« Daily Oregraph: 東京 鴎稲荷・白魚稲荷編 | Main | Daily Oregraph: 東京 番外編 »

September 18, 2011

Daily Oregraph: 東京 羽田路地編

 まったく期待していなかっただけに、羽田界隈の迷宮のような路地には驚いた。裏通り派としては、思わぬご馳走にあずかった気分である。

 2011年9月15日、稲荷巡りのついでに撮った写真を適当に選んでみた。気楽に路地歩きの気分を味わっていただければ幸いである。

110915walk01

 まずはホテル前の通りを穴守稲荷方面へ向かって出発。ひどく暑い。

110915walk02

 テクテク歩いているうちに、どうやら京急の穴守稲荷駅を見過ごしてしまったらしい。

110915walk03

 裏通りへ入ると、釣船の看板に出くわした。軌道修正するためにいったん川へ向かうことにする。

110915walk04

 この川は海老取川というらしく、少し先で多摩川に合流する。コンクリートで固められてはいるけれど、漁業集落の面影は残っているようだ。

 地図を確認すると、やはり穴守稲荷前をとっくに通り越している。

110915walk05

 穴守稲荷前の通り。このあたりから路地の迷宮に足を踏み入れる。

110915walk06

110915walk07

110915walk08

 路地の複雑さに気づいたのはごのあたりである。

110915walk09

 鴎稲荷神社前。羽田小学校へ通う小学生たちだと思う。

110915walk10

 それにしても朝から尋常の暑さではない。これほどの汗は釧路ではついぞかいたことがない。行き倒れになりたくはないから、近くの自動販売機で飲み物を買って一気に飲む。

110915walk11

 おばさんのあとについてこの通りを抜け、

110915walk12

バス通りへ出ると、白魚稲荷神社はもう間近である。

110915walk13

 白魚稲荷を見物して、ふたたび海老取川沿いの道に出る。ムクゲが咲いていた。

110915walk14

 汗を一升五合ほどかいてホテルにもどると、シャツはぐっしょりと濡れ、バケツに漬けた雑巾のようになっていた。

 朝風呂に入って下着を取り替え、ミネラルウォーターをごくごく飲んで、やっと人心地がついたけれど、もう年なんだからね、こんな無茶をしてはいけない。みなさまもどうか真似をなさいませぬように……といったって、路地歩きはやめられないか。

|

« Daily Oregraph: 東京 鴎稲荷・白魚稲荷編 | Main | Daily Oregraph: 東京 番外編 »

Comments

東京の方もまだまだ使ったでしょうね。

それにしてもなかなか風情のある路地ではありませんか。
カメラをもって、いそいそと歩いている薄氷堂さんの姿が思い浮かぶようです。

それにしても、東京って奥が深いですね。
いろんな顔を持っている・・・

Posted by: 三友亭主人 | September 18, 2011 at 22:51

どのエントリか忘れましたが、一度、コメント書き込んだ者です。興津の写真を見たいとか書いたかな・・・、東京にいらしてたんですか!金曜以降なら涼しいですよ。羽田、はじめて見ました。こういう裏通りがお気に入りでしたら、今度、南千住へ行かれてはどうでしょうか。ドヤ街なんですけど、こういう雰囲気です。あしたのジョーの舞台で、少し歩けば吉原もあります。
涼しくなったらまたいらしてください!

Posted by: 佐々木 | September 19, 2011 at 04:11

>三友亭さん

 「いそいそと」ではなく「ヨタヨタと」歩いておりました。朝からあの暑さですからね、とてもたまりません。

 しかし東京へはなかなか行けませんから、暑かろうが二日酔いだろうが(笑)、限られた時間をムダにするわけにはまいりません。

>佐々木さん

 ぼくは根っからの裏通り派なんです。今回も仕事では行きましたけど、丸の内なんかは大の苦手ですね。場違いもいいところ(笑)。

 南千住ですか。おもしろそうですね。北千住でしたら40年近く前に行ったことがありますけど、当時はカメラなんぞ持ち歩きませんでしたから、どんなところかすっかり忘れてしまいました。

 東京はいろんな意味で刺激的なマチですので、機会さえあれば、あちこち歩いてみたいと思っています。

Posted by: 薄氷堂 | September 19, 2011 at 09:10

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 東京 鴎稲荷・白魚稲荷編 | Main | Daily Oregraph: 東京 番外編 »