« Daily Oregraph: 2011-03-18 お茶でもあがれ | Main | Daily Oregraph: 2011-03-23 忘れたころに »

March 19, 2011

Daily Oregraph: 2011-03-19 秋田へ

110319wport01
 -これを見てくれ。

 船長が示した新聞の図を見ると、秋田付近の放射線レベルが載っていた(ちらっとしか見なかったので数字は記憶していないが……)。

 -キャプテン、秋田はだいじょうぶだと思うよ。

 -いや、たとえ微量だって長時間浴びれば問題だ。

 -それじゃ、外で仕事をしたあとはシャワーを浴びて、部屋に閉じこもっていたらどう? それと、風向きも重要だと思うよ。

 -うむ、シャワーか……

 これ、ホントの会話である。船長は真顔で心配していた。秋田ではガソリンがかなり不足しているという情報(釧路よりもずっと不足しているらしい)を代理店から聞いて、事態はよほど深刻だと考えていたせいもあるのだろう。

 いくらなんでも秋田は問題ないと思うのだが、「ただちに人体に影響は及ばない程度」だとしても、原発から遠くない地域では、長時間外気に体をさらすのはたしかに避けたほうがいいのだろう。

 もちろん心配のしすぎはよくないけれど、官房長官の発表を鵜呑みにして安心するのは危険にちがいない。昔も今も大本営発表のインチキ臭さは変わらないからだ。

 昨日だったかTVを見ていたら、みのもんたなるオヤジ(この人物、えらそうな顔をしているけれど何様?)が、もっともらしい顔をして、原発はクリーンなエネルギーなのだから、きちんとリスク管理さえすればいいのだ、というような発言をしていたから、ぼくは仰天した。
スタジオに居あわせた別の人物(名前は見なかった)も同調していたから、あらかじめそういう人選をしていたのだろう。明らかに意図的な世論誘導である。

 非常識といおうか、不謹慎といおうか、この期に及んでどこが「クリーン」だというのか。第一大津波が襲来したらリスク管理もへったくれもないことは、今回の大災害で明らかになったではないか。

 今はむしろインターネットで海外の情報を広く収集したほうがいいのかもしれないと思う。時間と能力をお持ちの方々にお願いしたいところだ。

110319wport02

 さていよいよ秋田へ向けて出港。

110319wport03

 さらば。船長はほんとに気が進まなかったようだけれど……

(Canon IXY 30S & Nikon D80 + Tamron A09)

|

« Daily Oregraph: 2011-03-18 お茶でもあがれ | Main | Daily Oregraph: 2011-03-23 忘れたころに »

Comments

 一昨日、ようやくアメリカから帰国しました。
 日本での地震、津波、原発事故と続く報道は、アメリカのニュースチャンネルでは特別枠でノンストップでした。私は気分的には完全に被災者になりながら不安で眠れない滞在期間を過ごし、テイスティングのためせっかくヴァインヤードの素敵なBBにいたのに、食欲もアルコールを飲みたい気分にもなれませんでした。もったいない・・・???
 あちらでの報道を大袈裟と言いたい日本の報道関係者、日本政府の回し者、はたまたうんと右にお寄りになっていらっしゃる方々は、関東エリアで気持ち悪いほど普通の人々が静かにしている様子を見ればといい。天皇陛下が京都に移って以来、東京周辺の人々も、福島でのことがどうやら希望が持てないと悟って、どうせ全員が逃げ出すわけにはいかないのを知っているから、怯えた犬のように尻尾を足の間にしまいこんで振るえている様子。
サンフランシスコからの羽田への便はほんのわずかな乗客で出発。政府の要請で放射能を測定しに行くという科学者が通路を挟んで前の席だった。気が進まないと言っていました。日本政府は軽めに情報を流しているけれど、結果的には6号炉までが大変な状態だからすべて合わせるとスリーマイル以上以上、チェルノブイリに手が届くレベルかも・・・と。
 東京では外に人がまったくいなくて、3月6日と明らかに違った変な静けさ。午前10時すぎに次々と集まってくるのは、身なりの良い人たちばかりではなくて(通常の空港なら割りと良い服装の人ばかりみかけるでしょ)、あちこちでたくさんの犬が鳴いている。ペットを連れて北海道や近畿以南へ逃げ出す人々の疲れた顔・・・! 長期的に疎開するためペットを連れて、ということなのだと思います。旅慣れているなら動物もさほど騒がないのでしょうが、初めての経験なんでしょう。みんな「殺される、助けて!」と吼えているように聞こえるほどの大騒ぎ。
 釧路便はパック状態でした。放射能の影響を避けるため飛行機は通常よりも西側に空路をそらし、右に被災地を眺めながら飛びました。福島原発も見えた。東北は目に見えて前回見た地形ではなく、仙台あたりの海岸線は、どこが陸なのか海なのか、浮遊物なのか境界が判りませんでした。青森あたりから釧路までは、延々とものすごい量の浮遊物が・・・!

 煽るつもりはありませんが、政府の高官や前総理も中央にいません。鳩山さんは選挙地の北海道じゃなく九州ですってね。小沢さんは地元が打撃を受けたのにいまったく静かにしていて報道には一切顔も出てこない。・・・って、どこに逃げた・・・?

 変なの。まるで計画していたかのように自民党政権が終わった途端に、原発に反対していた社会党系の議員達がいまはその尻拭いに奔走し、原発を56基も作り国策として原子力を推進してきた元政権はお咎めなし???

 ちなみに、放射線をカウントするだけのガイガーカウンターはほとんど役目を果たさない。この際、関係あるのは塵のように細やかな放射性物質によって永久的に体内被曝、至近距離で影響を受け続けることを避けたいのですもの。食物連鎖も怖い・・・

 

Posted by: ありす | March 20, 2011 at 10:39

>ありすさん

 帰国する外国人が多いらしいですが、当然の反応でしょうね。問題は帰る先のない人々が多すぎるということ。

 人体にはただちに影響はない、というセリフを耳にタコができるほど聞かされましたが、余分な放射能は浴びないほうがいいに決まっています。

 ただちに影響はないといっても、長期に渡って浴びつづけたらどうなのかと、多くの人が心配しているわけです。一瞬のうちに終わるレントゲンといっしょにはできませんよね。

 過剰反応すべきではないにしても、用心に越したことはないでしょう。

 官房長官や副官房長官が説明に努めれば努めるほど、かえって疑念が湧いてくる、というのは末期症状かも。

Posted by: 薄氷堂 | March 20, 2011 at 21:35

The comments to this entry are closed.

« Daily Oregraph: 2011-03-18 お茶でもあがれ | Main | Daily Oregraph: 2011-03-23 忘れたころに »