« Daily Oregraph: 2011-06-28 なぞへなくの謎 | Main | Daily Oregraph: 2011-07-01 西港のワルタビラコ »

June 30, 2011

Daily Oregraph: 2011-06-30 タイプライタは男の道具

110630twriter
 タイプライタのリボンを交換するのは二年ぶりだろうか。ぼくの好みは写真左上に見える黒一色のリボンなのだが、最近は入手困難だから、やむなく黒と赤のものにしたのである。

 いまどきタイプライタかよ、とおっしゃる方がいるかもしれない。しかしプロは使うんだよね。

 あらかじめ印刷ずみの書式に印字するにはタイプライタが一番なのだ。スペースバーを押しながらキーを打つというワザ(ご存じかな?)を使えば、枠内でもズレることなく印字できるし、ドットインパクト式プリンタが貴重品となったいまでは、複写用紙にも最適なタイプライタは事務用として当分生き残ると思う。

 タイプライタにはほかにも美点がある。

 打楽器の一種としても用いられるように、なんといっても音がいい。男性的な決然たる響きがある。パソコンのキーボードなどは、ペナペナして頼りない音だから、てんでお話にならない。おまえ、飯食ったのか? といいたくなるような情けなさである。

 ちょっと脇道へそれるが、タタン、タタタンというタイピングの音は、『マクベス』第一幕第三場の魔女のセリフを連想させる。

 
A drum, a drum!

 このタ・タンというリズムはまさに小太鼓のそれだが、到底日本語にはできない(そもそも日本式に発音してはリズムを再現できない)。ここはいかに苦心しても「太鼓だ、太鼓だ!」としか翻訳できないだろう。翻訳とは所詮不可能事であることが、この短いセリフからもよくわかる。意味は通っても音が通らないのだ。

 昔のアメリカ映画などには、タバコをくわえた刑事が容疑者のそばでタイプライタを打つ場面があったけれど、レミントンのクラシックなタイプライタなどは、小道具としても実に存在感がある。打音が容疑者に与える心理的圧迫感という点からしても、パソコンじゃダメ。

 さらに事務員からすれば、タイプライタの音は仕事をしているというアピールになるし、上役にしてみれば、あいつ仕事をしているなという安心感が得られる利点もある。もちろんパソコンのキーボードだってそれなりに音はするけれど、なにを打っているか知れたものではない。だがまさかタイプライタで遊ぶような物好きはいないだろう。

 もひとつおまけにタイプライタの持つ緊張感を美点のひとつとして挙げておこう。ミスタイプしたって一向に平気というパソコンは、サムライの使うべき道具じゃない。ミスタイプしたら切腹、というくらいの覚悟で仕事をしてほしい。

 ……なんてね、昔さんざん苦労したから、ぼくはイヤだけどさ。

(RICOH CX2)

|

« Daily Oregraph: 2011-06-28 なぞへなくの謎 | Main | Daily Oregraph: 2011-07-01 西港のワルタビラコ »

Comments

私は国文だったものでタイプなるものに縁はなかったのですが、下宿の先輩に英米語やらイスパニア語やら、といった方々が多かったので、その部屋からガシャガシャ…チンって音がよく聞こえてきましたね。

仕事についてから和文タイプなんてものを初めて見たのですが、あれはどうも使う気にはなれなかった・・・

Posted by: 三友亭主人 | June 30, 2011 at 22:47

>三友亭さん

 パソコンが普及するまでは、タイプライタはあこがれの品でしたね。でもやっぱり安物はダメ、音を聞けば値段がわかります(笑)。

 和文タイプのリズムは、パシャッ……パシャッというものでしたが、あれは構造上しかたがないんですね。とても機関銃のようには打てませんから、こちらは気の長い女性向きの道具ですよ。

 なお『マクベス』の A drum, a drum! ですが、中野好夫先生が講義の際に取り上げて説明されたというのを、かつて読んだことがあります。

 なるほどと感心して、その後実際にセリフを耳にしたら、たしかにタ・タンという太鼓のリズムが聞き取れました。シェイクスピアという人は天才だと実感しましたね。それを感じ取った中野さんもすごいお方です。

Posted by: 薄氷堂 | July 01, 2011 at 07:31

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 2011-06-28 なぞへなくの謎 | Main | Daily Oregraph: 2011-07-01 西港のワルタビラコ »