中の雲仙丸 | Main | Daily Oregraph: いやな予感 »

Comments

大和は雨降りで月食を見ることができませんでした。
釧路はさぞきれいだったんでしょうね。

それにしても一番上のさかさまの写真、びっくりしましたよ。釧路で何事かあったのかと思ってしまいました。

Posted by: 三友亭主人 | December 12, 2011 at 21:15

>三友亭さん

 釧路は上天気で、皆既月食がよく見えました。

 もっともぼくが見たのはほんの短時間で、写真もほんの数枚。準備不足のため出来はよくありませんでした。

 逆さまの写真ですが、あまりにもきれいに映っていたものですからつい。

 あめつちが逆になるともこぼすまじ
 きみ注ぎくれし赤きワインを  薄氷堂

Posted by: 薄氷堂 | December 12, 2011 at 22:26

すっげー

若者らしく表現してみました。(笑)
それにしても、こんな技術弁当持って習いに行きます。

Posted by: スコップ | December 13, 2011 at 21:37

>スコップさん

 弁当は不要です(笑)。

 どうせぼくのやることですから、実際にごらんになったら、「な~んだ、たいしたことないじゃないか」と、ガッカリしますよ。

Posted by: 薄氷堂 | December 14, 2011 at 08:04

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 戦時中の雲仙丸 | Main | Daily Oregraph: いやな予感 »