« Daily Oregraph: 2011-08-14 春採湖畔 | Main | Daily Oregraph: 2011-08-16 イヌホオズキを切る »

August 15, 2011

Daily Oregraph: 2011-08-15 イヌホオズキ?

110815wport
 ふだん気をつけているつもりでも見落としはあるものだ。仕事中に西港の裏通りをトボトボ歩いていると……おや、あれはなんだろう?

110815inuhoozuki

 はじめて見る植物である。花はまぎれもなくナス科のものだ。ワルナスビの花をコンパクトにしたようなかたちである。

 図鑑を調べてみると、候補はふたつ。イヌホオズキかアメリカイヌホオズキのどちらかにちがいない。

 在来種のイヌホオズキ S. nigrum L. によく似ているが、アメリカイヌホオズキは葉の質が薄く、花や果実が小さく、種子も径 1.2mmと小さい。イヌホオズキは花が径約 8mm、果実が径約 8mmと大きく、種子は径約 2mmである。しかし両者を直接比較しないと区別するのはむずかしい。 - 『日本の帰化植物』(平凡社)

 果実の径を測ったわけではないが、滝田謙譲さんの『北海道植物図譜』にある図版の標本は「釧路市西港の荒れ地」で採取したものだから、イヌホオズキの可能性が高いと思う。

 どちらにしても、果実は熟すると黒くなるらしい。明日はコンベックスを持って再確認しよう。果実の黒く熟したところもぜひ撮りたい。

 ああ、こんなおもしろい植物を見落としていたとは!

(Canon IXY 30S)

|

« Daily Oregraph: 2011-08-14 春採湖畔 | Main | Daily Oregraph: 2011-08-16 イヌホオズキを切る »

Comments

The comments to this entry are closed.