« Daily Oregraph: 2011-06-12 いつものコース | Main | Daily Oregraph: 2011-06-15 うをの目は泪 »

June 14, 2011

Daily Oregraph: 2011-06-14 魚の研究

110612aozoi
 羅臼産アオゾイ、一尾 250円也。安いのか高いのか、ぼくには見当がつかないけれど、東京電力の株価(このところ200円前後か)よりは上である。

 今日はネタがないので、アオゾイくんに敬意を表し、手元のアメリカ俗語辞典を開いて fish の項目を調べてみた。日本ではさかなクンが国民的人気者だというのに、アメリカでは魚はずいぶんバカにされているらしく、まことに気の毒である。

 以下名詞に限定して、

 (1) 【刑務所】 新入り

 (2) 【ストリート・ギャング】 仲間でないやつ。そりの合わぬイヤなやつ。

 (3) やすやすとだまされる間抜け。

 (4) 魚が釣られるように捕まるやつ(特に犯罪者)。

 (5) 【ホモセクシュアル】 同性愛ではない女。

 (6) 【学生】 だれとでも寝る女。

 (7) 【スポーツ】 弱い相手。

 (8) 1ドル(50ドルなら fifty fish)

 ごらんのとおり、(3) (4) (6) (7) は魚みたいに簡単に釣られる軽蔑すべき存在を示しており、(1) は釣られた結果ムショ入りした間抜けを指しているのだろう。

 (2) と (5) はちょっとニュアンスがちがって、日本語でいう「雑魚」に近いのかもしれない。どこにでもどっさりいる、あたりまえの連中という含みがありそうだ。ただしなぜ fish が「特に」女性を指すことがあるのかはわからない。

 (8) はむずかしい。どうして1サカナが1ドルなのかは謎。アオゾイ一尾、いまなら約3フィッシュとは妙である。

 ついでだから、もう一冊のアメリカ俗語辞典にもあたってみよう。

 a. 上記(1) は刑務所俗語としてあるが、ムショだけではなく、広く「新入生、新米、初心者」としても使われるらしい。

 b. 
ローマカトリック教徒。これは fish eater と同類で、金曜日に魚を食べる習慣があるところに由来するらしい。軽蔑的な響きがあるので注意。

 c.
魚雷。これは納得できる。潜水艦をいうこともある。

 d. ふつう形容詞とともに、
人、やつ。あわれなやつ(poor fish)だとか変わり者(odd fish)など。

 おまけとして俗語辞書をもう一冊。こうしてだんだん俗語としての fish の全貌が明らかになるわけだ。

 1. セクシーな女。

 2. 売春婦。ふしだらな女。

 3. クソ! 畜生! などの意味で Fish!

  4. 女性器。

 5. ペニス。

 ペニスというのは魚のかたちから容易に連想できるけれど、どうして女性器が fish なのかというと、flesh を避けて代用しているのだという。同じ例としては fish market (売春宿)というのがあり、いやに生々しい感じがする。しかしこれでなぜ fish が女性を意味するのかという疑問は氷解した。わが国の例では、小説『肉体の門』の肉体がまさに flesh だと思う。

 英語国民がわざわざ flesh を避けるのには宗教的な意味合いがあるのだろう。魂に対する肉体、道徳性に対する獣性ということか。異教徒にはよくわからないけれど、どうやら flesh という単語には気をつけて使ったほうがいい場面もあるらしい。

 なお卑猥なことばが登場するのは俗語なのでしかたがない。お上品にとり澄ましていてはことばの勉強はできないのだから、どうか苦情はご勘弁願いたい。申し上げるまでもなく、きたないことばは使わないほうがいいにきまっている。

 俗語辞書一冊ですませるはずが、ついつい深みにはまってしまった。これで fish を見る目が変わってしまった……たぶんあなたも。

 ※俗語の性格上、すでに廃れて、いまではほとんど使われなくなった語義も含まれていると思うので念のため。また知ったかぶりをしてうっかり使うと軽蔑される可能性大だからご注意いただきたいと思う。

(Canon IXY 30S)

|

« Daily Oregraph: 2011-06-12 いつものコース | Main | Daily Oregraph: 2011-06-15 うをの目は泪 »

Comments

fishの一語で随分と語ることがあるんですね。

まあ、「サカナ」の一語でも語りだせばキリがないんですから、同じようなものですか。我々日本人のほうがもっとfishに対しては好意的ですが・・・

とはいえアオゾイはおいしそうですね。郷里にいたころはソイはよく食べていたものですが、関西の地では・・・とてもとても。

いつだったか小樽に行ったとき寿司屋でソイってやつがあったのでたのんで食べてみたら・・・やっぱりgoodでした。

・・・ああ、ソイが食べたい・・・

Posted by: 三友亭主人 | June 14, 2011 at 22:39

>三友亭さん

 いかに研究のためとはいえ、下品なことばが並んでしまい、ただでさえ芳しからぬ評判をさらに落としてしまったようです。

 しかし下品な語義を知っておくことはムダにはならないと思います。むやみに使っちゃいけませんけどね(笑)。

 ソイにはいくつか種類がありますね。黒いのも見たことがあります。やはり刺身がうまいのかな。

Posted by: 薄氷堂 | June 15, 2011 at 17:52

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 2011-06-12 いつものコース | Main | Daily Oregraph: 2011-06-15 うをの目は泪 »