« Daily Oregraph: 2011-09-03 風の吹く日に | Main | Daily Oregraph: 2011-09-05 風の音にぞ »

September 04, 2011

Daily Oregraph: 2011-09-04 弥生橋から

110904yayoi01
 和歌山、奈良、三重では台風12号によって大被害を受けたらしい。幸い当地では風はやや強かったけれど雨も降らず、なんだか申し訳ないような気もするが、ノンキに散歩することができた。

 今日は旧弥生中学校付近シリーズの最終回として、中学校前の道路を東から歩くことにした。

110904yayoi02

 うっかりすると気がつかないけれど、この通りには弥生橋という小さな橋がある。

 はてな、どうもおかしい。欄干はどうしたのだろうか?

 昨年5月の記事を参照していただくとわかるが、どうやら最近欄干が崩れたため(?)、応急的に補修されたらしい。

110904yayoi03

 弥生橋から海を望む。あいにく霞んでいるが、晴れていれば千代ノ浦漁港の一部と太平洋が見えるのである。

 せっかくだから下へ降りて、中村水産の工場跡を見学してみよう。

 昨年もここから撮った写真を掲載しているけれど、今日は5年前に買った広角端35ミリ相当のデジカメ(Canon A710 IS)だし、季節もちがうので、ずいぶん印象が異なると思う。

110904yayoi04

 水産工場跡へ行くには、いったん裏通りへ出て、弥生橋の下をくぐる必要がある。ずいぶん狭い道路だが、車が通れるのはここだけだから、工場操業当時はトラックが行き来していたのだろう。

110904yayoi05

110904yayoi05b

 このあたりは蚊に刺されそうな場所だからめったに来ないのだが、荒れ放題の草地と化しているので、植物を観察する価値はあると思う。

 これはオニユリだろう。

110904yayoi06

 だんだん浜に近づいてきた。

110904yayoi07

 浜の手前で振り返って見る。ここはいわゆる産業遺跡だけれど、知名度が低いせいか、雄別とちがって訪れる人はほとんどいない。ひょっとしたら、このあっけらかんとした空間には幽霊が出そうもないから不人気なのかもしれない。

110904yayoi08

 臨港鉄道沿いに西を望めば、丘の上には旧弥生中学校の校舎が見える。

 かつてこの一帯に広がっていた遠浅の砂浜はすっかり浸食されて、いまでは見る影もない。昔は干潮時になると知人まで砂浜づたいに歩いていけたのである。

110904yayoi09

 目を東に転ずれば、線路は千代ノ浦や春採湖畔へつづいている。しかし今日の散歩はここまで。

110904yayoi10

 ふたたび弥生橋へもどって弥生中学校向かいの少年鑑別所前を通ると、ハマナスが真っ赤な実をたくさんつけていた。

|

« Daily Oregraph: 2011-09-03 風の吹く日に | Main | Daily Oregraph: 2011-09-05 風の音にぞ »

Comments

なんて美しい植物たちの姿・・・! 癒されます。
ところで、鬼百合のしべの長さにビックリ!

Posted by: ありす | September 04, 2011 at 22:51

>ありすさん

 たしかにシベが長いですね。

 オニユリは草ぼうぼうの荒れ地でよくみかけます。荒れ地の女王といった格でしょうか。

Posted by: 薄氷堂 | September 05, 2011 at 08:20

またまた、おじゃまします。
弥生橋の谷地のところにあったミール工場はなくなったんですね。弥中のグランドにいると、ぷ~んと匂いがしてきたものでした。

朝から懐かしい写真をたくさん見せていただき、今週のやる気がでてきました!
ありがとうございました。

Posted by: 川中 | September 05, 2011 at 09:26

>川中さん

 水産会社の工場がなくなったのはずいぶん昔だと思います(そのうち調べてみましょう)。

 超ローカルニュースは当社の得意とするところです。嵯城商店前通りなどは、天下のニューヨークタイムズといえどもなかなか取材できないでしょう(笑)。

 いずれ他の地区についてもレポートする予定ですので、どうかお楽しみに。

Posted by: 薄氷堂 | September 05, 2011 at 18:47

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 2011-09-03 風の吹く日に | Main | Daily Oregraph: 2011-09-05 風の音にぞ »